<   2008年 12月 ( 12 )   > この月の画像一覧
Onnellista Uutta Vuotta!
d0090294_749195.jpg
もう少しで2008年も終わりに近づいています。今年もロバニエミで新年を迎える我家です。一般人の花火の打ち上げが新年に許されるのですが毎年フライングをしている人が数人。昨日・今日と近所で小さくパンパンと2回音がしました・笑。フィンランドは日本より7時間遅れて新年を迎えます。日の出も日本よりはるかに遅いので初日の出が寝坊せず見られそうです。皆さん2009年も良いお年になりますように!そして引き続きKippis! from Finlandを宜しくお願いします。**Kippis**
[PR]
by Kippis_Y | 2008-12-31 08:02 | ちょっとお知らせ/info
joulu クリスマス 2008
d0090294_0483933.jpg
フィンランドのクリスマスの伝統料理のハムです。
クリスマスイブの前日に我家のオーブンで何時間も焼かれていました。
ベッドに入っても家中がハムの匂いで豚の夢を見そうな程でした・笑。
去年のクリスマスはヘルシンキのお母さんと一緒に過ごしました。今年は小さな小さな家族が1人増えたので南からお母さんがやって来て皆で一緒にロバニエミの自宅でお祝いでした。24日はお墓参りや教会に行ったりするのですが、おばぁちゃんのお墓は東フィンランドにあるので今年は行けませんでした。クリスマス近くの墓地は沢山のキャンドルが灯されていて綺麗なんですよ。この日、私達は散歩や夕飯に必要な最終買い物をしたり。街中はガラリとしていつもと違う光景でした。
d0090294_115327.jpg
義理のお母さんはフィンランドの伝統クリスマス料理のlanttulaatikko(カブ科の野菜のキャセロール・porkkanalaatikko(人参キャセロール)を作って来てくれました。他にもスパイスの効いたクリスマスのパンや美味しいチーズにお菓子や飲み物などなど運んで来てくれました。旦那様はメインのハムやpernalaatikko(じゃが芋のキャセロール)を担当して私はRosolli(ビーツ・ピクルス・人参・卵のサラダ)やお菓子類の準備の担当でした。Rosolliのソースはお母さんの隣でお喋りしながら見ている嫁。でもしっかり教えてもらいましたよ。生クリーム・酢・砂糖・塩・ビーツの汁。酢を入れると化学反応で生クリームにトロミが付くのでウィップ不使用らしいです。ビーツの赤い汁がソースの極めての色となるんですってぇ。ビーツではなくてサラダの種類によってマスタードにしたりペッパーを入れても変化が出て良いと教えてもらいました。さて、前菜はサラダにサーモンやマリネードされたニシンと茹でたじゃが芋を食べて、その後メインのキャセロールとハム・デザートとなります。ハムはもちろん、キャセロールは凄く美味しくてクリスマス料理の中でも大好きです。想像通りまさに食べ過ぎーなディナーになるんですねぇ。他にもデザートにluumukiisselii(プルーンキーッセリ)やriisipuuro(お米の甘いお粥)があるのですが、そちらは翌日の朝食で食べました。ハムも大きくて他の料理も大量に作るのでクリスマス後は毎日クリスマス料理を食べるんですよ~。
d0090294_1283494.jpg
今年は天井につく程の生木のクリスマスツリーを家の中に飾ったのでリビングの雰囲気が良いです。24日の夜はtonttu(小人)役を決めて木の下に置かれたプレゼントを渡していきました。オーブンやクリスマスライト・キャンドルの熱に加えてプレゼントの熱で家中熱気ムンムンな夜でした。それからツリーに付いていた3個の松ぼっくりが日に日に開いていく姿がとっても良いです。
d0090294_1523210.jpg
25日は遅めの朝食後はロバニエミに住む日本人のお宅へ招待されました。他にもお友達が来て美味しい美味しい日本食を頂きました。聖書からクリスマスの話を聞いたり賛美したり可笑しなプレゼント交換は最高でしたね。義理のお母さんも楽しんだようでもっと日本人の柔和な所を発見したようです。その後はサウナに入ってクリスマス映画を観てまったりした夜になりました。

d0090294_135071.jpg



この写真は寝室から見える光景です。
安らぎがあってホッとするアングルで好きなのです。
こちらではツリーはお正月過ぎまで飾っておくので
もう少しこの雰囲気を楽しめそうです。
今年は特に思い出深いクリスマスとなりました。

-Kippis-
[PR]
by Kippis_Y | 2008-12-29 03:26 | イベント/event
Hyvää Joulua!
d0090294_117154.jpg
d0090294_038240.jpg
フィンランドでは時期になるとクリスマスの木が野外で売られています。「クリスマスは絶対生木に限る。あの香りが最高なんだよ」と言う旦那様。たまたま新聞で格安(約5ユーロ払えば自分で指定された森に行って好きなのをとれる)の情報を発見。今年はこれにしよう!と思っていたら知り合いの方が「実家の森に行けば沢山あるからタダで良いよー」なんて言われて日曜日に立派なのを一緒にとりに行きました。デコレーションをしてキャンドルライトを付けて完成。木のニードルが結構落ちて掃除が大変そうだけど...部屋の雰囲気もそれらしくなってきました。今は旦那様がクリスマス料理のメインディッシュの豚肉をオーブンに入れてハムを作っている最中です。今晩寝て朝になったらヘルシンキから義理のお母さんもロバニエミに到着して家族で一緒に過ごすクリスマス。コメントの返事が遅れますが...クリスマス後またお話しましょう。皆さんもHyvää Joulua!良いクリスマスを!
[PR]
by Kippis_Y | 2008-12-24 07:31 | フィンランド色々/Finland
ウールのマフラー 再利用
d0090294_263778.jpg
以前から蚤の市でウール100%のマフラーを見つけると購入して未だにその収集癖は止まらず集めています。お店で新品を買うと高いし自分が使っている物は愛着があってボロボロになるまで使いたいし。その上、蚤の市で見つけた物は各安で愛着がまだ沸かない分思い切って使えます。そう、「思い切って使える」と言うのは...そのままの状態を首に巻くのではなくてジョキジョキとハサミで切って針・糸・ミシン等を使って「リメイク」用として使うため。今回はブックカバーの出来上がりです。
d0090294_1512385.jpg
大きい方は義理のお母さんへのクリスマスプレゼント用です。彼女へのプレゼントは既に購入してあるんですけどフィンランドに移住してからはもちろんの事、娘が生まれてからは更にお世話になているので私の出来る事として感謝も込めて一緒に渡そうと思って作りました。「気に入ってくれるかなー」が口癖の私。

裏地には薄めのコットン生地を使ったので縫うのも簡単です。ブックカバーは最後にひっくり返すので端のほつれ防止作業をしなくて良いので助かりますねぇ。
貧乏性なので切れ端ももったいないと思っちゃう派。特にフリンジ部分な~んて尚更です。なのでバックカバーにフリンジ部分を切って間に紐も一緒に通して縫い付けてあります。本当は紐を細い皮にしたかったけど買出しに行く余裕が無かったので断念です。

止めの部分にはトナカイの角で出来でいるボタンを付けました。バックカバーからの紐がフロントへ来てクルクルっとボタンに巻けるようになっている仕組みです。別にボタンや紐がなくても十分活用出来るんですけど何も飾りがないと柄や色的に「おじいちゃんチック」な感じなのでアクセントに付けてみました。
d0090294_1521148.jpg
余った生地でついでにブックマークも作ってみました。
下の黄緑色の敷物はウールの毛糸を編んで洗濯してフェルト化した後に
端を切ってミシンで縫ったものです。もう1回仕上げ洗濯をすれば出来上がり。
長いプロセスですね...でもあと何個か作ろうと思っているんです。
d0090294_21503063.jpg
もう1つの小さい方は南に住む友達Sちゃんに作りました。
↑の黄緑のフェルトの端が面白いオーガニックな形だったので
使ってみました。手触りがモコモコして優しい感じです。
「もし手持ちのウール生地ありましたら是非私に!」
って、欲をかいたらバチが当たりますね...
[PR]
by Kippis_Y | 2008-12-21 22:40 | ちょっとお知らせ/info | Comments(24)
4th Advent
d0090294_3191528.jpg
クリスマス帰省が始まっています。
家族が揃って囲む食卓の準備やクリスマスカードの飾り付け。
南からロバニエミの我家に来る義理のお母さんと
「私は何々を作るから私は何々を担当」なんて会話もしました。
今日は残りの準備を少し置いて4本目のキャンドルに火を灯します。
次の5本目は家族揃ってのクリスマスの日です。
[PR]
by Kippis_Y | 2008-12-21 18:19 | ちょっとお知らせ/info
LOTTA
d0090294_1402463.jpg
小っちゃいけど、か弱そうだけど、こう見えて私けっこうタフで強いんです。
前まで3本足で立っちゃった苦手な雪の上だって今じゃ4本足で歩けるし
-7度の寒い日だって元気に外を走っちゃうもん。 -LOTTA-

強く逞しくなりましたロッタ。何があったんでしょうか...
そんなに犬用の靴下を履くのが嫌なのかなぁ。 -飼い主-
[PR]
by Kippis_Y | 2008-12-21 02:14 | ちょっとお知らせ/info | Comments(4)
クリスマス準備
d0090294_22365940.jpg
クリスマスまで残すとこ6日。早いもんです。
人と会えば別れ際に"Hyvää joulua!"(良いクリスマスをね)と挨拶です。
赤い服を着たり帽子を被ったり小物を身に付けている人も沢山います。
d0090294_22432572.jpg
大体のクリスマスプレゼントは買ったのでラッピング作業をしました。
スーパーではレジ近くでラッピンサービスのお姉さん・おばちゃんがいます。
無料でも出来るのですが気持ち分のお金用のボックスも備えてあります。
裕福そうな国フィンランドですが中には色々な事情で&お金に余裕がなくて
クリスマスプレゼントが貰えない子供達がいるという事実もあるそうです。
このお金はそういう子供達の助けにもなるそうです。
d0090294_22424357.jpg
よく見かけるこのクルクル式のリボン。
ハサミを使ってシャーっと。結構作るのが楽しいんです。
d0090294_22533589.jpg
今年のクリスマス切手は可愛いデザインです。
d0090294_2240418.jpg
クリスマスの香りとしてヒヤシンスを買いました。あっと言う間に花が咲いて香りを放っています。
今朝、物音がして愛犬のロッタが鳴いたと思ったらヒヤシンスがテーブルから落下してました...
花が重くて体を支えきれずに倒れたらしいです。あーーでも丁度良い入れ物が無い...
香りに続いて初めてヒヤシンスを買ったけど甘くみてましたわ。
まだまだKippisのクリスマス準備は続きます...
[PR]
by Kippis_Y | 2008-12-18 23:24 | フィンランド色々/Finland | Comments(16)
我家のキッチン
d0090294_2323935.jpg
キッチンには私の好きな物を飾ったり置くコーナーがあります。
やっぱり好きな物が集まっているのでリビングよりもほっとする感じ。
d0090294_23274845.jpg
元々は赤いポットから始まった赤いキッチングッズ集め。
その後、集めた物や以前からあった赤い物を含めキッチンは赤。
ところが今では少しづつ茶色も仲間入りしました。
今住んでいる家は80年代に造られたので古い物が合う感じです。
d0090294_2336434.jpg
写真に写っている植物ハートカズラは春に蚤の市で1ユーロでした。
多肉植物なんですけど日光に当たっていないので葉が薄いんです。
でも凄くよく育つ。あっと言う間に伸びるので切っては水差しにしています。
d0090294_2320312.jpg
そして、この木琴も蚤の市で発見して連れてきました。
フィンランド製で昔実際に小学校で使われていたものです。
足が1本足り無そうに見えますが元々3本足なのです。
2箇所木:琴が無いんですけどバラの木で調節しながら作れるそう。
でもバラの木って何処で手に入るのかしら...??
未だに木:琴無しなので音を下げて弾いています。
d0090294_23483955.jpg
楽器続きで...オカリナです。昔のもの実家から送ってもらいました。
私の父がトランペットやハーモニカをよく吹いていたのを思い出しました。
他にもギターやサックス、琴もちょっとやっては止め、、多趣味な様です。
私もそんな父の血を引いているのかもしれませんね...
でもオカリナは上手に吹けないので練習が必要ですよーー
d0090294_2320479.jpg
木琴の話に戻って...木琴に合う椅子が欲しい、そう思って数ヶ月。
蚤の市の置くの方にありました。赤×茶の椅子が。
実際は写真で見るより棚や木:琴の茶と合って座り心地も良ろしいです。
d0090294_2330043.jpg
新たに「茶」が入荷したので棚に置いてみました。
あれもこれも置きたいーって思うとスペースが足りませんね...
[PR]
by Kippis_Y | 2008-12-15 17:51 | 雑貨・インテリア/Interior | Comments(20)
3rd Advent
d0090294_17413741.jpg
昨日は3回目のアドベントでした。
前日遅くになってジンジャークッキーの続きを焼いて
穴を開けて紐を通して「地味な作業ー」なんて思いながら...
昨日は友達が遊びに来たのでお土産に入れました。
今週クリスマスツリーを森から切ってきてツリーに飾ります。
[PR]
by Kippis_Y | 2008-12-15 17:49 | ちょっとお知らせ/info
フィンランドのコーヒー
d0090294_21462016.jpg
どうやら冬になると私のコーヒーの飲料量が増えてきます。
でも今は控え目に控え目にとしている最中ですが。
↑のコーヒーは私の中でお気に入りの1つです。
まーパッケージが可愛い事も理由の1つなんですけど
味がシッカリしていてコクと深みがあって美味しいんです。
そしてお値段はコーヒーの中でも少し高めです。
でもまぁフェアトレードだしっと思って購入しています。
d0090294_20114427.jpg
数あるコーヒーの種類の中でReiluに続いてpresidenttiも好きです。
中でもダーク(tumma)が美味しい。義理のお母さんはこのコーヒーがお好みの様。
↑でも書きましたがこちらのコーヒーは全体的に濃くて深みが強い感じがしますねぇ。
あっ、コーヒーで思い出したけどコーヒー好きな旦那様のおじいちゃん。数ヶ月前に引越しをしたそうです。手伝いに行った義理のお母さんはビックリー以前書いた戸棚にコーヒーのストックに続いて戸棚の中から何キロもの砂糖&塩が見つかったそうです。ボケではないのでご心配なく~。
話を聞いて何だかおじいちゃんらしい行動だなぁと思いましたっけ。
d0090294_2124229.jpg
数週間前の朝にショックな事が起きました。
形も好きで使い勝手も良かったkalitaのコーヒーサーバー500ccが不注意で割れてしまった。
なかなか似た様なのがこちらで売っていなくて結局、蚤の市で見つけたコチラ↑で代用です。
イギリス製なのでコーヒー用ではなくて紅茶用なのかな?形やデザインは好きなんですけど
目盛りが書いていないので作りにくいんです。目安になる物を隣に置いて量っています...
先日の命名式には義理のお母さんは根気良くマニュアル式にこのサーバーと格闘していました。
マニュアル式に作る方が美味しく感じて好きですけど大人数の時は自動の方が楽ですね...
[PR]
by Kippis_Y | 2008-12-12 21:42 | 雑貨・インテリア/Interior | Comments(14)