カテゴリ:フィンランド色々/Finland( 89 )
素敵なおもてなし
d0090294_4215776.jpg
先週の日曜日、ロバニエミから車で20分ほどの小さな町に行って来ました。地元の新聞に「ハンディクラフト」らしき小さな情報が載っていたので。記事の内容から想像して羊毛作品が売られているのかなっと。その日は天気も良く「春が来た、もうすぐキラキラした夏が来るんだ~」とドライブも快適でした。あまり混んでいない小さな会場の駐車場へ着くと、赤い可愛らしい建物の中から小柄なおばさんが出てきました。さすが田舎、温かい歓迎&昔から知っている様な不思議な感じ。

中に入ったら温もりのある木のテーブルや暖炉、それから8人くらいの年配の方々が、これまた温かく出迎えてくれました。


d0090294_422118.jpg1人の女性がコーヒーを用意してくれました。「このコーヒーはね、この窓から見える畑から収穫された麦なの。昔ながらの手動式の道具で私が煎って挽いたのよ」これには驚き。コーヒーの色・見た目も、まさにコーヒーだったので。写真のは煎る前・煎った後・挽いた後。それぞれ香りが全然違うんです。味の方は麦だけあって麦茶に似ていました。でも日本の麦茶よりも濃く・深みがあって濃厚な感じ。お茶ではなくて、そうコーヒーなんです。おかわりまで頂いてしまった。それから畑から取れた小麦粉を使った手作りのkampanisu:カンパニス(スコーンに似たラップランド地方(北フィンランド)のお菓子)も御馳走になりました。

d0090294_55638.jpg

こじんまりとアットホームな会場の天井からはフィンランドの伝統工芸品のhimmeli:ヒンメリが飾ってありました。これも畑から取れた麦で作られたそう。ここまで麦を無駄なく大事に使う事には感心。それにベンチのカバーも、レトロな柄のパッチワークだったり、毛糸で編まれた大きな猫がいたり。きっと女性達が作ったんじゃないかな。あの空間やライフスタイルは私が将来、求めている生活に近いとこがあるので居心地が良かった。

d0090294_502293.jpg
そして1人の女性はカタカタと羊毛を紡いで糸を作っていました。
おばさん方の間で娘が大変人気があって写真を撮られたり旦那様なんて、インタビューなんか受けちゃったりして。帰り際に「思い出に、これを娘さんに」と言われ、ホワホワ温かそうなルームソックスを頂きました。玉葱とベリーを使って手染めした何とも綺麗な緑色。作品に値段が無かったので展示か販売か謎でしたけど、凄くアットホームなおもてなしでした。女性達は冬の間、週1回集まって編み物をしたりクラフトをしているそう。「次の冬にルームソックスを履いて娘とまた来るからね」と約束をして家路に着きました。
[PR]
by Kippis_Y | 2010-04-30 03:46 | フィンランド色々/Finland | Comments(18)
お金では買えない時間
d0090294_3551371.jpg
約1ヶ月前から通い出した移民向けクラブ、今日が最終日でした。出来る事なら続けたいけど月曜日からは週5日の語学学校が始まるので仕方なくお終い。終了証明書を貰って帰って来ました。クラフトのクラブでは「K先生の部屋が殺風景なので何か作って欲しい」と依頼されて担当したシルクスクリーン。作業の遅い私は合計1時間半×3回のレッスンでプランからプリント・仕上げまでするのに無理があったので絵はカレワラ物語の本からです。基本的にクラフトのクラブでは自分用に使える物を作るのですが私の場合は例外で提供する側でした。始めは少々ガッカリーと思っていたけど出来上がった作品を手にしたクラフトの先生やK先生が喜んでくれて他の先生まで見に来ていました。私のオリジナルの絵ではないのが心残りで納得がいかないけど先生達は、そんなの気にもせず想像以上に感激していたので「私は一体何をした?」と照れくさくなってしまいました。クラフトの先生は私が必死こいてカットした(これがまた細かい作業どころなんです)テンプレートも欲しいそうなので来週に届ける事にしました。こんなに喜んでもらえるなんて誰かのために作る喜びを得た感じです。麻布にプリントしてA4サイズの木の板にしっかり伸ばして止めているので壁掛けに出来ます。

d0090294_3571771.jpg今日のベーキングクラブでは林檎ケーキとココア味のオートミールクッキーを焼きました。どちらも美味しかった!毎回レシピを貰えるので家でも作ってみよう。毎度、沢山焼くのでスタッフも招いて一緒に食べたりクラスへ運んだりしました。これがまた楽しくてね。お昼に終了して休憩後に会話のクラブ、ここで毎回大笑いするので帰宅するといつもお腹が減っていました。どれも楽しくて貴重な一時だったなー。
[PR]
by Kippis_Y | 2010-03-13 04:40 | フィンランド色々/Finland
まだまだ寒い!
d0090294_435649.jpg
ロバニエミ、日中の時間が長くなってきました。リビングのソファーに座ると日中は窓から綺麗な色の空が見えて夕方になるとオレンジの夕日が眩しいほど。「もう春になったんだー。」そう思って外へ出ると危・険。まだまだ雪は減らないし朝の気温なんて-30度。数日前までは日中でも-20度代でした。今日は-15度だったけど風があって体感温度はきっと凄く下回てたんだろうな。そんな日でもジョギングしてたり自転車に乗っちゃう逞しい人もよく見かけます。

さて、先週から週3日通い出した移民向けのクラブ。クラフトのクラブは定員10人位かな、古布からスリッパを作る人・編み物をする人・クッションカバーを作る人・私は先生の部屋に飾るシルクスクリーンプリントをしてます。フィンランド語会話のクラブは倍ほどの人数で、ゲームをしたり小グループで問題を解いたり。ベーキングのクラブではキッチンの広さの関係で店員は4人。どのクラブも先生はフィンランド語が上手なロシア人の女性です。先週はマーマレード入りの菓子パンpullaを焼きました。先生は小さい頃にお父さんからベーキングを習ったらしく大量なアメーバみたいな生地の扱いも慣れた手つきでした。生地は先生が予め用意してくれて4人で成形。先生合わせて5人なのに凄い量出来ました・笑。クラブの半分以上の時間は焼きながら、ひたすら食べる・お喋り。途中、ドアを叩いて来る人も招いてお茶会でした。これ毎週続いたら危険よね・笑。お茶の最中、1人のロシア語を話す女性が私の名前の意味を聞いてきました。答えたらビックリ!彼女も全く私と同じ意味。へ~こんな事ってあるんだ~っとお茶が進んだ日でした。クラフトも好きだけど熱中して無口になってしまうので会話やベーキングのクラブは特に楽しいです。多国籍・個性・年齢もバラバラ。でも異国の地での生活・フィンランド語を上達したいという点では皆、同じ立場。想像以上に楽しいです。
[PR]
by Kippis_Y | 2010-02-23 04:52 | フィンランド色々/Finland
文化の違い
d0090294_5282690.jpg嵐が来るらしく外の風が強いロバニエミです。

フィンランドへ来て感心させられたのが←コチラ。
さてこの中身は一体何でしょう?
①植物
②サーモン
③キャンディー

正解は①植物が入っています。花屋さんで花はもちろん植物を買うと紙でグルグルっと包んで上を紐で縛って手でブラ~っと持てるようにしてくれます。こうすると寒さや風からも守られて持ち運びが便利です。ただ「プレゼント用です」と言っても日本の様に派手な包み・リボンをする事もなく「自宅用と何が違うんだい?」てな感じだけど・笑。ちなみに写真のはクリスマス用。でも賢さは十分!

ラッピングと言えば日本の包装のビジュアル・技術・その他諸々フィンランドでも喜ばれます。世界に通用する高レベルですよね。
[PR]
by Kippis_Y | 2010-01-27 05:41 | フィンランド色々/Finland | Comments(14)
4th advent+クリスマスの豚
d0090294_1652767.jpg4回目のアドベントです。今年は時間が経つのが早く感じたわりにはプレゼントの決断が早かったです。でも旦那様のプレゼン路選びには困りましたね...何せ彼の欲しくない物がバッチリ私のリストの中に入ってたので。そーなったら私の脳みそは応用が利かなくなって悩みました。本人は長靴が欲しいらしいけど一緒に行って買うのもねぇ。まーこれは後日一緒に買いに行きます。諦めかけた頃にチン!と沸いてきました。1人で行ければ一番良いんですけど大きいのでバス移動は無理。なので車で待っててもらって買いに行きました。大き過ぎて袋に入らないので困ったなーと思ってお店の人に事情を話した結果ラッピングして持ち運び成功。でもこれで終わりじゃないのでラッピングをまた開けて細工です。義理のお母さんの所で過ごすクリスマス、このプレゼントは帰ってきてからのお楽しみになります。あー私が楽しみ!

d0090294_16191234.jpg


クリスマスの本をめくっていたら、こんな面白い写真が載っていました。この本、昔ながらのレシピで量も多ければ飾りも大胆で面白い。だってね、この豚、笑ってますよー。フィンランドではクリスマスのメインは豚のハム。フィンランド北、ラップランド地方ではトナカイの肉を食べる家庭もあります。
d0090294_16212451.jpg
d0090294_16225229.jpg
豚のハム作りは結構時間がかかるんですけど家庭で焼くのは美味しいです。お店の肉売り場にはドデーンと豚肉が転がっています。(↑これは去年の現場、凄い事になってたので写真に撮っておきました)しかも半端じゃない大きさで笑っちゃう。「こんな大きな豚肉、どうやってオーブンで焼くの?それ以前にオーブンに入るの?業務用オーブンじゃなきゃ入らないんじゃ~ん」と毎回思います。家はいつも大人3人で祝うクリスマスなので小さめの5キロが標準です。今年は一体、何キロかな?
[PR]
by Kippis_Y | 2009-12-20 16:52 | フィンランド色々/Finland
冬の魅力
d0090294_4483016.jpgこの間、生地を仕込んだジンジャークッキーを焼きました。今年はいつもの半分で作ってみたけど、今年のは去年よりもパリパリと美味しく出来たので欲が出て「私の姉にも送りたい」なんて思って、もう半分500gを今朝仕込んでおきました。結構パリパリしてるので梱包をしっかりしてEMSで送ったら湿気ずにすむかな?

今年は南でクリスマスを過ごすので生木のクリスマスツリーはありません。家の中に置いたら娘が引っ張って木ごと食べちゃいそうだしね。なので飾り用のは作りませんでした。でーも追加して作るとこが私らしい。何ていうのかな調子が良かったら飽きるまで作っちゃうタイプ。1月に日本から友達も泊まりに来るしね。食べてもらいたい。余った分は今年2月の後悔した例のお菓子にでも使えるし。アイスクリームに入れても美味しいしケーキの土台にも出来るしね。わっジンジャークッキー凄いでないの!

d0090294_546194.jpg今週始め辺りからフィンランド中で冷え込んでいるようです。ロバニエミは日中でも-20や-22度です。フィンランドの家の多くは暖かい室内から外の温度が分かるように窓の外に温度計が付いているのですがチェックが楽しいです。寒いので外に出たくないというよりも、ここまで冷え込むと景色も綺麗だし外に出るのが楽しいです。例えば寒くないように着込んで外に出た時「今日は私の勝ちね」っと変な誇らし感を持ってみたり。今日は靴下2枚履き・タイツ2枚+ジーンズ・服4枚にジャケット・耳が隠れる帽子にマフラー・手袋2枚。-7度の時と比べると出てる部分、特に鼻の先が寒いです。あんまり長くいると痛くなってきます。マフラーで隠せば大丈夫だけど眼鏡がくもるので冬はコンタクトの方がよさそうかな。そう言えば今日は面白い事がありました。ベビーカーの荷台に手紙を乗せて近くの郵便ポストまで行ったら手紙が出せない...荷台に手紙が張り付いて離れませんでした。また明日出直そうかなと思いながら買い物をしてたら霜が溶けて無事送れました。北海道のPさん、手紙の裏が穴が開きそうですが無事に着きますように!
d0090294_520165.jpg
それから出かけようとした旦那様の愛車が動かなくなってしまって駐車場で押してみたんですけどスピードに勢いがなくて動きませんでした。近所の人に助けを求めに行こうか?っと思った矢先に運良くゴミ収集車のおじさんが来て引っ張ってもらいました。その後は新しいバッテリーを買いに行って今は元気になりました。でもこう寒いとエンジンかける時に結構ガソリンを使うらしいですね。
d0090294_5201958.jpg
確かに暗くて寒くて長いラップランド地方の冬。でもそんなには悪くないんですよ。厳しい中にいるからこそ朝焼けや夕焼けが凄く魅力的です。自然にはやっぱり勝てないね。
[PR]
by Kippis_Y | 2009-12-17 05:59 | フィンランド色々/Finland | Comments(12)
ロバニエミの町の様子
d0090294_3163496.jpg


私の中ではまだ11月だったのにもう12月に入っていたのでビックリ。スケジュールを見ていて「私は違う週を見ているんじゃないか」と目を疑ってしましたよー。

ロバニエミの中心街sampokeskus(Lordin aukio)では毎年恒例の大きなツリーそれから巨大な雪だるまが出てきます。この写真を撮った11月の下旬の日は雨が降っていたので雪だるまの口が「ハニカミ笑顔」になってましたっけ。小さいながらもクリスマスマーケットも出ています。観光客向けでちょっと高いんですけどね...今年は友達の友達がスープを売っているらしいので明日あたり行って見ようかな。
d0090294_3304012.jpg
今の時期はサンタクロースやオーロラを見に沢山の観光客がロバニエミを訪れています。小さな街中も観光客でいっぱい。「これぞロバニエミ!」そんな感じがして好きです。それからクリスマスツリーの向こう側から手前側に歩いてくると街灯がとても綺麗なんです。写真には写っていないけど川沿いに向けて下り坂になっているので光のラインが出来て素敵です。このライト、丁度良いトーンの赤や青など色が変わるので雰囲気も良いです。ヨーロッパの中で1番美しいライトとだそうです。そう聞くと「1番って本当?ヨーロッパは広いよーー」と疑っちゃうけど、でもこのデザインは関心です。オーロラが見られなかった観光客の皆さん、このライトを是非見て下さい、笑。
d0090294_3551547.jpg
先週、ロバニエミのサンタ村でクリスマスのオープニングセレモニーがありました。ここは夏でもサンタクロースに会えて飾りも年中クリスマス。冬は混雑しているので夏や秋しか行った事がなかったけど、やっぱり冬の時期に行くのは雰囲気たっぷり。ライトアップも綺麗でした。

上の写真の頃は雨・暖かい日が続いていたけど最近-5度だったり、それ以下だったり。ようやく雪も降ったので気持ちが良い気候です。そう、ロバニエミはこうじゃなくちゃ。雪の似合う町です。
[PR]
by Kippis_Y | 2009-12-05 05:15 | フィンランド色々/Finland
ヒッラマーケット
d0090294_5511480.jpg
フィンランドのラップランド地方のベリーhilla(lakka)クラウドベリーは今年は不作だそうです。
湿地帯に咲くこのベリー、赤いのはまだ未熟で熟してくると可愛いオレンジ色になります。
ブルーベリーと違って至る所に生えていないので摘む人は自分の秘密の場所があるそうです。
と言うのはヒッラを摘んで買い取ってもらう人もいるのです。今年バニエミの市場では1kg7ユーロで買い取られるらしいです。ロバニエミから約80kg離れたRanuaでは1kg11ユーロだそうです。
d0090294_5502139.jpg
今週末Ranuaの町でヒッラマーケットがあるというので土曜日に行って来ました。思った以上に人が沢山で天気もジリジリと暑くまさに夏日で良い日でした。やっぱり不作の年なのかヒッラの売店が少なかったです。それよりものマーケットと同様、地方からの売店が圧倒的に多かったです。マーケットでは材木運び・ファッションショー・ミスヒッラ...諸々とイベントもあったようですが私は食べ物に夢中でした・笑。おじさんに味見でもらったmuikku:ワカサギに似た魚のフライが美味しくってね~
d0090294_5504739.jpg
魚と言えばこんな魚釣りもある売店もありました。結構子供達に人気人気。
d0090294_551019.jpg
ラヌアの町にはこんな可愛いヒッラの絵がある薬局屋さんの看板もありました。
この町は動物園やJapanitalo:日本の家と言う面白そうな場所もあるんです。
こちらは晴れた日、夏のうちに行ければなぁと思います。
[PR]
by Kippis_Y | 2009-08-02 06:31 | フィンランド色々/Finland | Comments(14)
優れた場所
d0090294_348498.jpg
ロバニエミの最近の天気は晴れ・晴れ・晴れ・あっぱれ!!
「寒い」と思われがちな国ですが夏もちゃんとあるんです。
ちなみに6月はフィンランド語でkesäkuu(kesä=夏kuu=月)
最近は日中+27度や+30度の時もあってまさに夏!!

d0090294_3491727.jpg

こうも天気が良いと「今だっ」っと外に出かけてしばらく過ごす事が多いです。先日はカーペットを洗いに行きました。春から冬の間に汚れた溜まりに溜まった4枚のカーペット。嬉しくもない事に愛犬ロッタが「計算済みおしっこ」をしでかしたので早く洗いたくて待っていました。

フィンランドのクリーニング代金は高いんですよね...でも有難い事にフィンランドでは公共の場で無料カーペット場があって洗剤・たわしを持参すれば誰でも使用可能です。洗い場には木の板があって洗いながら水で流す簡単な作業。でも結構力も必要なのででちょっとした運動です。私は好きだけど。青空の下で洗うのできっと気分が良いのでしょうね。これが室内の薄暗い所で洗うのだったら気が引けるなー。
d0090294_3533820.jpg
夏になるとポンッと出現するこちらのお方は脱水機。洗い終わったらカーペットをこの機械の上に広げてグルグルっと挟んで回せば水がきれるというマニュアル式。

d0090294_3494660.jpg


綺麗に洗って干している最中です。こういったタイプのカーペットは家の中やコテージでよく使われています。水分を吸い取りやすくて洗いやすく意外と強く長持ちします+お手頃価格。お婆ちゃんが織り機で織ったカーペットも結構多いんですよ。中には年期が入っているカーペットも。毎年洗って大事にしているんだろうな。

この日、出会ったおばさんは朝9時前に洗いに来たら順番待ちなほど混んでいたそうです。皆さん朝に洗って夕方取りに来るのでしょうね。数時間干していても盗まれないとこが安心。
d0090294_350286.jpg
d0090294_3501939.jpg
あまりにも天気が良いので待ち時間に洗い場近くの川で泳ぎました。
気持ちよかったー!
[PR]
by Kippis_Y | 2009-06-28 04:39 | フィンランド色々/Finland | Comments(16)
蚊除けカーテン:hyttysverho
d0090294_7392618.jpg今日は呆れるぐらいの変な天気でした。朝は青空だったので出かけたらパラリと雨。そしてまた暑い感じに晴れ。途中「見晴らしの良い所で日光浴しようか」と思ったけど「こんな良い天気じゃ庭ののテーブル&椅子でも使わないと。やっぱ家に帰ろ」そう思って急いで家に帰って洗濯物を外に出してお茶の準備をしてたらまた雨。雨が上がって様子を見てたら空が良い感じだったので今度こそはと近くのお店に散歩がてら買い物に行ったら帰りはザーザー雨。あーついていない。私って雨女より酷いかい?

こういう雨の後に多くなるのが蚊。最近よく見かけます。ロバニエミのあるラップランド地方は蚊が多い事でも少し有名です。しかも巨大。自慢じゃないんですよねーこれ。こちらではビニール製の長いキャンディーがぶら下がった様な蚊除けカーテン:hyttysverhoがあります。リビングからテラスのドアは利用度大なので装着しました。使う時は紐を解いてダラーンとしています。完全ブロックではないけど無いよりは◎
d0090294_7394396.jpg

[PR]
by Kippis_Y | 2009-06-16 08:20 | フィンランド色々/Finland | Comments(12)