<   2009年 07月 ( 8 )   > この月の画像一覧
kesäprojekti -suolakurkkut- 自家製ピクルス
d0090294_16482535.jpg
夏の時期になるとお店にavomaankurkkuと言うピクルス用のきゅうりが並びます。
去年はチャンスを逃してしまったのでkesäprojekti:夏のプロジェクトと題して仕込みました。
avomaankurkkuの時期も週番に近いのかな、嬉しい事に2.7kg(25本)2.7ユーロで買えました。
d0090294_16464351.jpg
この自家製ピクルスは酢や砂糖を使うタイプではなくて塩浸けピクルスです。
材料に必要なブラックカラントの葉も丁度庭に生えているので助かりました。
チェリーの葉でも代用出来るそうです。もしも作りたい方・取りに来られる方分けますよ~
材料に使ったフィンランド産のpiparjuuri:西洋わさび(70g:70¢)まさにワサビの香りでした。
(これフィンランドの人達はピクルス以外にどうやって料理に使ってるんだろうー)
材料を全て入れた時点で既に良い香りがして出来上がりが楽しみです。
でもね出来るのに1-2ヶ月待つので長い長い待ち時間ですよね。大丈夫かしら?
d0090294_16432334.jpg
覚え書きも交えて作り方を残していきます。

自家製ピクルス -suolakurkkut- 
①きゅうりを洗って塩水に数時間漬けた後に水をすて熱湯をかけ灰汁抜きをする。
②容器に小振りのきゅうり(25本)・ディルの花先・ブラックカラントの葉・細切りにした西洋わさび・
にんにく・マスタードシードを重ねて入れる。※ブラックカラントの葉は容器の底・上部分のみ敷く。
③塩水(3.5L:水:350g:塩)を容器に入れ重し+蓋をして1-2ヶ月待って出来上がり。
[PR]
by Kippis_Y | 2009-07-29 19:30 | 食べ物色々/food | Comments(22)
puolukka:コケモモ
d0090294_455224.jpg
蚤の市で見つけたpuolukka:コケモモの絵柄の陶器。
花瓶と書いてあったけど花瓶にしてはちょっと中途半端なのでこんな風に使っています。
d0090294_525050.jpg
こちらは去年収穫したコケモモ。
mustikka:ブルーベリーが終わる頃に森で沢山収穫できます。
d0090294_56152.jpg
先日のテーブルののデザートvispipuuro。
水・セモリナ粉・コケモモのジャムを煮て冷めたらホイップ、ムースの様な舌触りです。
よーくよーくホイップしてあるのでカップをひっくり返しても中身が落ちてきません。
d0090294_5115670.jpg
コケモモは豪快にトナカイの肉と一緒にこんな食べ方をしたりもします。
[PR]
by Kippis_Y | 2009-07-22 22:51 | 食べ物色々/food | Comments(25)
ウツヨキ&北ノルウェーの旅
d0090294_20284297.jpg
南から義理のお母さん・友達も加わって15日からmökki:サマーコテージを
点々としながら4泊5日間のウツヨキ&北ノルウェーの旅に行ってきました。
写真をお楽しみ下さい。前回の秋の紅葉旅行はこんな感じです。syksy

*
*
*
d0090294_20464054.jpg
フィンランドの家の色で一番好きな色
d0090294_324943.jpg
丘の上のmökkiからの眺め。川の手前はフィンランド・向こう岸はノルウェー
d0090294_31634.jpg
ノルウェーらしい景色
d0090294_34331.jpg
海の近くの教会
d0090294_345369.jpg
中でmakkara:ソーセージタイム
d0090294_351821.jpg
サーモン釣りの方が多いシーズンでした
d0090294_354444.jpg
こんな落し物が沢山
d0090294_3162227.jpg
海の中のトンネルを抜けて出てきた島の街
d0090294_374246.jpg
ラップランドの湿原
d0090294_381160.jpg
私の好きなtupasvilla:ワタスゲ
d0090294_385390.jpg
この方も色々と旅をしています
[PR]
by Kippis_Y | 2009-07-22 03:35 | 国外旅行/travel abroad | Comments(17)
フィンランドのお菓子
d0090294_16395920.jpg
日曜日は楽しい日でした。こちらに住む日本人の友達が日本からのお洒落な友達夫婦を連れて我家に来ました。彼らのフィンランド訪問は4回目という事にも驚いたけど結婚歴10年という事実にはもっと驚きでした。私はてっきり今回の旅が新婚旅行かと思いましたよ...年数を重ねてもあんな風に一緒に居られる夫婦は素敵だなって思いました。また是非お会いしたいカップルでした。

d0090294_16455385.jpg



日本からのゲストだもん、やっぱりフィンランドらしいお菓子を食べて頂きたーい、そう思って楽しく作りました。フィンランドのお菓子と言ったら国民に愛されている+絶対外せないpulla:菓子パン。こちらはvoipullaと言って頭にバターと砂糖がかかっています。この生地はとっても便利でkorvapuusti:シナモンロールが作れたり油で揚げればmunkki:ドーナッツになるしブルーベリーをのせればこんなお菓子にも変身。
バリーエーション豊富で優れものですね。

d0090294_16451794.jpg

それからporkkanakakku:人参ケーキも焼きました。フィンランドの人参ケーキは高さが低くて四角くカットされたのが多いのですが今回は普段忘れられている使う事がないクグロフ型を使ってみました。今までのレシピも変えて作ったら18cmのクグロフ型にぴったり。なかなかこの型に合うレシピがなかったのでこれは大成功。それに型を変えるだけで見栄えもグッと変わるものですね。でもでも見た目・色合いがクリスマスや誕生日ちっくですね...夏らしくないー!日数を置けば味が落ち着いて美味しくなるケーキなので食べる3日前に焼きました。人参ケーキ好きな旦那様に何度も「食べてたい」と言われては「Ei!:ダメ」と言う妻。だからかな、今までの人参ケーキよりも更に美味しかった気がしました。次は隠し味にオレンジジュースやオレンジピールを入れても良いかな。
d0090294_16453425.jpg
思った以上に喜んで頂けたので凄く嬉しかったです。
久々に気合を入れてこんなにお菓子を作ったので私自身も楽しめました。Kiitti!
[PR]
by Kippis_Y | 2009-07-14 06:13 | 食べ物色々/food | Comments(35)
フィンランドのお菓子 kauralastut
d0090294_4502891.jpg



フィンランドのお菓子の中に薄っぺらなkauralastuと言うオートミールクッキーがあります。凄く薄くてパリパリっと歯応えも最高でフィンランドらしく素材の味が出ている素朴なお菓子。

日本で言うとお煎餅みたいな感じかな。でもお煎餅=甘しょっぱいイメージがあるから少し違うんだなー。kauralastuは甘いクッキーです。

アイスクリームと一緒やチョコレートでデコレーションしたり活躍たっぷり・遊べるお菓子。

d0090294_4573719.jpg



今日作った訳は土曜日に急遽、旦那様の友達が3人の子供を連れて我家に遊びに来る事になったので素早く作れて大人も子供も好きなお菓子って事で焼きました。材料も買出しに行かずにすむ手頃なものだしね。このクッキー作ろうか迷っているなら作ったほうが良いそのくらい簡単で美味しいんです。

焼いている最中にオーブンを見ていると面白いんです。生地が溶けて大きくなって膨らんだと思ったら表面がフチフチして、しぼんでペッタンコに。その後はふちが茶色くなってあっという間に完成!食べるのもアッと言う間ですー。
d0090294_595278.jpg
kauralastut オートミールクッキー (約40枚)
オートミール 3dl
小麦粉 大1
ベーキングパウダー 小1
バニラシュガー 小1
卵 1個
砂糖 1.5dl
マーガリン or バター 100g
お好みでシナモンパウダー 少々

①卵と砂糖をよく混ぜ合わせ溶かしたマーガリンorバターを加える。
②粉類を混ぜ ①を加えかき混ぜる。
※5-10分待つとオートミールが水分をすってまとまりやすく扱いやすくなる。
③ベーキングシートの上に2cm程の大きさにスプーンを使って落とす。
※焼いている最中に生地が広がるので間隔を十分にあける事。
※お好みでシナモンパウダーをふりかける時はこの段階で。
④200度のオーブンで5-7分焼いて出来上がり。
※生地が薄く焦げやすいので注意!周りが茶色くなってきたら出来上がりのサイン。
※オーブンから出したては生地が柔らかいので生焼け?と不安になるかもしれませんが
 ご心配なく。すぐ冷めて固くなります。
[PR]
by Kippis_Y | 2009-07-11 05:59 | 食べ物色々/food | Comments(16)
uuniomena
d0090294_6405423.jpg
袋買いで買った林檎がスカスカしてて全然美味しくなかったんです。大半はシナモンと煮付けてpulla:菓子パンのフィリングにしたけど残り4個はuuniomena:オーブンアップルにしてみました。スプーンで芯を取って底に穴が開かないように、くり抜いて中に砂糖・四角く切ったバター・シナモン・クランブルを入れて上からまたシナモン。小さめの林檎だったので180度のオーブンで約30分で出来上がり。熱いうちに砂糖・蜂蜜をかけてアイスクリームと一緒に食べました。残り物救出成功!
[PR]
by Kippis_Y | 2009-07-06 07:02 | 食べ物色々/food | Comments(10)
Sashimi
d0090294_17144914.jpg
以前テレビで見た何処かの国のサーモン輸出情報だと日本ではオレンジ色が濃いサーモンが人気らしいんです。実際に昨日、店頭でオレンジ色とピンク色のサーモンが隣同士に並んでいるのを見たら迷う事なく濃い方に目がいって「美味しそう」と思いましたっけ。でも結局薄いのを買ってきました。なんせ天然という言葉につられてね。人口のサーモンと比べると風味が薄い感じがしたけど、とっても柔らかかったな。400g=4.5ユーロ(約600円)この値段は日本と比べるとどうなんでしょう?
この分量をオーブン料理にしたら2人分では物足りないけど刺身にしたら丁度良い量でした。

日本に里帰りした時に旦那様が実家の父に魚のさばき方を教えてもらって刺身包丁もお土産で貰ったんです。以前は魚を触るのも苦手だった彼が今じゃ刺身を日本人の妻に出してくれます。
「どうもありがとー美味しかったよー!!」
[PR]
by Kippis_Y | 2009-07-03 23:33 | 食べ物色々/food | Comments(10)
フィンランドのアジアン
d0090294_21523614.jpg
フィンランドでもアジアンなインスタントラーメンが売られています。色々な味があるけど私の感想としては名前ほど美味しくないんです、味がなくて。スパイシーと表記されててもアジア人の私には全然辛くなくて物足りない感じで。でーも焼き蕎麦ちっくなKOKAのスパイシーブラックペッパーは非常に美味しいです。結構辛めで1食1ユーロ程。インスタントなのでたまにしか食べないけど驚いた美味さです。

d0090294_22215028.jpgこの間clas ohlsonの広告で発見。なんと炊飯器が半額以上値下がりして10ユーロ出せばお釣りがくる値段。(写真:clas ohlson) いつも小鍋で炊いていたので付きっ切り監視は必須、なのに冷めるのは早いんですよねー。あまりお米は食べないので炊飯器は必要ないと思っていたけど「こんなに安いんじゃ買うしかないー」っと早速購入してきました。今晩は初炊きだったのですがお米の量が少なくて底がおこげになりやした...明日はカレーにしようと思うのでリベンジです。あまりフィンランドの家庭では炊飯器は主流ではないけど、あると便利・便利。最高8カップまで炊けてシンプルな作り。と言うか炊く・保温しかありませーん・笑。

フィンランドではお米は食べるの?と聞かれる事があるんですけど「食べますよー」アジアン料理も食べられてるので箸が上手に使えるフィンランド人も結構いると思います。その他にはロールキャベツやミートパイの具に少し入れたり。フィンランド料理でお米を使うの?と聞かれたら...フィンランド料理でお米が使われるのはkarjalanpiirakka:お米のパイだったりデザートのriisipuuro:ミルク粥です。フィンランドではお米が主食?と言う答えは「違いますので~」美味しいじゃが芋やパンです。
[PR]
by Kippis_Y | 2009-07-02 02:29 | 食べ物色々/food | Comments(14)