<   2011年 09月 ( 6 )   > この月の画像一覧
子供と一緒 テキスタイル
d0090294_21532450.jpg今は体も衰え病気持ちなのでミシンを使う事のない私の母。私が赤ちゃんだった頃から長年、家で大きな業務用のミシンを使って仕事をしていました。子供の頃、よくその内職部屋で過ごしたのでミシンの音や部品を掃除する時の油の臭いや繊維の匂い、布の柄、大きな音が出る機械なので部屋に設置された電話の大きなベルの音も今でもよく覚えています。姉もミシンで色々と作れてしまう人。私はそんなにミシン人間ではなかったけど布が好きでした。フィンランドへ越してミシンを買って、ラップランド大学のテキスタイル科に入学、ミシンを使う事も多くなりました。大学に居た時は課題の一環だったけど子供が出来てから子供のために何かを縫ったり家のインテリアのためにとミシンを使う事が生活の1つになっています。形になっていくのが、とっても楽しいのね。

結婚願望が強くて高校生の時は19歳で結婚したいと思っていました。(実際は22歳)そして女の子が絶対欲しい。一緒に料理をしたりお菓子を作ったり。もう1つの夢と言うか希望は自分の子供が書いた絵を布に縫って形にしたい・いつか作品を集めて個展をしたい。でも2度の流産で夢は叶わないと思った事もありました。でも3年前に1830gの小さな娘が生まれ、夢が1つ1つゆっくりと現実化されていっています。
d0090294_2134555.jpg
3歳を目の前にした頃から人らしき絵を描くようになった彼女。3歳の誕生日プレゼントの1つとして、お絵描きの大好きな彼女に色鉛筆セット。彼女が描いた絵を基に私がミシンで布に縫って、色鉛筆ケースを作りました。両サイドに紐が付いていてクルクル巻いて縛れるようになっています。鳥は彼女のセカンドネーム:「ことり」から。写真では写っていないけど鳥の上に彼女のファーストネームが縫ってあります。個展は、いますぐではなく漠然としていますが、目先の仕事として作品作りを楽しんでいるとこです。
[PR]
by Kippis_Y | 2011-09-29 04:21 | 雑貨・インテリア/Interior | Comments(36)
3歳の誕生日ケーキ
d0090294_2053114.jpg
3年前の9月26日は娘・ことりが生まれた日。25日の日曜日に友達を読んでお祝いをしました。
「プリンセスのケーキが良い」と言うのでプリンセス色にしてチョコレートでティアラを作りました。こちらではprinsessakakku:プリンセスケーキと言うとスポンジに苺やクリームが挟まっていてマジパンで覆われているケーキだったり、大胆にもバービー人形がケーキの真ん中にささっていてケーキ本体がドレスになっているのもあります。ことりは朝起きて日中も夜寝るまで、ずーっとプリンセスモードなので、バービー人形のプリンセスケーキにしようかと思ったけど勇気がなく...結局、雰囲気だけでもと色で勝負!
d0090294_2055842.jpg
底と蓋用にバター使用のレモン味スポンジケーキを薄く焼きました。アレルギーの子がいるので粉はポテトスターチ100%。なのでホロホロに崩れるくらいの生地になってしまいました。やっぱ弾力があって少し重みのある小麦粉&ポテトスターチの方が良いね。この生地を底に敷いて苺ムースとマンゴームース、そしてスポンジ生地が更に上に置いてケーキ全体に甘さ控えめの生クリームとカードを塗ってマジパンで覆いました。レシピ通り作ったのにマンゴームースは全然味がしませんでした...去年のケーキに比べマジパンも上手に伸ばせて飾りつけが何よりも楽しい!このパール状の砂糖は飾りにはもってこいだけど、食べてる時にカチッとなって結構迷惑なんだよね、苦笑。それにティアラはキャンドルを灯すまでが見せ場で、キャンドルを付けると一瞬にして溶けてしまいます。この速さが結構見ものなんだけど、笑。と誕生日のケーキを作る事が私の中の楽しいイベントとなってきています。当の主役のプリンセスは私が思ったほど感動せず、、、涙。でも皆にお祝いされて楽しかったようです。思い出になる誕生日になったね。 
d0090294_2061940.jpg
※こちらの育児ブログもどうぞ。
[PR]
by Kippis_Y | 2011-09-29 04:20 | 食べ物色々/food | Comments(10)
北ラップランド キルピスヤルビへ
d0090294_5185742.jpg旦那様が以前、仕事で数回訪れた町、Kilpisjärvi:キルピスヤルビの光景があまりにも美しいので「いつか見せてあげたいと」言っていました。そして今月、ついに北に約433km車を走らせ2泊3日の家族旅行に行ってきました。目的は紅葉狩りとノルウェーの海岸で貝殻拾い。始めはホテルに泊まろうと予約をしたけど、行く前々日に近所の人が3年前に建て終わったというコテージがキルピスヤルビにあるらしく貸し出しをしているのでホテルをキャンセルしてコテージ泊まりをしました。ホテルでは朝食も出てくるし夕飯も作らなくて良いので魅力的だけど、子供が2人居る&1泊以上となると、ゆっくりくつろげるコテージの方が断然楽!もちろん、キッチン・リビング・サウナもあって寝室は2部屋。シーツ・枕カバー・布団カバーは持参だったけど車なのでその点は楽だしね。とっても良かったです。お値段もホテルでは1泊約90ユーロ代、コテージは1泊50ユーロと大変お得。
d0090294_5342372.jpg
ロバニエミに近いラーヌヤルビの村もラップランド圏内に入っているのですが、北ラップランドに入ると景色がガラリと変わったのが一目瞭然。寒くて長い冬の影響で植物が育ちにくい&白樺は雪に押されてヒョロリと曲がっていて背丈も小さいので森と言うよりも野原の様な感じ。家も少ないし空がいっぱいに広がっていて本当に広大!それからフィンランドの国道は比較的真っ直ぐで平らな道が多い気がするけどキルピスヤルビの道はアップダウンがあってローラーコースターを思い出しました。あの胃がフワッと浮くような感じね。
d0090294_59812.jpg
フィンランドには森が多くて丘ばかりですがキルピスヤルビにはSaana tunturiという山もあるんです。形が特徴的でダイナミックでハイキングする人も多くて魅力的な山でした。近くまで車で行けるんですけど人が登っているのとか見えるんですよ。
d0090294_511581.jpg
キルピスヤルビから車でノルウェーに行く事も簡単で途中です。蛇の様な峠道にはhaapa:ヤマナラシの葉が沢山生えていて葉が真黄色でとても綺麗でした。大きな山も多いので見ていて飽きないと言うか、山・崖の表面の荒々しさや滝に圧倒されました。峠を下ると海が見えて海育ちでも何でもないけど潮風を嗅ぐと懐かしい気がします。目的だった貝殻拾いをして。驚いたのがムール貝が岸の石にビッシリくっついていた事。あんな風に育つんだっと初めて知りました。今回の旅で思ったのがフィンランドの南へ南下するとお洒落なお店やカフェが沢山あって誘惑されるけど北へ行くと自然に出会えて癒されるという事。私はどっちかって言うと北向きかな。
[PR]
by Kippis_Y | 2011-09-27 20:41 | 国内旅行/travel Finland | Comments(18)
フィンランド料理 makaronilaatikko レシピ付き
d0090294_354842.jpg
marimekkoの鍋つかみ、2個あるのですが、焦げたり寿命でかれこれ思い出せないくらい前から生地がボロボロになって破けてしまっていたので、ようやく縫い変えました。生地は子供椅子のカバーと一緒のレトロ柄。もう1つはドット柄の生地で。型を取ってしまえば縫うのは簡単で、縫った生地をひっくり返して本体に入れて出来上がっていく姿はいつも手応えがあって楽しい。さっきまで1枚の布だったのに立体化していくと表情も随分違うしね。これが毎日使っていくものだと自然に愛着がわくしね。

マリメッコの鍋つかみは他のメーカーと比べるとお高いもの、鍋つかみ自体に厚みがあってしっかりしているので熱いものに非常に強いです。手もスポッと入りやすいし。これから寒くなる時期オーブンを使う回数も増えるので、これなら大丈夫!
d0090294_414304.jpg
オーブン繋がりでオーブンを使ったフィンランド料理:makaronilaatikko。マカロニグラタンって言うのかな、学食でもレストラン食堂でもメニューに出てくるし家庭でもよく作られている家庭料理。材料も特別なものは無く1回で沢山の量が出来るし子供も大人も好きな食べ物かな。食べる時はケチャップをビュ~っと上にかけて食べます。初めてこの食べ方を見た時、カルチャーショックって言うのかな、目が丸くなったけど...食べてみると熱々のマカロニと冷たい甘酸味の効いたケチャップのコントラストが意外にも美味しい。風味も優しくってね。小食&お肉をあまり食べない娘のことりはマカロニラーティッコが大好き。一般的には野菜は玉ねぎのみのが主流ですけど私は毎回小さく切った人参やパプリカ、その時ある冷蔵庫の野菜を入れています。そうすると野菜に好き嫌いがある彼女でも沢山食べてくれるんです。それから、フィンランド料理のベースの味は塩・湖沼が多いんですけど我家は隠し味、と言うか普段食べなれてる味・醤油を少し入れて風味を出します。レシピには卵2個使うとこ3個にして、卵をかき混ぜるのも雑です(焼きあがると白い部分もあるくらい)。蓋をして焼くと、ふっくら仕上がって保温性も抜群。
我家は毎回焼く時はkermansaviの耐熱皿を使っています。スーパーでも売られているけどガラスの蓋付きはなかなか無いので東フィンランドを旅した時にアウトレットに行って旅のお土産にしました。iittalaやarabiaもシンプルでしっかりして素敵だけどkermansaviも値段がお手頃で質も良いですよ。レシピ載せておきますので参考に!
d0090294_20194119.jpg

[PR]
by Kippis_Y | 2011-09-13 15:29 | 食べ物色々/food | Comments(26)
子供部屋作り 
d0090294_20503293.jpg

昼間の散歩が楽しい季節です。曇りの日もあるんですけど太陽が出ているとビタミンD補給&紅葉見学に息子のあんじんを背中に背負って、娘のことりと手を繋ぐかベビーカーに乗せて近くを散歩します。そうすると私は背中に汗をかくほど暖かくなります。朝晩はキリリとするけど日中は過ごしやすいです。白樺の紅葉も綺麗で旅行をしに行きたくなりますよ。
日も段々と短くなってきて、と言っても太陽が沈んで暗くなるのは21時頃かな。夏の間はライトを使う事も少なかったので本格的な暗い時期が来る前に電球の補給や取り替えをしないといけません。この子供部屋のナイトランプは蚤の市から。レトロが可愛い。
d0090294_2121676.jpg

こちらは、子供部屋。と言っても今はことりが寝る部屋ですけどね。小さな窓は子供が立つと丁度、外が見えて冬にはオーロラ観測も出来るんです。でもね今年3月に引っ越してき以来、この部屋の壁の色が非常に気にならなくて。色からして、おそらく70年代に塗り替えられたんだろうな。写真では明るい色に見えるけど実際は、どんよりした息が詰まりそうな不健康な色で、おまけに日が当たらない時はもっと薄暗くなるんです。なので引っ越した後に壁の色を塗り替えました。↓↓
d0090294_2192252.jpg
d0090294_2195751.jpg
d0090294_2193833.jpg
子供部屋らしく可愛い壁紙を貼ろうかと思ったけど小さな部屋だし玩具もあるので、あえてシンプルに壁は水色、天井は白く塗り替えました。女の子なので女の子カラーにしようとは思わず...(これ私っぽい・笑)あんじんのベッドも、いずれ引っ越してくるかもしれないし、海・空・フィンランドの国旗をイメージして、この色に。壁を塗り替えただけでも随分と違う変わり様!そして何より空気が綺麗になったんです。子供達のメンタル面にも良いようで大成功!
d0090294_212619.jpg
子供達が椅子に座った時に座り心地が良いようにクッションを作りました。以前ダイニングの椅子に使っていたクッションだったけど、カバーが敗れてしまったのをキッカケに使わなくなったので子供用の小さな椅子のサイズに合うように切ってカバーを縫いました。これもレトロ柄でね。切り落としたスポンジ部分は人形を作る時に中身として使えるので保管。こうして物がたまっていくんだけど、やっぱ捨てられないんだよね。これから寒くなる時期、縫い物が楽しくなります。

育児ブログアップしました。
[PR]
by Kippis_Y | 2011-09-09 21:39 | 雑貨・インテリア/Interior | Comments(24)
森のきのこ
d0090294_2182031.jpg
8月中旬を過ぎた頃から秋の気配を感じ始めました。短い夏も終わり、今は秋です。フィンランドでもキノコ狩りシーズンで森に入れば(道端でも)キノコが沢山。森は食材の宝庫!

8月の下旬、近所のリーッカに誘われて180km北西の町:Muonioの彼女の森のコテージへ泊まりに行きました。電気は通っているけど水は湖から、飲み水は近所の親戚の家から給水。トイレは外。テレビもネットも無く本当に森の中のコテージでした。不便そうに聞こえるけど実際、過ごしてしまったら静けさが癒しになって少々の不便さが普段の生活を有難く感じさせてくれます。フィンランドにはこういうコテージが今でも沢山あって利用率も高いんですよ。

朝食を食べてリーッカと一緒に森へ。毎日2,3時間は森に居たかな。涼しい風が吹いて葉っぱがワサワサと程よい音を立てて。そんな森特有の静けさの中、トナカイの家族が現れたり、遠くには青く見える空に湖。目の前には緑や赤に光る緑の葉のカーペット。私の好きな環境はこれ、そう改めて感じました。
d0090294_21395274.jpg
写真:真っ白い足のkangashapero、茶色い頭の先にチョンと丸いマークのついたkangasrouskuは沸騰させて綺麗に洗ってから調理する事。このキノコは割ると中から白い液が出てきます。もしも透明な液が出る場合、kangasrouskuに似ている毒性のキノコ、tattiはとっても美味しいと言う事。彼女に教えてもらいながら色々なキノコを撮って随分目も慣れてきました。
d0090294_2131718.jpg
キノコ狩りに必要な道具:手袋やpuukko(写真のナイフ)こちらは旦那様が刃を買って柄の部分から自分で作ったものです。森に行くのには欠かせない道具で男性はもちろん、女性でも森に持って行く事があるんですよ。中にはブラシ付きの小さなナイフも売られています。
d0090294_21433276.jpg
白樺の樹皮で出来たカゴは森に行くのにぴったりでフィンランドでは昔から使われてきています。この美しいカゴは日本で白樺のカゴ作りをしているユーリさんお手製のもの。はるばる日本からやって来ました。白樺のカゴを普段目にして手にしてるフィンランド人の皆さんも彼女の丁寧で綺麗な作りに驚く程しっかり編んであります。持ち手部分が握りやすく、強度性があって何って言っても体にフィットする感じで負担にならなく森のお供に相応しいんです。ほらね、カゴいっぱいに収穫できました。このキノコは沸騰させて切らずに塩付けして冷凍庫へ。少しずつ解凍してキノコのサラダにします。美味しいtattiはkuivuri:キノコの乾燥器で数時間乾燥させて保管。これも少しづつソースにしたりして消費していきます。これで長い冬の準備も1つ終わり。

育児ブログアップしました。

おまけ  【マツタケの誘惑】
[PR]
by Kippis_Y | 2011-09-08 03:12 | フィンランド色々/Finland | Comments(10)