<   2009年 04月 ( 12 )   > この月の画像一覧
テキスタイルプリント
d0090294_17283183.jpg
この間デザインした柄(左)でこんなのを作ってみました。
隣のストライプのはお店で買った生地です。
黄色いプリントの柄の色違いでポーチを縫ったりもしました。
d0090294_1553573.jpg
作り出したら止まらなくて娘の顔のプリントまでしました。
Tシャツにしたり大きめのショッピングバッグを縫ってプリントしたり。
と言う事で至るものに顔があります・笑。
[PR]
by Kippis_Y | 2009-04-25 16:07 | ちょっとお知らせ/info
テレビ出演
d0090294_2345998.jpg
実は以前アップした雪のホテルの件ですが冬にテレビ取材を受けていました。そしてそのテレビ番組が今日フィンランドで放送となりました。番組ではキャスターがラップランド大学の教授にインタビューをしながら雪像造りのデモンストレーションをしたりホテルを案内します。旦那様の話の紹介は番組途中に出てきます。旦那様が映っているのはバー紹介の時に氷をチェーンソーでカットしている黒い服の人。しかも数秒で顔は映っていないので本人も「これ、多分俺!」と言っていました・笑。
今週土曜日にはテレビ再放送はなります。機会・興味がありましたら拝見して下さい。

2009年4月25日(土) 16.50~
チャンネル YLE Teema
※フィンランド時間23日より一週間ネット観覧
も可能です。
※はじめの女性Leenaさんの話の後にホテルの件が出てきます。

それからホテルのあるarcticsnowhotelでは冬の期間中に素敵な雪の教会で挙式も可能です。既に来年の申し込み者も沢山きているそうです。こちらも興味のある方は私まで声をかけて下さい。
[PR]
by Kippis_Y | 2009-04-24 04:27 | ちょっとお知らせ/info
テキスタイルプリント 
d0090294_20595151.jpg
今月30日に発って家族で日本へ4週間の里帰りです。その前にヘルシンキの義理のお母さんの所に泊まるので忙しくしています。旅の準備をすれば良いのに一行にスーツケースは空っぽ状態。
日本行きの前にテキスタイルプリント楽しんでいます。やっぱり家でやると思う様にスペースが取れないのでキッチンのテーブルや床を使って。大学の作業台を使えるけど、まとまった時間で出来るのは娘が寝てからなので不自由がありながらも辛抱しながらの作業です。
d0090294_21571992.jpg
「忙しいのにのん気に何やってるの」と言われそうですがジャムの蓋部分に必要な布を自分でデザイン&プリントした物を使いたかったのです。ただそれだけの理由で始めたんですけど夢中になって気が付いたら21時~27時までしていました。ジャムは日本へのお土産で去年森でひたすら採ったブルーベリーとオレンジ色のはラップランド地方でしか採れない貴重なベリーラッカ/ヒッラ(クラウドベリー)です。本当はもっとジャムも作りたいけど重量制限があるのでこの辺でね。
d0090294_21565597.jpg
作業した翌日は余分にプリントした生地+大学でプリントした生地も含め小物も作ってみました。この日も夜な夜なミシンの音が響いてました。何でしょうね、このパッションは・笑。夜行性の動物のように目がパッチリ開いてベッドに入っても興奮は冷めずに「アレが作りたいコレが作りたい」と思います。きっと日本行きの旅が楽しみなのでしょうね。物作りの作業は旅ギリギリまで続きそうです。
[PR]
by Kippis_Y | 2009-04-22 21:46 | 雑貨・インテリア/Interior
フルーツデイ 美味しいアップルパイ
d0090294_0354770.jpg昨日のロバニエミはとっても変な天気でした。季節外れの雪が降ってきたと思ったら急に晴れになって強風。そして今日は目を開けるのが眩しいほどのお天気。昨晩の影響で木の枝がそこらじゅうに散らばっています。

夕方から夜にかけてリビングは春の日差しが眩しくてブラインドが必要です。そして春になると春色・サッパリしたものを求めるのかフルーツを良く食べます。週末は友達が遊びに来たので一緒にフルーツデイをしました。普段はこんな風に丸くくり抜いたりはしないけど「そう言えばあんなくり抜きツールもあったっけな」と思って使ってみました。友達は面白がっていました。中身はメロン・キウイフルーツ・林檎です。キウイフルーツのくり抜き具合が魚や猫の目玉の様な模様だったので目の前にもってきて目玉の様に見せかけ写真を撮りました。何てアホな家族でしょう...(そのウソ目玉はすぐ食べましたよ、もちろん!)
d0090294_0331250.jpg
旦那様はアップルパイを焼きました。このパイ生地やフィリングにはバターや砂糖をたっぷりつかっているのでリッチな味でした。「これは危険なパイ」そう言いながらも、つい食べたくなる味なので皆で食べてすぐ無くなりました。林檎は1キロ分使ったそうです。フィンランドは林檎は比較的安く買えるので、こういった料理には大胆に使えて良いですね。これからの時期、野菜も甘くなるし果物も色々と増えてくるので楽しみです。庭での家庭菜園も今年は早めに取り掛からないと!
[PR]
by Kippis_Y | 2009-04-21 00:53 | 食べ物色々/food
テキスタイル -minun kokeiluni-
d0090294_2124588.jpg
先日、大学でプレゼンした私の課題の一部(kokeilu:experiment:実験)です。
布のストラクチャーに手を加えて(焼く・破る・擦るなどなど)表面に変化を出すのが目的の1つ。
課題提出に追われながら、想像・実際にあれやこれや苦戦しながら進めて行くと楽しい。
「やっぱり私はテキスタイルデザインが好きなんだ」そう思います。少しだけご紹介しますね。

d0090294_2135791.jpg









d0090294_2133675.jpg





花火
d0090294_2142680.jpg











d0090294_21355683.jpg







これらは最終作品の手前の手前段階で、これらを元に織りのデザインを決めて実際に織ります。
最終的にどんなものが出来るのか自分でも未知です。さてどんな具合になるでしょうか?
[PR]
by Kippis_Y | 2009-04-18 21:54 | 大学生活/uni life
クルクル料理
d0090294_16145765.jpg
リアルな牛の絵が描かれた小さな缶に入ったコーンビーフ、あんなの日本で食べたっけなー昔。マヨネーズと混ぜて白米と一緒に食べるだけでも美味しかったんだなぁ。なんて思っていたら食べたくなったコーンビーフ。出先のお店で探したけど棚に無かったので結局しばらくしたら記憶から消えて食べたい欲望も何処かへ行ってしまいました。ところがスウェーデンのスーパーでバッタリ出くわしました。パッケージデザインがとっても目立っていたのでね。
d0090294_16155867.jpg
缶を開けた瞬間に記憶がよみがえって来ました。「そうそう、こんな風に犬の缶詰風な見かけ」。日本で食べたのと比べると塩が多い感じかな。340gも入っているので小分けにして冷凍して食べています。オムレツに入れたりサンドイッチにしたり焼きそばに入れたり等。それからリエスカのパンにコーンビーフ・レタス・きゅうり・パセリ・チーズを入れてクルクル巻いて食べたら丁度良かったです。このクルクルの食べ方、フィンランドでは中にフレッシュサーモン・ディル・クリームチーズなんかを入れた食べ方もあります。塩漬けしたトナカイの肉バージョンもあります。
d0090294_16234116.jpg
こちらはお惣菜屋さんから買った挽肉のクレープ:jauheliha kreppi。
薄いパンケーキの生地の中には挽肉・お米が入っています。クルクル続きでアップしてみました。
[PR]
by Kippis_Y | 2009-04-18 17:06 | 食べ物色々/food
フィンランドのキッチン
d0090294_3211219.jpg
我家のキッチンで活躍しているテキスタイル品。鍋敷きは簡単に作れるのでフル活用しています。左の赤いのは毛糸を編んだだけの鍋敷きだけど、もう何年も使っています。熱で毛糸の編み目が潰れている所がまた面白い。それから、お湯を沸かす時にケトルの取っ手が凄く熱くなるのでミトンは必須です。リネンのミトンはエストニアで買ったけど生地がちょっと薄すぎなようです。熱いものを掴んでいる間に手に熱が伝わってきてイマイチ…プリントは可愛いんだけどなー。それと比べmarimekkoのミトンは生地が厚手で丈夫。ノンブランド物に比べるとちょっと高めだけどこの丈夫さなら納得かな。さすがmarimekko!もう1つ左手用にあるのですが焦げた後があるんですよね…でも丈夫なので捨てられません。やっぱ両手用にあるとオーブン料理をする時は凄く便利。

フィンランドの賃貸のアパート、家では大きなオーブンが備え付けてあります。電気コンロと一体化なので幅も取りません。今の住まいに備え付けてあるのは前回の所よりも少し小さめなオーブン。それでも日本のと比べると大きいです。以前のと比べるとオーブンが温まる時間も早い感じです。

「じゃが芋もう食べ終わりそう」そう思って1キロ買ったら家にたんまりと、まだありました。なのでオーブンで出来る簡単なフィンランドの料理lohilaatikko(サーモンのキャセロール)を作りました。この料理はシンプルな材料でとっても簡単。材料を層に重ねていくのが楽しいのです。出来上がりの味はフワッと柔らかい感じでシンプルな味付けが、まさにフィンランド料理という感じです。コチラにも以前レシピを載せたのですが我家ではこちら↓が定着しています。このレシピは大まかな目安ですので、とにかく層にして牛乳と卵の液は2:1になります。液は上までかかるようにして下さい。サーモンの層を厚め&ディルをたっぷりにすると見栄えも良くなりますよ。是非作ってみて下さいね。
d0090294_3214277.jpg

[PR]
by Kippis_Y | 2009-04-16 04:27 | 食べ物色々/food
minun syntymäpäiväni
d0090294_17445912.jpg
d0090294_1745184.jpg
7日は私の28歳の誕生日でした。この日の朝は旦那様がベッドまで朝食を持って来てくれてゆっくりとした朝を迎えました。特別に何がしたいとか欲しい物もこれと言って無く午前中は家の中を綺麗に掃除しました。午後、ポストを覗きに外へ出た時に太陽眩しい光や静かな時の流れを感じました。「何て平和な誕生日」そう思いました。遅めの簡単なランチを食べて旦那様にキッチンにある「木琴を弾いて」と言われて向かったらプレゼントがありました。一緒に添えてあったカードには「おたんようびおめでとう」と平仮名で。たんじょうびたんようびと思っていたらしい...ともかく素敵な陶器で出来たピアスを頂きました。私が誕生日にリクエストしていたのはお任せケーキだったのでこれには驚き。その後はスポンジから手作りしてくれたkinuskikakku:トフィーケーキを頂きました。ジュースで湿らせたスポンジの間にはヒッラジャム・バナナが入っています。面白いのが白いクリームはメレンゲです。甘いケーキですけどそれぞれの食感や味が絶妙で凄く美味しかった。どうもありがとう。誕生日は色々な方から電話やメールでお祝いを頂きました。本当にありがとうございます。

で、で、で、翌日の8日の15:20頃、衝突事故にあってしまいました。家族で車に乗っていて横断歩道を渡る自転車を待っていたら後方から来た車に後ろをバンッと。頭が前後したのは分かったけど一瞬何が起きたか何の音か疑問でした。可笑しなものですね。警察や救急車、消防車まで来て街中だったので沢山の人が大きな事故と思ったでしょう。丁度打ち所が私の真後ろだったので私はむち打ちで済みました。旦那様も無事で心配だった娘はチャイルドシートのお陰で無事でした。相手側も無事でした。イースターホリデーが終わったら凹んだ車の審査・修理です。相手の保険でカバーされるので良いですが、でも凹んだ車を見ると何だか気の毒な感じー。古い車とは言え大好きな車なのでねぇ。ともかく季節の変わり目は注意が必要ですね。何より皆無事だった事が良かった。
[PR]
by Kippis_Y | 2009-04-13 02:54 | ちょっとお知らせ/info
Hyvää pääsiäistä!
d0090294_75121.jpg




イースターホリデーが始まりました。
10日の金曜日はイエス・キリストが十字架に掛けられた日です。Good Fridayとも呼ばれている国もあるけどフィンランドではこの日をpitkäperjantaiと言います。訳すと長い金曜日。この名称は何て相応しくて素敵なんでしょうと毎年思います。
お店も休みになって静かな金曜日となります。
平和なイースターを迎えられますように!
[PR]
by Kippis_Y | 2009-04-10 08:05 | ちょっとお知らせ/info
小さな魔女
d0090294_2474833.jpg5日の日曜日、ドアベルが鳴ったのでドアを開けると小さな小さな可愛い魔法達がいました。健康と祝福のお呪いを唱えてもらうとカラフルな羽やリボンの付いた猫柳の枝を貰いました。そして引き換えに飴やチョコレートなどのお菓子を小さな小さな魔女達にあげました。

この風習はPalmusunnuntaiと言ってイースターサンデー1週間前の日曜日にあります。子供達が魔女に仮装して近所を巡ります。黒い尖がった帽子を被って黒いドレスを身にまとった魔女もいればエプロンをしてスカーフを頭に巻いた素朴な魔女もいたり。魔女のメイクも小物もちゃんと揃えて。怖い魔女と言うよりは抱きしめたくなる程とっても可愛い魔女達でした。去年は家を留守にしていたので今年は数回魔女達が訪れてこちらも楽しかったです。


d0090294_248919.jpg


キャンディーと引き換えに頂いた猫柳の枝。蕾が沢山付いているので花瓶に水を入れて飾っています。この枝を見る度にドアをノックしてくれた少し恥ずかしそうにしていた小さな魔女達の事を思い出します。この枝は彼女達のパパと一緒に採りに行ったのかな...ママと一緒にデコレーションをしたのかしら?ドアをノックして待っている間、楽しいドキドキとどんな人が出てくるのか少し怖いドキドキもあったかな?彼女達が大きくなってこの日の事を良い思い出として思い出す事が出来ますように。それからまた来年も再度来られるよう平和な日々が送れますように。
「魔女さん達、ありがとう」
[PR]
by Kippis_Y | 2009-04-07 03:19 | フィンランド色々/Finland