カテゴリ:村の生活/village life( 217 )
編み物上手 キルスティおばさん
d0090294_0462182.jpg
靴下編みが得意なラーヌヤルビ村のキルスティおばさん。彼女は定年になるまで隣村の小学校で家庭科を教えていました。彼女の旦那さんは元ラーヌヤルビの校長先生。現在は我が家より数分離れた湖沿いに暮らしていますが、一昔前は、我が家の今の住まい(1階)に住んでいたのです。12人の子供の母。お孫さんも沢山いるので靴下の他、手袋やセーターなんかも器用にスイスイと編んでしまいます。私が彼女に会いに行った日も編み物をしていましたよ。
d0090294_0465582.jpg
普段はミトンは編まないそうですけど阪急 北欧クリスマスマーケットのためにミトン編みを引き受けてくださったのです。1ヶ月間で30ペアも完成!1日1ペア編んでいたそうです。凄いスピード!長い事、編み物経験があるので編み方も均一でサイズもバッチリです。同じ柄でも色の組み合わせが違うと雰囲気も随分変わりますね。フィンランドではミトンは凄く人気で、しかも手編みが多いのです。一見使いにくそうに感じますが中に5本指の手袋をして2重効果で温める事も出きるし、ミトンのみで使っても袋状になっているので暖かいのですよ。
[PR]
by Kippis_Y | 2015-11-16 06:21 | 村の生活/village life | Comments(12)
ラーヌヤルビの色 草木染の毛糸
d0090294_22455549.jpg
自然の色を見てうっとりさせられながら何を編もうか思いを膨らませて…阪急さんの北欧クリスマスマーケット用のためNordic gardenさんより受注を受けた草木染。納入分、ようやく完成しました。
d0090294_22462928.jpg
今年の夏-秋はラーヌヤルビの村で夏に採取した植物を使って日々、草木染をしていました。秋の日差しが綺麗だったので森で撮影をしてみました。写真の他にも西洋桜&ブルーベリーを混ぜて染めた青い毛糸もあります。
d0090294_22465993.jpg
ほとんどはウール100%、ウールでも毛糸によっては少々ゴワゴワしているのは鍋式や、レッグウォーマー、2枚重ね用のミトン向け。直接肌に面しても気持ちが良い柔らかいウールもあります。ウール100%よりも摩擦に強いウール75%&ポリエステル25%は靴下向きです。このタイプはフィンランドで人気の配合です。でも私は穴があきやすくてもウール100%の靴下が好きです。履き慣れてしまうと25%のポリエステルを敏感に感じてしまうのです。子供や赤ちゃんの肌に優しいメリノウールやアルパカの毛糸もあります。大体大人用の靴下は大体100gの毛糸が必要になります。
もう少ししたら今年も靴下編みが出きるかな?!
[PR]
by Kippis_Y | 2015-11-09 23:10 | 村の生活/village life | Comments(10)
トナカイ村 ラーヌヤルビならではの秋の日
d0090294_1522490.jpg
今日は幼稚園はプチ旅行。と言っても行き先はラーヌヤルビの大きな湖の反対側の森の奥。今日はトナカイの追い込みがあるのです。それを見学しに行くそう。トナカイは野生動物に思われがちですが、ちゃんと管理者がいて普段は森でのびのびと暮らしています。予防接種や持ち主がわかるように子供のトナカイの耳に切り込みを入れたり、食用になるトナカイと分ける作業が春と秋に必要なようです。広い範囲で行動している沢山のトナカイを集めるのは1回だけでは不可能なので、この時期が来るとトナカイ所有者は大忙し。家族ぐるみで森へ出かけます。なので今日は、ことりのクラスの殆どの生徒は森へ出かけています。彼女のクラスは彼女ともう1人の、たった2人!それでも普通に授業はあります。面白いね。

さて、ちょっとだけ夫A-Jがコーディネーターとして仕事をさせて頂きました。ラーヌヤルビの湖近くや森でも撮影がありました。取材中は偶然にも凄くよい出会いがあったそう。映されるかな~ラーヌヤルビの村も出るかな~ 明日10月17日放送の「世界不思議発見」ご覧になって下さい!
[PR]
by Kippis_Y | 2015-10-16 15:36 | 村の生活/village life | Comments(8)
Good bye my kitchen garden...
d0090294_333815.jpg
「ジャガイモ掘り?硬くて掘れないだろ、そんなの旦那にやらせなさい。」と近所のヨルマじいさん。「越冬する植物を移動しないと。来週、重機がここを掘りに来るのよね...」と自治体の男性に聞く私。「そうだよ、そこ全部掘るから。」関わりたくないといった素振りで探知機のような機械をピピピピーとさせている係りの人。霜が降りて硬くなった地面を悔しさと怒りを交えながらショベルで掘った今朝。来週、小学校が秋休みに入るのと同時に、我が家の雑草畑の真横に廃水処理設置をするそう。なので我が家の雑草畑の下、真横の小学校の校庭も深く掘るそうです。この報告通知が来た時は「住人の許可」が必要とあったけど、そんなのあって無いようなもので…土おこしから始めて5回目の夏を越した畑と言ったもの「初夏の時に下見に来た時は何も植わってなかったから。」そう自治体の人に言われたのです。そんなはずはないんですよ。その時期でもちゃんと出てきている植物があるんですから。何を言っても賃貸の者としては力がなく、こうして土を掘って移植となったのです。工事が終わって、また土を戻してくれたら再度植えかえられるかな…
[PR]
by Kippis_Y | 2015-10-15 04:04 | 村の生活/village life | Comments(6)
ラーヌヤルビ村 オーロラが見やすい時期
d0090294_45218.jpg
「ちょっと外に来て」と、A-Jに呼ばれ、さっき21時過ぎに玄関先に出ました。オーロラです!3日連続で出ています。空気がピリピリとクリスピーな9・10月の時期は快晴な日も多くオーロラが現れる事が多いのです。特に霜がおりだす頃は良いサインです。犬の散歩に行く時にみた、サウナから出てきたら見えた、寝る前に窓をみたらオーロラ。こんな感じに身近に村では見られます。大きなのを見ると、やっぱり嬉しいので携帯で友人にメッセージを送信受信したりなんかもします。オーロラの写真を撮るのが好きな方はネットでオーロラアラームを設定する方もいますが、私は毎回、横着をして三脚は出さない&カメラの設定もマメにしないので良い写真が撮れませんが… 上の写真はハロウィーン用の写真ではないですよ~!オーロラは何よりもファインダー越しよりも肉眼で見るのがお勧めです!今夜のオーロラは空一面に広がる大きなものでした。
[PR]
by Kippis_Y | 2015-10-08 04:16 | 村の生活/village life | Comments(12)
今年の編み物は草木染の毛糸で
d0090294_23215871.jpg
今年は毛糸で何を編もうかな~。秋になって少し寒くなったので夜寝る前にでも少しでもしたい編み物。きっと今年も靴下やネックウォーマーかな。
d0090294_23223265.jpg
もう随分前になってしまうけど夏に草木染をしました。玉ねぎの皮や、イラクサ。子供達と集めた松ぼっくりや、カルーナ。大人の靴下1足分100gの毛糸が必要ですが、それに必要な植物1kg。結構な量が必要なのです。煮るのに1-2時間、冷ましたり、温度を上げたり、一晩寝かせたりと時間がかかります。その分、完成が楽しみです。でも、これで終わりなのではなく草木染の毛糸を使って編み物をするのも贅沢な時間。自然のものから自然な色。とっても綺麗な色合いです。雪が振る前に植物を集め今度はメリノウールの毛糸で草木染です。とっても楽しみ~。
[PR]
by Kippis_Y | 2015-09-23 23:42 | 村の生活/village life | Comments(8)
ラーヌヤルビの小学校 半日体験
d0090294_21115010.jpg
先日ホームステイに来ました3世代の家族の皆さん一緒に我が家の真横にある小学校訪問をしました。プリスクールの6歳児を含め6-8歳のクラスは7人。先生が2人います。8歳のRちゃんの日本の学校風景の写真を見せながらお話しをし、その後に授業見学。

小さな小学校なので縦割り式です。日本の様に授業参観という行事がないので私も今回の訪問が興味津々でした。まずプリスクールの子は隣の部屋で先生と色ぬりや工作。もう1人の先生は「2年生、○○ページのアルファベット書きをして下さい。」と指示を出した後に1年生の子達へレッスンを進めます。この日は教科書に出てくる登場人物の名前をあげていくというものでした。そのうちに2年生への子達へ新たな課題を出していました。同時進行です。とっても興味がありました。

本当は1科目目で帰るつもりでしたが、休み時間後に再びお邪魔する事になりました。「くす玉作り」をしました。家族の皆さんが率先して1人1枚の折り紙を折って最後にRちゃんのお母さんが組み立てていきます。くす玉は教室にちゃんと吊るしてあります。静かに作っていた子達、折り紙をあげるとやっぱり大人気だったようです。作り方が分かるように家族で説明ボードを作り学校へプレゼント。本当にチームワークの良い家族です!Rちゃんは人懐こく勇気もあって村の子供達とも仲良くなるのが早い。柔軟な年頃、1週間も小学校へ通ったらフィンランド語も飲み込みが早いのでは?私も貴重な体験をさせて頂きました。ありがとうございます!
[PR]
by Kippis_Y | 2015-08-26 21:37 | 村の生活/village life | Comments(6)
フィンランドのハイキング 森・丘には…
d0090294_2181863.jpg
8月半ばに家族でハイキングへ行きました。ラーヌヤルビの家から車で15分程離れた所にハイキングコースがあります。「もうちょっと行こう。もし嫌だったら引き返して来よう。」大体A-Jがそう言う時は引き返す事はなく最後まで貫き通します。結局3時間くらい歩きゴールしました。とにかく頂上から見た景色はとっても気持ちが良かった!
d0090294_218373.jpg
靴が隠れる位のブルーベリーブッシュの中を歩きぬけたと思ったら目の前に出てきたのは岩肌の道。乾燥した岩肌にも植物が咲いています。自然の作りだす色は本当に綺麗で絶妙なバランスの色。
d0090294_2192277.jpg
この森は、とっても古い森だそうで大きな木々が、あちこちにありました。そんな中、目を疑ってしまった木。丸で雪が積もったかの様な木。この「もずく」のような植物はnaavaと言って空気が綺麗な土地の木にあります。トナカイの薬草にもなるそうです。
d0090294_2111406.jpg
誰も歩いていない静かな森の中。そんな中を進んでいくと建物が見えてきました。フィンランドの森の中には、こうして誰でも無料で火をおこしBBQが出来るようになっています。ハイキング中にソーセージを焼いたりコーヒーを温めて暖をとれるのです。薪小屋にはちゃんと沢山の薪が確保されています。小屋もあるので寝泊りも出来ます。電気は通っていないので本当の自然の中の暮らし体験が出来ますよね。使う人のマナーも良いので現在でもこうして使われているのでしょう。
d0090294_21102915.jpg
とにかく、この丘にも、そこらじゅうにブルーベリーがあります。摘みながら下っていきます。平地に出たかと思ったら今度は大量の石ころの景色が広がってきました。この石の上を歩くのもコースの1つです。この丘には夫々違った景色が見られ魅力的なハイキングコースでした。全部で3-4キロはあったでしょうか。アップダウンもあったので時間はかかったけど子供達もよく歩きましたよ!家族での行き当たりバッタリ冒険なかなか楽しかったです。
[PR]
by Kippis_Y | 2015-08-20 21:40 | 村の生活/village life | Comments(10)
長い夏休み終了。学校・幼稚園・保育園がスタート。
d0090294_4324641.jpg
フィンランド、ラーヌヤルビの村の小学校は8月12日から新学期。ことりは1年生になりました。日本のような晴れやかな入学式もないのですが、長い夏休みを終えクラスメイトや先生との再会が嬉しそうでした。もうすぐ5歳になる、あんじんも幼稚園が開始。唯一、年の近いマルクスはプリスクールに通う事になったので、幼稚園/保育園では年長さんの、あんじん。他3人のお友達は皆女の子。今日は面倒みの良いお兄ちゃんぶりだったそう。明日は、こゆきが保育園デビュー。大好きな、お兄ちゃん・あんじんが一緒なので大丈夫でしょう。
[PR]
by Kippis_Y | 2015-08-13 04:39 | 村の生活/village life | Comments(6)
6歳の夏の終わりに… 勇気をもらった私
d0090294_2221111.jpg
8月4日 長女・ことり ピアスの穴開けました。

彼女はお喋りで頑固。その反面、慎重派・心配性でもあります。そして、この年頃ならではの、おませちゃん。以前、私のピアスを見て「穴を開けた時は痛かった?」と聞いてきました。「痛かったけど覚えていないな~開けたい?」と聞いたら「嫌!絶対嫌、痛いんだもん」そう言っていたのです。この子は一生開けない覚悟なんじゃないか、と思う程拒否をしていたのに、1週間程前に「ピアスの穴を開けたい。大きい女の子の証拠。」なんて言い出したのです。言い出したら決意は固まっていたので先日、ロバニエミのジュエリー屋さんへ行ってきました。念のためピアッサーも再度消毒してもらって両耳に1つづつ。私もピアスはしていますけど、娘が穴を開けてもらうとなると私の方が緊張。ことりは泣く事もなくアッサリと終了!両耳で17ユーロ程。

ことりの勇気に刈られ、その日に思いつきで美容院へ行き私も髪を30cm程カットしボブカットに。どうしようもない髪だったのでスッキリして身軽になりました。
[PR]
by Kippis_Y | 2015-08-06 22:40 | 村の生活/village life | Comments(4)