<   2012年 08月 ( 12 )   > この月の画像一覧
自家製 カシスジュース
d0090294_5521357.jpg
もう季節は秋。空気も気持ちよくて紅葉も始まっています。この時期は実りの時期でもあります。先週から、我家にホームステイ中の大学生、有紗ちゃんと一緒に森へ行ってブルーベリー採りや、敷地内のカシスやラズベリー採りをしています。大体1-2時間森へ行って、こんなに収穫できますよ。
d0090294_5512145.jpg
家の近くの森の土地を買ったのですが、この土地に20年ものくらいのカシスが8株あります。このカシスが実りの真っ最中。白樺のバスケットを持って行って手で大胆に採ります。
d0090294_5515133.jpg
フィンランドには、こんな面白い鍋があるんですよ。ジュースを作る蒸留鍋です。一番下に水を入れて二段目の水色の部分にベリーを敷いて砂糖、ベリー、砂糖と交互に入れて必ずベリーが上になるようにします。底に穴が幾つも開いているので蒸されて汁が落ちる仕組み。水色のお鍋の部分は、ちゃんと底があるので果汁のみたまります。20分蒸したらホースでジュースを出して蓋を開けて果汁を再度かきまわします。大体1時間位で全ての果汁が取れます。1:5位の割合で液と水もしくは炭酸で割って飲みます。これが美味しいの~。我家の場合、砂糖は37-38%。沢山採れたので先日はジャムも作りました。黒いカシスの葉は香りが良いので毎年ピクルスを漬けるのに使っています。とっても優れたベリーです。
[PR]
by Kippis_Y | 2012-08-29 07:21 | 食べ物色々/food | Comments(8)
北欧の布など 入荷しました
d0090294_2018513.jpg
少しばかりですが新商品が入荷しました。
天然素材のエニシダの根っこで出来た 北欧棒たわし。
キッチンのお供に是非。

そして前回の新着でアップして、すぐ売れてしまったハギレセット。
今回は29種類のレトロ/ヴィンテージ布ハギレです。
在庫は1つですので、早い者勝ち!

お店へはコチラから。

会員様登録された方は隠れ商品のお買い求めができますよ。
登録の仕方はコチラより。
[PR]
by Kippis_Y | 2012-08-23 20:21 | ちょっとお知らせ/info | Comments(2)
2歳の誕生日パーティー
d0090294_19121495.jpg
2歳になった息子・あんじんへママから2歳のケーキ。
去年はこんなのでしたが今年は動物が好きな彼のため動物園!
d0090294_19131857.jpg
16日は息子・あんじんの2歳の誕生日。
18日(土)は村の小さな友達を招いて彼の、お誕生日会でした。
あんじんが毎日、口にしている「マッラ」。保育園のお友達で5歳くらいかな。マッラが我家にやってきた時、すぐ走って行ってハグをした、あんじん。他の子にはしなかったのにね・笑。その後、ちょっと恥ずかしくなっちゃったみたいだけどプレゼントを貰って、またハグをしてた。あんじん君はマッラの事が大好きなようです。ことりには、まだこういう感情はないのよね。もっぱらパパが好き。皆でお誕生日の歌を歌ってる最中から蝋燭を消してパチパチした後は、真っ先にキリンを確保!
d0090294_19144530.jpg
フィンランドの誕生日ケーキは伝統的にスポンジケーキに苺が挟まっていてクリームでデコレーションてのが多いのです。でも我家は私の好き勝手にさせて頂いているので今回も伝統的ケーキは却下。今回はオレンジ味。底はクッキーとバターを混ぜたものを敷いて、フィリングはオレンジクリームチーズ・オレンジヨーグルト・オレンジジュース・オレンジの皮・バニラクリーム・チョコレートを寒天で固めたムース。上はオレンジのゼリー、っとオレンジ尽くし!とにかく明るい色・甘いけど爽やかが欲しかったのです。ほら、誕生日ケーキって胸焼けしたりするでしょ?(これは年の問題か…)本来はホワートチョコのみが入るけど溶かしている途中に水が入り没に…なので急遽ダークショコと余ったホワートチョコを入れてなんとか。でも、これはこれで良かったかな。見た目も楽しく出来たけどね型の底を敷いたままにしたら。硬くて切り難い…途中、側面のクッキーも崩れるし・笑。でも何とかその後は大丈夫でした。オレンジ好きのあんじんもちゃんと食べてたしね。
d0090294_19152359.jpg
義理のお母さんはヘルシンキ在住だったけど4月にロバニエミに仕事の関係で引っ越してきました。なのでよく家に泊まりに来ます。お誕生日会の週末も子守や食器洗いも手伝ってもらって、リクエストをしてサーモンとトナカイの肉の2種類のパイを作ってもらいました。1個は我家に来てお喋りしながら私はケーキ、彼女はパイを作ったけど焼きあがってネギを入れるの忘れた~なんて大笑いしながら。でも、とっても美味しかった。
d0090294_19154525.jpg
私の誕生日の時は、お寿司にしてもらった経験が多いのですが子供達の誕生日の時やパーティーなんかの時にも、お寿司を作ります。あんまり綺麗に巻けないけどね。今回は日本から送ってもらった日本米。やっぱり全然違います。風味も違うし甘みも違う。酢飯にすると違いも格別。だってね、こちらで使うお粥のお米を使ってお寿司を普段作るんですけど、お粥用のお米は冷めたら粉っぽい味に感じるけど日本米は冷めても十分に美味しい!なのでお客さんが来る前まで冷蔵庫に入れておいても全然美味しく食べられちゃう。
d0090294_1916210.jpg
時間に余裕があったので握り寿司も作ってみました。こちらのスモークサーモンはお寿司にすると、とっても美味しいんですよ。今回、お寿司を食べた事のない近所の人もいたけど食べたら想像以上に美味しいと大好評でした。フィンランド人が作るお寿司を食べて苦手だった人も、このお寿司を食べたら全然違うなんて声も。そうよね、だって私は日本産。フィンランド人シェフの友達はこの押すしがどうして美味しいのか、毎回疑問に思っているそう。彼曰く、米が違う、と。さすがです!巻きの中のきゅうりも塩で味付けをしているので、そこもポイントなのかな?!
d0090294_191724.jpg
甘い系はクッキー・パイ2種類。森から採れたブルーベリーパイにカスタードクリームとクリームを敷いたピーチのパイ。前日にパイ生地やカスタードは作っておいたので準備もスムーズに行きました。
d0090294_19162743.jpg
パーティーの時って甘い・しょっぱい系ばかりだと、お口直しがしたくなるもの。パプリカ&きゅうり・ガーリックディップは大人気でした。チーターが食べちゃう前に皆さん綺麗に食べましたよ。

小さな村ですけど、同じくらいの年の子がいるので楽しい環境です。2歳の私のヒーローも友達の名前も沢山言えるようになって。ここ数週間で色々とコミュニケーションが出来る様になったので、とっても楽しいです。来月末は、ことりの4歳の誕生日。誕生日兼、子供ワークショップなんてしたら子供達は喜ぶかな?!それとも家族てちょっと旅行なんてどうかな、なんて話も出ています。
家族会議は続く…
[PR]
by Kippis_Y | 2012-08-20 19:58 | 食べ物色々/food | Comments(16)
マリメッコの本 注文受け付けます
d0090294_216179.jpg
私のブログや、お店に度々現れます、このマリメッコの本。マリメッコの布を使った作品集(型紙付)。海を越えて実際に手にされた方々の感想を聞くと、とってもご好評ですので、追加をしようと思います。注文したい方はいますか? 今日から1週間8月24日(金)まで受け付けます。今まではフィンランド語だけでしたが、フィンランド語、英語、どちらが希望か、冊数を教えて下さいませ。コメント欄に注文を頂くかメールにて info(at)kassunkoti.com ご連絡下さい。期待以上に良い本ですよ! 
定価5.800円(送料込・クレジット払い)

中はこんな感じです。
[PR]
by Kippis_Y | 2012-08-17 21:18 | ちょっとお知らせ/info | Comments(0)
2歳になった日
d0090294_16435974.jpg
今日はあんじんの2歳の誕生日。
小さなケーキに2本の蝋燭を立てて朝から誕生日の歌。
歌の途中で蝋燭を消して煙の行方を不思議そうに見ていた、あんじん。
最後は彼、特有のニヤリと言う笑みを皆に見せて。
ケーキよりもスイカの方が大好きだったみたいだけど、いいの。

2歳を目前に急にお喋りになった彼。
大好きなのは、お姉ちゃんの、ことり。パパ。
今は、アリが大好き。そんなとこは、まさに男の子。
とってもユニークでシンプルな考えの男の子。

今朝、生まれた時の写真を見ていたら何故か涙が…
命の誕生に感謝して、ただ、その存在のみに感謝して。
土曜日は、あんじんの誕生日会。主役よ、あんじん君。
[PR]
by Kippis_Y | 2012-08-16 16:54 | ちょっとお知らせ/info
可愛い図案盛りだくさん 刺繍の本
d0090294_19443967.jpg
リネン地に赤い刺繍が可愛いエプロン。かれこれ前に誰かが手作りされた物です。とっても強く長持ちするリネン地。昔は綿が普及する前に麻がテキスタイル品を占めていたそうですが、麻製品は繊維が長いのでケバ立つ事が少なくキッチン製品にはもってこいですね。それに自然の麻の色と赤い刺繍糸が絶妙に可愛い。

昔は自分で織ったタオルなどにイニシャルを刺繍する習慣があったそう。蚤の市に行くと今でもそんな刺繍入りの古びたタオルを見かけます。それを見る度に、どんな思い出縫っていたのだろう、そう思います。こういう昔の時間を費やした作品は今の時代だからこそ、余計に魅力を感じます。

d0090294_19493382.jpg先日、とっても可愛い本を見つけました。ジャケットだけで十分に可愛いのに中を見たら虜になってしまった。1ページ1ページがお洒落で可愛く、写真集を見ているような感覚。マット紙なので得した感じ。それに目の前のテキスタイルを手で触りたくなるくらい気持ちが良さそう。真っ白のキャンバスに刺繍が加わるだけで何十倍もの美しさ。本格的な刺繍をした事のない私も、秋の夜長に始めたくなっちゃう誘惑があります。面白いのがね、赤・白・青のカテゴリーになっていて糸の色毎にデザインが分かれているのです。フィンランド語ですがイラスト付きで刺繍の仕方が載っています。そして図案が限りなく沢山!!全175ページ、図案と写真で埋め尽くされています。まだ日本は暑い夏でしょうけど秋の夜長のためにどうでしょうか。今週のいつの日かKassun kauppaのウェブストアで2冊、販売開始です。
d0090294_19535614.jpg
d0090294_20182858.jpg

[PR]
by Kippis_Y | 2012-08-14 20:36 | フィンランド色々/Finland | Comments(6)
mustikkapiirakka:ブルーベリータルト
d0090294_652667.jpg
9月で4歳になる、お年頃な娘・ことり。
小さいですけど良く動いて声も大きく起きている間はずーっと話しています。
そんな彼女、森に行ってブルーベリーを食べるのが大好きです。
でもね、森でもあいかわらず声が大きくて、おまけに木株や石にのって
自作の歌なんか感動的に唄ったりして結構イモーショナルにもなります。
そんな彼女、料理のお手伝いもしたいらしく、週末は一緒にケーキを焼きました。
フィンランドの夏の定番のmustikkapiirakka:ブルーベリータルト
d0090294_6524052.jpg
夏も終わりのラップランド。蚊も減りマカライネンと言う小さな羽のある吸血鬼はいますが、ベリー摘みもしやすいです。今年はベリーが豊作です。なので1時間も摘めば半分はタルトに十分に使えます。朝、子供達と一緒に採って焼いてランチのデザートに。夕食を済ませ、外のサウナを温めている間に家族皆で森を散歩しながらベリー摘み。なので皆、歯が不気味な色に変身。たまにトナカイにも遭遇します。トナカイもベリーの葉や実を食べるので中にはベリーの葉っぱが結構取れている事もあるんですよ。でもでも、まだまだ辺り一面ベリーだらけ。

フィンランドのベリーを使うケーキの生地は卵たっぷりのフワフワタイプだったり、このケーキの用にサクサクしたタルト生地やイーストを使ったパン生地のタイプなどあります。どれもそれぞれ美味しいけど材料も少なくサッと出来るのが、このタルト生地。生地にはオートミールも入っているのも私の好みの1つです。サクサクした生地に沢山のブルーベリーを並べて。新鮮なものはシンプルな食べ方が1番美味しい。今回は極力生地を薄くしたのですが、少しのスライスでも満足感たっぷり!レシピを参考にしたい方は Kassun koti のレシピ欄からご覧になれますよ。
[PR]
by Kippis_Y | 2012-08-14 02:02 | 食べ物色々/food | Comments(12)
自家製 イラクサのお茶 
d0090294_21113745.jpgフィンランドでもティーバッグに入った緑茶や煎茶が売られています。でもね、レモン味とかミント味とか…日本とは違った感じの飲み方です。私は日本の様なお緑茶の味が好きなので買いませんけど。以前、日本のお茶を入れたら砂糖を入れて飲む人もいました。これには目を疑って思わず聞いちゃった。やっぱ、紅茶感覚のようです。

写真のお茶はnokkostee:イラクサのお茶です。昼間、一息つきたい時に、夜ゆっくりしたい時に飲んでいます。
d0090294_2153010.jpg
オーガニックティーなんかでイラクサのお茶は売られてたりしますけど、これは裏庭で取れたもの。イラクサを1回サッと茹でて乾燥します。至る所にイラクサが生えていて触れるとチクチクするので要注意です。でもね、このイラクサはとっても便利なのです。柔らかい葉はスープやリゾットに入れて。オムレツやパンなどにも練りこんで。ほうれん草と似ているのですが、ほうれん草ほりも、もっと栄養があるのです。時期が来ると花が咲くのですが、先端を常にカットすれば新しい葉がすぐに生えてくるので更にカットして…と夏の間中柔らかい葉が採れます。大きくなって食べるには向いていない葉は草木染め様に。それに、トナカイや野ウサギが野菜や花を食べてしまうという被害もあるそうですけど、我家の場合イラクサがバリケードのようになっているので被害はありません。秋が来て冬-春に雪に覆われ、初夏には前の年に枯れたイラクサの茎を集めて畑の歩道に敷けば雑草が生えてくる防止にもなります。ほんと、良い野草ですよ。
d0090294_2154960.jpg
イラクサはスープにすると美味しいと皆言いますけど、私はスープよりもお茶にする方が好きだな。こういうお茶は、どの家庭でも飲まれているわけじゃないけど健康や自然に興味がある人は飲んでいるそう。イラクサのみで飲むと薄い味なので、乾燥したイラクサ・庭のミントを乾燥させて、青い林檎をスライスして乾燥して、半分に切ったシナモンスティックを入れ約10分間蒸して飲みます。そうすると自然の味がたっ~ぷりの美味しいお茶の出来上がり。蜂蜜を入れて飲むと自然の味が壊されてしまうので絶対入れちゃダメ~。林檎の自然の甘みがあって一口一口飲む毎に味と甘さが重なってくるのです。このお茶は忙しい時に飲むのじゃなくて、忙しさが終わった後に落ち着いて飲むのがお勧めです。イラクサはほうれん草と同じでシュウ酸が入っているので飲みすぎには注意です。1日カップ3杯ほどまでです。花粉症や高血圧の人に良いらしく、他にも色々な面に良いそう。時には乾燥させた生姜や乾燥レモン、乾燥唐辛子などを入れて用途に合わせて味を楽しんでいます。
[PR]
by Kippis_Y | 2012-08-09 19:56 | 食べ物色々/food | Comments(6)
マリメッコの本
d0090294_2052772.jpg
マリメッコの作品集本surrur。
好評でしたので1冊ウェブストアに追加しました。
お買い求めはKassun kauppaのコチラです。
※売り切れのため入荷待ちです。 追記.8/12
ストア内では17日まで大幅値下げのセール中です。
[PR]
by Kippis_Y | 2012-08-09 19:50 | ちょっとお知らせ/info | Comments(2)
フィンランドの森の宝 ブルーベリー
d0090294_5554256.jpg
私が好きな事。森を歩いていてきのこを見つけた時。きのこの形、色が可愛い。食べるのも好きだけど食べられない、きのこに限って魅力的な姿をしているんだよね。このきのこは食用だけど可愛かったのでブルーベリーをのせてみました。
d0090294_5563811.jpg
最近の楽しみは朝、子供達を保育園に送ってから1人で森に。保育園も森も目の前なんだけど、ここに来ると別世界にいるよう。脳も心も癒されて自然と向き合えます。朝露があるので空気も気持ちが良い。20分もすれば乾いた空気になるんだけど、この貴重な時間を逃したら損!目の前には松の木と空。風が吹けば葉がササーっと音を立てるのです。この何でもないような事が好きなのです。
d0090294_613867.jpg
今年はブルーベリーが豊富な年で沢山実を付けています。「こんなに背丈が低いんだ~」と驚かれますが北欧のブルーベリーは背丈が低くて小粒なのです。ブルーベリーの誘惑があるんですよ。ブルーベリーを採っている時、少し離れた所に沢山あるのを発見するのです。で、その場所に行ってみると、さっき発見したほどの沢山の量はない…何処へ?という事がよくあります。それ程背丈が低いので上からみると葉に覆われて見難いんですよね。でも斜めから見たりすると沢山隠れているのですよ。
d0090294_621525.jpg
フィンランドでは森のブルーベリーを使ってケーキにしたりジャムにしたり、お粥に入れたり、ジュースだって出来ちゃいます。冬の間にも食飲できるように大量に収穫します。そこで便利なのが、この器具。メタル製が欲しかったけど我家は子供も使うので軽いプラスチック製です。昔からある便利な道具です。古いタイプだと、メタル製に布状の袋が付いていたり、メタル製に木製の受け入れ箱が付いていたりもします。
d0090294_63792.jpg
持ち手部分を掴んでベリーをサクッとすくう感じで。そうすると茎から実が採れ葉が一緒に来た場合は葉と実が分かれる仕組みになっています。強引にすくうと葉や茎が沢山入ってくるけど優しく丁寧にすくうと実だけ綺麗に分かれますよ。ブルーベリーの他に、こけもも採取にも使えて便利です。
d0090294_632550.jpg
蚊も多いので蚊避けネット付きの帽子をして約1時間。こんなに沢山採れました。家に帰って葉や実りの悪いものを取り除いて。大体30分位かかったかな。分ける作業は手も赤くなるけど、こういう作業私は好きなのです。静かに手を動かしながら色々な事が考えられるのでね。
[PR]
by Kippis_Y | 2012-08-06 15:04 | フィンランド色々/Finland | Comments(17)