<   2009年 08月 ( 8 )   > この月の画像一覧
夏も終わり
d0090294_20472156.jpgロバニエミは朝晩めっきり冷え込んできています。「外、まだ明るいよ~」なんて余裕発言も消えて今じゃ夜が夜らしく暗くなってきました。「短い夏」と言われているフィンランドの夏。でも私の「長い夏休み」は今日で終了です。今年の夏は去年以上に充実して楽しかったな。明日から大学が再開かぁ。あードキドキ。

さてさて、夏の終わりともなると旬を終える果物や野菜がグッと安くなってきています。プルーンが1kg/1ユーロしなかったり高くても2ユーロもしません。とにかく激安。なーので夏の締めくりジャム=プルーンジャムの完成。ついでに秋の到来=林檎ジャムも作りました。灰汁抜きはしたけど少し渋みが残る感じもあるけど大量に作ったので行く先々押し付けです。

d0090294_20474032.jpgそれから1-2ヶ月で完成の例のピクルス
1ヶ月漬け頃から味見開始したら美味しい!
ロシアの塩漬け方なのでとにかく目玉が飛び出るくらい塩が強いんですけどライ麦パンにピッタリです。25本漬けたけど既に食べ過ぎているので数日前に他の容器にバケツいっぱい漬けました。今度はシナモンスティックも入れて。どんな味になるかな?はじめに漬けたのはピクルスの好きな義理のお母さんにも分けよう。それからことりの1歳の誕生日会にも出してみようと思いますので参加者は仮の目玉を持参して下さい。これから毎年、夏に漬けて来年の秋に日本に遊びに行く際に家族に食べさせたいな。
[PR]
by Kippis_Y | 2009-08-31 21:26 | 食べ物色々/food
自家製ジュース
d0090294_5561115.jpg
ようやく出来ましたmustaviinimarja:ブラックカラント(カシス)の自家製ジュース。
シロップ状になっていて水で薄めてお好みの濃さで飲んでいきます。美味しい~
フィンランドではジュースを作る時用にちゃんとした専用のお鍋があるんです。
でも自宅にある鍋をスチーム状にして美味しい果汁が落ちる様に仕組みをして・笑。
生のベリーを食べるのとシロップ状にしたのはこんなに味が違うんだーとビックリ。
d0090294_631422.jpg
ある日のこと、沢山採ったのに鍋に入れて蓋をして放置していたら腐りました...
でもその後の収穫で、この入れ物に2-3杯(2-3kg)は採れたかな?
大体1kgのベリーから1Lシロップが出来ます。
それを水や炭酸水と割るので結構な量のジュースが出来ますね。
欲張って保存用や友達に渡す分も作ってみました。
まだまだ実が付いているので最後の収穫をしないとです。
あの日話した20年もののブラックカラント、予想以上に凄いです!
d0090294_6362088.jpg

[PR]
by Kippis_Y | 2009-08-26 16:03 | 食べ物色々/food | Comments(11)
ベリー尽くし
d0090294_3192112.jpg
生クリームを舐めると「バナナと一緒に食べたら絶対美味しい」そうよく思うんです。小さい時によく食べたバナナロールケーキの影響?先日焼いたロールケーキ:kääretorttuを食べた時も「次回は日本の様な生クリーム×バナナにしよう」と思ったけど、たまたま行った場所でベリー類(レッドカラント・ラズベリー・ブルーベリー)が採れたので結局べりー巻き。今回は強力粉:karkeaとコーンスターチを半々ずつ袋に記載されていた通りの配合で作ってみました。砂糖が凄く少ないので甘党の旦那様は「酸っぱい」と言いながら食べていました。おまけに今回の粉は少し重みがあるので前回の方が美味しいと。私には甘さは丁度良かったけどこのレシピではもう作らないでよそう。でもkääretorttu熱はまだ冷めていない+2ユーロミキサーもまだ元気なので近々また焼きますよ~。

d0090294_3594046.jpg



最近のロバニエミは秋めいてた感じです。
こんな綺麗な色のベリーももうそろそろ終わりかな。
次はきのこやコケモモが美味しい時期です。
ベリー類は沢山ビタミンがあるので
冬の風邪予防も含めて採れる時に採って確保しないと。

d0090294_4181367.jpgd0090294_4204253.jpg






この方も同じ考えなのか
森の中を跳ね回っていました。
野生のリスにしては珍しく
靴の隣まで来たんですよ。
[PR]
by Kippis_Y | 2009-08-24 03:19 | 食べ物色々/food | Comments(13)
街角質問
d0090294_3241467.jpg
話がさかのぼるんですけど5月の日本里帰り中に友達と一緒に鎌倉に行きました。道を歩いていると1人のチャリンコに乗ったおじさんが旦那様目当てに声をかけてきました。英語が出来るかどうか聞かれた後に「英文で手紙を書いたんだけど帰りの電車で読んでくれないか」って日本語で言われました。旦那様と友達は「英文の手紙を書いたから確認してくれないか」と理解したらしく困った感じ。結局手紙を受け取っておじさんは去って行きました。で曲がり角で私達に手を振って。でもおじさんの意味した事は手紙の内容を読んでから理解出来ました。どうやら英語で文通が出来るペンパルが欲しいらしい。手紙の内容は彼の事や趣味など書かれていて奥さんの事も少し書いてありました。英文の感じから例文集をそのまま写した感じだけど。昔、私もペンパルがいた事があるので何となくおじさんのセンチメンタルな気持ちも分かる感じもするな、きっと勇気を振り絞って聞いたんだろうなー。でも道のド真ん中でしかも書かれていた紙は白い便箋とかじゃなくて端がビリビリ切り取られた雑誌の一ページ。これには大受けでしたがね。何でこのページだったんだろ。ま、とにかく住所が書かれているので私達の住所は抜きにして「読みましたよ」っとポストカードでも送ろうか、でも期待させて住所抜きもガッカリするかなと迷い中です。ってもう3ヶ月近く経つけど...

それから今日は知らないおばさんに声をかけられました私達夫婦。いつも行くスーパーのいつもの駐車場に停めて車から降りたらおばさんが現れて単刀直入に「この車(我家の愛車)を売りに出すか=売ってくれるか」って。好きな人は凄く好きなこの車種、でもおばさんが来たとは驚き。彼女は昔、同じ車種を持っていて凄く気に入ってたらしいんです。その後ボルボにしたけどポンコツでね、やっぱりこの車種が良いって。でも答えは「売らないよ~大好きなんだもん」。音も大きいし冬場なんて朝、車内が凍るけど手放せませーん。なかなかやるじゃないかぁっと愛車を褒めたくなりやした。
[PR]
by Kippis_Y | 2009-08-20 04:09 | ちょっとお知らせ/info | Comments(8)
フィンランドのじゃが芋 SIIKLI
d0090294_1447144.jpg





ニコニコしてたじゃが芋売りのお姉さん、
なかなか可愛い紙袋ではないですかぁ~
しかもね、ビジュアルだけじゃなくて
袋にはこのじゃが芋の茹で方・保存方が書かれていて
内側は黒くなっていてじゃが芋が光にさらされない様に
ダークルーム状になっているんです。なるほど、なるほど。
自分で育てたじゃが芋への熱意を感じました~
d0090294_359588.jpg
14日-16日までロバニエミではオールドマーケットwanhat markkinatが結構広いエリアで開かれていて130点近くの食料・雑貨のお店が出ていました。丁度じゃが芋も買わなきゃだったし、このSIIKLIって言う名称のじゃが芋買ってみました。旦那様のおじいちゃんがお気に入りのじゃが芋。おじいちゃんと言えば面白い人でね戸棚に何キロもの砂糖・塩やコーヒーやらをを保管してて塩さえあればもしもロシアが攻めてきて戦争になってもしのげるとかね。海外旅行によく行ってた時は必ず祖国から主食のじゃが芋を持参。頑固者、よく言えば愛国心強くてコダワリのあるじいちゃんです。
d0090294_3592815.jpg
そう言えば別れ際のお店のお姉さんが「このじゃが芋はスープに合うよ」って言ってたので旦那様がlihakeitto:ミートスープを作りました。挽肉に野菜がゴロゴロ入っていて美味しいかったです。サフランが隠し味的な感じで。で、肝心のじゃが芋ですが「ミートスープだよっ」て出されたら他のじゃが芋との違いの味に気が付かないかも...じゃが芋を気にして食べてみる+お姉さんを思い出してみると美味しさが分かる...が本音。人間の心理ですね~。でもね、長時間煮ても煮崩れしないわりには口の中でホロホロっと良い食感で崩れていく、ここはポイントかな。次回買うか問われたら買いますね~。蒸しても美味しいらしいので残りは蒸しじゃが芋にして違いを楽しんでみよう。
[PR]
by Kippis_Y | 2009-08-16 20:12 | 食べ物色々/food | Comments(14)
フィンランドのロールケーキ kääretorttu
d0090294_1524978.jpg
1+1+1+1=kääretorttu
この計算式お分かりの人いるでしょうか?
以前に義理のお母さんから「フィンランドのロールケーキ:kääretorttuの生地は簡単よ、
ほらこれで良いんだから」とコップ3個と小匙1つを使って私の目の前でササッと軽量終了。
卵1カップ・砂糖1カップ・粉1カップ・ベーキングパウダー小匙1
d0090294_15372325.jpg
でもねぇ、私はロールケーキ過去数回作って全部失敗×
巻く時に生地が割れてしまうし、おまけに生地はパサパサしてて。
もう2度と作らないお菓子と決意したんです。
でも蚤の市でレトロな伝動式ハンドミキサーを買ったら何か作りたくて
よりによってロールケーキリベンジとなったんですよ、これがまた。
生地が割れにくい・巻きやすい方法に出会って祝・初の成功となりました。
やっぱり伝動式ミキサーは便利!しかも2ユーロという激安なミキサーです。

粉はポテトスターチと小麦粉を半々にして焼きあがって冷めた生地には
オレンジジュースを少量・ラズベリージャム・生クリームをぬって
庭で採れた苺を小さく刻んでみました。ん~~美味しい(自画自賛)
これはこれはクセになりそう。また焼こうと思います。
[PR]
by Kippis_Y | 2009-08-12 05:51 | 食べ物色々/food | Comments(28)
夏の宝物
d0090294_3374488.jpg
今年も待っていたmustikka:ブルーベリーの時期がやってきました。家から歩いていける距離にある森に沢山生えているので採り放題です。ここ最近は天気が良くてカラカラ気候なので蚊も出て来ない絶好のチャ~ンス。これで雨が降って晴れた日には大量の巨大蚊が襲ってきます。そうすると顔の周りはもちろん服の上からでも刺されるので格闘・格闘。昨日は2人で30分9dL今日は50分で14dLでした。ピッカーもあるけどベリーに傷が付きやすいのと後のゴミ取り作業に時間がかかるので今のとこせっせと手摘みです。フィンランドの背丈が低いブルーベリーをしゃがんで採るので良いスクワットになるんですよ・笑。採れる時に沢山収穫して冬用に冷凍にしたりジャム・お菓子・スープ・ジュース・諸々に使います。もちろんそのまま食べたり乳製品と一緒に。(写真:右)

左の写真の黒いベリーは庭に育っているmustaviinimarja:ブラックカラント(カシス)です。実はこの木は友達Mちゃんの両親が約20年前に植えたものなんです。私達がこの家に引っ越してきた去年10月、Mちゃんに「引越したの、住所はね...」と伝えると目を丸くして驚いた様子。それもそのはず彼女が2-5歳の間に住んでいた家なのです。驚きの偶然でした。最終目的のジュースが無事に出来たら一緒に乾杯です。沢山実はあるけど順々に熟されているので毎日少しずつ収穫してます。
d0090294_4545990.jpg
ブラックカラントの隣には少しですがmansikka:苺もあります。花が咲いて実がついて赤く大きくなるのが楽しみで毎日様子を見に行っていたんです。そんなある日「確かここ・あっちにもあったはずの苺が無い...ヘタはあるし落ちた形跡は無いし、おかしいなー」こんな日が数日続いたんです。で原因発見。愛犬ロッタが盗み食いしてました。目撃してしまったんですよー、ひょこひょこと行って食べてる姿を。飼い主に似て食い意地が張っています。酸味はあるもの思った以上に美味しいです。
d0090294_3381210.jpg
夏はベリーの他にも色々な草花が咲いてカラフルな色が青い空にとっても映えています。冬のあーんなに寒い日々を乗り越えてこうやって毎年出てくる生命には力強さを感じます。どうもありがとう。
[PR]
by Kippis_Y | 2009-08-07 04:45 | 食べ物色々/food | Comments(14)
ヒッラマーケット
d0090294_5511480.jpg
フィンランドのラップランド地方のベリーhilla(lakka)クラウドベリーは今年は不作だそうです。
湿地帯に咲くこのベリー、赤いのはまだ未熟で熟してくると可愛いオレンジ色になります。
ブルーベリーと違って至る所に生えていないので摘む人は自分の秘密の場所があるそうです。
と言うのはヒッラを摘んで買い取ってもらう人もいるのです。今年バニエミの市場では1kg7ユーロで買い取られるらしいです。ロバニエミから約80kg離れたRanuaでは1kg11ユーロだそうです。
d0090294_5502139.jpg
今週末Ranuaの町でヒッラマーケットがあるというので土曜日に行って来ました。思った以上に人が沢山で天気もジリジリと暑くまさに夏日で良い日でした。やっぱり不作の年なのかヒッラの売店が少なかったです。それよりものマーケットと同様、地方からの売店が圧倒的に多かったです。マーケットでは材木運び・ファッションショー・ミスヒッラ...諸々とイベントもあったようですが私は食べ物に夢中でした・笑。おじさんに味見でもらったmuikku:ワカサギに似た魚のフライが美味しくってね~
d0090294_5504739.jpg
魚と言えばこんな魚釣りもある売店もありました。結構子供達に人気人気。
d0090294_551019.jpg
ラヌアの町にはこんな可愛いヒッラの絵がある薬局屋さんの看板もありました。
この町は動物園やJapanitalo:日本の家と言う面白そうな場所もあるんです。
こちらは晴れた日、夏のうちに行ければなぁと思います。
[PR]
by Kippis_Y | 2009-08-02 06:31 | フィンランド色々/Finland | Comments(14)