カテゴリ:村の生活/village life( 216 )
フィンランドにも夏は来ますよ
d0090294_3484911.jpg
今月7日から3日間、凄く暑い日でした。ラーヌヤルビの村も32度近くありました。どうしても暑いので水を求めて車で10分程の湖に行きました。ここは広くて綺麗なビーチがあるのでサンダルは不必要。裸足が凄く気持ちが良かった。泳ぐつもりで行ったのに大きい湖なので水がまだ冷たくて断念。でも水溜りの様な小さな所は暖かかたので娘・ことりは水遊び。息子・あんじんは初めての砂を掴んでははなしての繰り返し。もう少し居たかったけど風が止んだ瞬間にmäkäräinen:マカライネンという小さなハエの様な見かけの血を吸う虫が大群で襲ってきたので撤退しました。

d0090294_49972.jpg



毎年、夏になると過去の事なんて何事もなかったかの様に花や植物を買ってしまう。いつも枯らしては「もう買わない」とか言うのにね・笑。家の外観が白なので何か色が欲しいのと、やっぱり植物の変化を見るのは嬉しいもの。それにゴミ場所から可愛いエマールの大きなお鍋やブリキのバケツを持ち帰って来たので植木鉢変わりに使わないと、もったいない!(ちなみに黄色のプラスチックのバケツもゴミ場所から)
d0090294_5322625.jpg
この間はガラクタ場所に行って↑こんなのを持ち帰って来ました。ガラクタ山はお宝がいっぱい。一見「ゴミ」と思うようでも色々なパーツはあるしデコレーションにはもちろん、パーツを変えたり足したりしたら現役でも使えそうなものがゴロゴロ。ちょうど外にBBQの場所を作る予定なので嬉しいお宝。ちなみに↓の椅子もガラクタ場所からです。何だかゴミ探し情報になってしまいましたが、、、植物元気に育っています。
d0090294_5291084.jpg
d0090294_5262536.jpg

[PR]
by Kippis_Y | 2011-06-15 05:46 | 村の生活/village life | Comments(24)
フィンランドの山菜??
d0090294_3455241.jpg
「これ、食べられるのよ、食べてごらん」っと庭先に生えている植物をポリポリ。ほんとだ、ほんとだ、食べられる。そして翌日、畑の敷地を見てみたら沢山はえている、この植物。名前聞いたけど忘れてしまった…アスパラみたいに地面から生えていて背丈は頭をちょこんと出しているのから15センチくらいなものも。生でも食べられるけどサッと塩湯でしてディップしながら食べました。少し苦味はあるのも何だか「こごみ」みたいな味で美味しい!これは嬉しい発見。こごみを食べる時のディッピングソースは毎回決まってマヨネーズ+はちみつ+味噌を混ぜたソースと一緒。これ本当に美味しいです。
追記:färgerさんの情報で↑maitohorsmaと分かりました。

d0090294_3523884.jpg
我が家の畑ですがチャイブと苺の苗が元気に育っています。種から植えたのは花や人参、レタス、ラディッシュ、はつか大根。毎日、成長を見に行くのが楽しみです。人参の種は乾くと育たないので小さく切った藁をかけてあります。この藁、学校の敷地内にボンッと束で置いてあって勝手に使って良いそうなので1束貰って来ました。



4年以上前に日本で買った、はつか大根の種。古くてダメかな~っと思ったら可愛い芽が元気に出始めました。





10日前程はまだ顔を出していただけのルバーブもこうやって見ると、あ~ルバーブって分かる形よね。株数も増えて急成長中。畑を始めてから天気に敏感になった、と言うか「雨は恵みの雨」まさにピッタリだなぁ~。
[PR]
by Kippis_Y | 2011-05-31 04:44 | 村の生活/village life | Comments(22)
私の好きなフィンランド
d0090294_22333067.jpg
5月中旬から旦那様が約3週間、仕事で家に居ません。その間、大学の友達が遊びに来てくれたりロバニエミの友達が泊まりに来てくれました。先週末泊まりに来た友達が我家へ着いて早々、近所のトンミに誘われて彼のボートに乗って魚を取りに行きました。彼は近くの湖に罠をかけて定期的に魚を引き上げに行きます。大量に取れるので、いつもバケツいっぱいに分けてもらっているのです。ところが今回は残念な結果に…どうやら罠のある目印となっている浮きが誰かのボートのモーターに絡まって切れて行方不明。結果、魚は取れず罠だけ湖の底に…もう1つの罠にはわずか数匹。何も捕獲出来なかったけど、とっても気持ちが良かった。ボートに塗られたタールの香りも良くて。
d0090294_2220855.jpg
d0090294_2223191.jpg
ボートに乗ると普段の目線からは見られない光景に加えチャプチャプと水の音も聞こえてきて不思議な感覚。夜なのに日は落ちてなくて時間の感覚も忘れちゃう。岸辺には若葉を付けた白樺、それから田舎ならではの大きくて古い建物。こういう時間や風景を感じると「富んでいる」そう感じます。
写真は友達のカメラを借りて撮影。
[PR]
by Kippis_Y | 2011-05-31 03:32 | 村の生活/village life | Comments(2)
サンタさんが来た
d0090294_5175781.jpgラーヌヤルビの村にはサンタさんがいます・笑。4月のある日、ロバニエミへ出かけて帰ってきたら家のドアの前に家具が置かれていました。実はこの家具、学校の入り口にあるゴミ捨て場にあったのを出かける前に目撃したのです。とっても惹かれるレトロな感じだったので。でも一体誰が??その日の晩に近所のヘリから電話がありました。「素敵だったので運んでおいたよ」と。面白い!ある日は朝、ドアを開けたらハギレ布の入った袋が2つ置いてありました。一体誰?これは未だに謎。

d0090294_51010100.jpg天気の良い日、外に出してゴミを掃ってヤスリでサンドして茶色の部分にニス塗り&白い部分に更に白くペイントしなおしました。ニスを2度塗りしたので実際の色よりも濃くなったけど白とのコントラストが気に入っています。実は後ろの板に穴があるんですけど壁に面していて見えないし、後ほど直そうかと。それにしてもゴミ場所からのものがこんな風になって凄いわ~。ゴミあさり?拾い?これ村の人は良くしています。丁度、家の窓から丸見えなんですよ。はじめは驚いたけど、そんな私も実はゴミあさり・拾いするようになりました・笑。と言うか、こんな良いものを捨てるの~と言うものが多くて、これまでにCDラジカセ・古いpotkuri(冬の乗り物)・陶器・古いバケツ等々。他にも何かのクラフト材料になりそうなものもゴロゴロしています。今日は誰かが水槽を捨てて行きました。面白いですよ、ゴミ場所。

壁に掛かっているラーヌはフィンランドの伝統的な織物の1つです。(こればゴミ場所からではないのでお注意を!)縦糸が見えないようになっていて表も裏も同じ模様。ウールの糸で織られているので温かみのある感じです。ラーヌは、こうして壁に掛けられていたりロッキングチェアーの椅子の上に掛けるように置かれて、その上にじかに座ったり、ベッドカバーにもなっているようです。目が覚めそうな派手めな色も特徴ですね。
[PR]
by Kippis_Y | 2011-05-22 05:54 | 村の生活/village life | Comments(8)
外での"プロジェクト" 畑つくり
d0090294_3382266.jpg
雪が溶けて茶色になった草や葉っぱが出てきたので天気の良い日に外の掃除をしました。この葉っぱを掻き集める道具は、もう古くなっていて何本か先が取れてしまっているけど、なかなか良い仕事をしてくれました。翌日も枯葉集めをしていたら近所のヨルマじぃちゃんが道具を貸してくれました。やっぱりちゃんと歯がある方が集めやすいんだね。
d0090294_339496.jpg


「いつか、自分達の畑で野菜や花を育てたい」そんな思いがありました。北海道に住んでいた時は花壇を作ってトマトやハーブ、花を楽しみました。自分達で育てたトマトは格別に美味しかったのを覚えています。運良く今住んでいる所の建物の横&裏に大きな敷地があります。この草畑、ずーっと前に、じゃが芋を植えている人がいたそう。でももう10年以上も前だし手を入れるまえは、ごらんの通りの草だらけ。天気も良く枯葉集めに勢いが乗ったので草畑にちょっとした畑を作りました。敷地内に生えていた枯れた草を掻き集めてシャベルで土を掘り起こして、根っこだらけなので引き抜いて石をどかして…きっと酸性の多い土だと思うので石灰も混ぜました。ミミズは発見できなかったけど土を掘っていたら冬眠中の様な幼虫を発見しました。どうか肥えた土になりますように。畑の肥料用にコンポストも作る予定。畑の横は子供がボールで遊べるような場所を作ったり住まい裏は森も近いのでハンモックをかけたり椅子を置いてバーベキューやスモークフィッシュが作れる場所を作ろうと計画中です。
d0090294_349205.jpg
草畑の面積は広いけど畑は1m×2mの"箱"が2つ、と小振り。箱の反対側には、じゃが芋を植える予定。今年はお試しで作って調子が良かったら来年は拡大していきます。写真を撮った数日後に近所のリーッカから貰ったコネギの苗と苺、人参の種や花の種も植えました。もう少し暖かくなったら室内で育てているトマトやピクルス用のきゅうりの苗も植えます。美味しい収穫が出来ると良いな。
d0090294_3544280.jpg
家の裏にはカシスやラズベリーもあって探索していたら嬉しい事にルバーブが顔を出していました。日に日に育っているようで買った種を植えなくてもよさそう。古い家のある所には必ずと言って良いほどルバーブが生えているんだよ、っと近所の人が言っていました。今年はこのルバーブで美味しいパイやジャム、ジュースが出来ると良いな。
[PR]
by Kippis_Y | 2011-05-19 04:51 | 村の生活/village life | Comments(12)
村の便利グッズ potkuri
d0090294_447175.jpg
冬の移動手段の1つpotkuri。セールで安くなっていたので赤と青2台購入しました。片方の足を黒い部分に乗せて、もう片方の足でキックしながら進みます。娘、ことりが前に座っても落ちないように使わなくなったチャイルドシートのベルトを付け外し出来るようにしています。息子、あんじんはチャイルドシートを椅子の上に乗せると丁度チャイルドシートの持ち手とpotkuriのハンドルが上手い具合に握れます。そんな風にデザインされているわけではないので真似はしないで下さいね。
d0090294_3525985.jpg
フィンランドではpotkuriは、おばぁちゃんが買い物に行く際に使ったり、子供用もあるので通学用にも使われています。写真のはノーマルのブレードですけど雪にも強いブレードも別途に購入して付ける事も出来るんです。通学と言えば、村の学校にはpotkuriで来る子はもちろん、他にも通学用のタクシーや、お父さんがスノーモービルで送り迎えしたり、中には馬で送り迎えされている子もいるんですよ。面白いね。
[PR]
by Kippis_Y | 2011-03-27 04:49 | 村の生活/village life