カテゴリ:フィンランド色々/Finland( 89 )
「小人が窓から覗いているよ」
d0090294_1822165.jpg
「Tonttu:小人が窓から覗きに来るよ」っとフィンランドから昔から言われている通りに子供達に言うと、2歳のあんじんは"Missa??" (どこ?)と探しに行く一方、4歳のことりはキャァーっと言って怖がって逃げていきます。サンタクロースはもちろん人気だけど小人は働き者で身近な存在。クリスマス近くになると"tonttu"と良く耳にします。子供達も赤い帽子を被って小人に変身。

昔からあるクリスマスの飾り。木を斜めに切って小人の顔を描いた飾りです。蚤の市から買ってきました。鼻が石で出来ているのが面白いなーっと。子供達も、もちろん大好きです。
d0090294_18224783.jpg
先日、村の学校に牧師さんが来てメッセージをしたりクリスマスの歌を村の人達と歌いました。終わってjoulupuuro:クリスマスのミルク粥を食べている子供達。ミルク粥は白米を牛乳と一緒に柔らかく煮てシナモン・シュガーをかけたり、フルーツのスープと一緒に食べる食べ物です。甘いお粥って…っとはじめは動揺しますけど食べると美味しいんですよ~。お腹に優しくって。クリスマスの時はミルク粥の中にアーモンドを1つ入れます。そのアーモンドをすくった人は願い事を叶えられるのです。お鍋の中をほじって探したらダメですよ~
[PR]
by Kippis_Y | 2012-12-19 18:45 | フィンランド色々/Finland | Comments(14)
pikkujoulu:小さなクリスマス
d0090294_2228227.jpg
クリスマスまで後何日と数える程になってきました。今の時期、フィンランドのあちこちで会社の同僚と、サークル仲間と、友達同士でpikkujoulu:小さなクリスマスが行われます。日本でいうと忘年会のような感じかな。この時期、週末も仕事で忙しいA-J。今日は彼の職場のピックヨウルが開かれるそう。5時半から始まって飲んで食べた後にコメディーショーもあるそう。その後はお決まりのサウナ。今回の場所はジャグジーもあるそうです。去年はロバニエミのレストランで食事メインのピックヨウルだったけど今年は疲れている身体を解すには絶好じゃないかな~。

ピックヨウルには赤や黒い服装で来る人が多いらしく、A-Jも意識して…と言うか意識し過ぎでサンタさんが着そうな真っ赤な服を着て行こうとしてました。でもその後、全然クリスマスらしくない服装に着替えていましたけど。でも玄関先で見ましたよ~赤い靴下。「この靴下探してたんだよ、片方見つかった」と嬉しそうに…誰も見ないであろう靴下ですけど彼の中ではクリスマス気分なのでしょうね。「楽しんでね!」と言う事で、A-Jはロバニエミの義理のお母さんのお家に今夜お泊りです。

最近曇り続き&チラホラ雪が降る日々です。昼間のわずかな時間の明かりが有り難く感じます。日中、外へ出て花の入った鍋を移動しようと思ったら凍って椅子と一体化していました。Kanervaは寒さにも強くて冬の定番の花です。取れないので、このままにしましょう。

****************************************
お知らせです

秋に日本で活躍されているフォトグラファーが我家にホームステイされました。
彼が銀座で個展を開きます。彼の目線から見たラーヌヤルビの村。
ご都合が合う方は是非! とってもお洒落な方なんですよ。
数に限りはありますがカフェスタッフの焼く美味しいクッキーもあるそうですよ~。

Atsushi Maya Photo Exhibition 03 / 眞野 敦 写真展 03

会場:画廊宮坂 map : http://goo.gl/maps/tVDv6

日程:2012年12月17日(月)~12月22日(土)

営業時間:11:00~18:00(最終日は17:00まで)

最寄り駅|
地下鉄日比谷線、都営浅草線「東銀座駅」
地下鉄銀座線「銀座駅」「新橋駅」
丸の内線「銀座駅」
JR山手線「新橋駅」「有楽町駅」

眞野 敦 HP:http://www.atsushimaya.com/
画廊宮坂 HP : http://www5a.biglobe.ne.jp/~miyasaka/
****************************************
[PR]
by Kippis_Y | 2012-12-11 22:52 | フィンランド色々/Finland | Comments(4)
フィンランド 95回目の独立記念日
d0090294_0162544.jpg今日は独立記念日で祝日。昨日は幼稚園から色々と持って来てくれました。ことり&あんじんが幼稚園で作った独立記念日の飾り。トイレットペーパーとキッチンペーパーの芯を半分にしてフィンランドの国旗色のシルクペーパーが巻いてあります。他にもちゃんと立てられる旗を作ったり空き瓶を塗って作ったキャンドルホルダーまで。子供の作品を見ると微笑ましくってキュンとなります。ちょっとくらい、はみ出してたり荒くて豪快な塗りは子供らしくって好きです。

一般に言う国際結婚な私達夫婦。フィンランドの場合、2重国籍が認められていますが日本は1つの国籍のみ。なので規定された年齢が来ると子供達はいずれは国籍選択をします。普段の生活では国籍は気にしていませんが、4歳のことり曰く彼女は日本人ではなくフィンランド人だそう。日本語は理解は出来るもの私が日本語で話しかけてもフィンランド語で返って来る事が殆ど。でも、じぃじが送ってくれたお喋りする人形には訛りバリバリの日本語で話しかけています、笑

これから夕飯を食べてヘルシンキのお城で開催されるダンスパーティーをテレビで見ます。毎年、国に貢献した人達が大統領に招待されるのですが女性のドレスを見るのを楽しみにしている人も多いんですよ。
[PR]
by Kippis_Y | 2012-12-07 00:46 | フィンランド色々/Finland | Comments(4)
フィンランドの寒さをしのぐには… 子供服編
d0090294_2115164.jpg
最近-20度前後の日が続き「そうそう、この調子。冬はこうでなくちゃ」なんて思っています。こんなに寒いと幼稚園の外遊びはしませんが外へ出る時は寒さ対策は念入りです。フィンランドではウール製品が豊富で子供用でもお値段も、それなりにします。人気のある某会社のものはお古でも結構な額。右は既製品ですがメリノウール100%で厚みもあって暖かそうです。でも、このサイズは2年目突入で少し大きめのを買おうと思ったけど、リスの柄が可愛いメリノウール100%の生地を購入して娘のことり用に縫いました。
d0090294_2115325.jpg
2歳の反抗期中の、あんじんは「嫌」と言いながらも着せるものは着ます。でも4歳の、ことりは嫌なものは嫌。彼女に言わすと白いメリノウールの下着は室内では暑くなるから嫌。なんだそう。確かに室内は暖かいもんね。なので自分で勝手に脱いで薄手の服で出かけようとします。これがまた困りもの~。仮にコットン生地の服を重ね着して上にウール100%のジャンプスーツ+冬用のつなぎを着せると厚みがあって動きにくいと…そりゃそうだよねぇ~。そんなこんなで冬の外出の際は電池が止まらない玩具を忍耐を持ってパッケージする感じです・苦。いくら薄手のコットンを重ね着しても極寒の時には保温性はあまり良くありません。ウールは軽くて吸収性もあって保温性も高いので、なるべく肌に近い側に身に付けるようにしています。コットンは汗かいたら濡れてウールよりも乾きが遅いですからね。
d0090294_2115459.jpg
リスの生地はメリノウール100%ですけど白いのよりは薄めなので暑くなって嫌という彼女には向いているかなー。それにお年頃なので真っ白よりも、こうやって絵が描いてある方が断然喜びます。他にも羊やライオンの絵があるんですけど彼女の好意でリスに。少しは着替えも楽しくなるかな!?

好評を頂いています子供用のとんがり帽子。今日は購入されたママからお子さん2人が被っている姿の写真を見せて頂きました。凄く可愛かったんですよ~。個性派な帽子なうえ寒さ対策にも抜群です。ことりはオレンジのネコ柄の帽子を被っていますけど-15度の日に外遊びしていても寒くないそうです。帽子の下に更に、とんがりのない薄手の帽子を被せようとしたけど拒否~でした、、。気温の低下とともに極寒用としてメリノウールの生地を使って作ろうと考えています。でも一重だと生地が薄めなので二重にしてリバーシブルにしようかと試み中。結構伸びる素材なので試作を重ねた後にウェブストアで販売する予定です。今販売中のとんがり帽子、在庫切れでも予約受付します。サイズは1歳前後~5歳頃まで。メールにてご連絡下さいませ。
[PR]
by Kippis_Y | 2012-12-05 22:11 | フィンランド色々/Finland | Comments(14)
可愛い図案盛りだくさん 刺繍の本
d0090294_19443967.jpg
リネン地に赤い刺繍が可愛いエプロン。かれこれ前に誰かが手作りされた物です。とっても強く長持ちするリネン地。昔は綿が普及する前に麻がテキスタイル品を占めていたそうですが、麻製品は繊維が長いのでケバ立つ事が少なくキッチン製品にはもってこいですね。それに自然の麻の色と赤い刺繍糸が絶妙に可愛い。

昔は自分で織ったタオルなどにイニシャルを刺繍する習慣があったそう。蚤の市に行くと今でもそんな刺繍入りの古びたタオルを見かけます。それを見る度に、どんな思い出縫っていたのだろう、そう思います。こういう昔の時間を費やした作品は今の時代だからこそ、余計に魅力を感じます。

d0090294_19493382.jpg先日、とっても可愛い本を見つけました。ジャケットだけで十分に可愛いのに中を見たら虜になってしまった。1ページ1ページがお洒落で可愛く、写真集を見ているような感覚。マット紙なので得した感じ。それに目の前のテキスタイルを手で触りたくなるくらい気持ちが良さそう。真っ白のキャンバスに刺繍が加わるだけで何十倍もの美しさ。本格的な刺繍をした事のない私も、秋の夜長に始めたくなっちゃう誘惑があります。面白いのがね、赤・白・青のカテゴリーになっていて糸の色毎にデザインが分かれているのです。フィンランド語ですがイラスト付きで刺繍の仕方が載っています。そして図案が限りなく沢山!!全175ページ、図案と写真で埋め尽くされています。まだ日本は暑い夏でしょうけど秋の夜長のためにどうでしょうか。今週のいつの日かKassun kauppaのウェブストアで2冊、販売開始です。
d0090294_19535614.jpg
d0090294_20182858.jpg

[PR]
by Kippis_Y | 2012-08-14 20:36 | フィンランド色々/Finland | Comments(6)
フィンランドの森の宝 ブルーベリー
d0090294_5554256.jpg
私が好きな事。森を歩いていてきのこを見つけた時。きのこの形、色が可愛い。食べるのも好きだけど食べられない、きのこに限って魅力的な姿をしているんだよね。このきのこは食用だけど可愛かったのでブルーベリーをのせてみました。
d0090294_5563811.jpg
最近の楽しみは朝、子供達を保育園に送ってから1人で森に。保育園も森も目の前なんだけど、ここに来ると別世界にいるよう。脳も心も癒されて自然と向き合えます。朝露があるので空気も気持ちが良い。20分もすれば乾いた空気になるんだけど、この貴重な時間を逃したら損!目の前には松の木と空。風が吹けば葉がササーっと音を立てるのです。この何でもないような事が好きなのです。
d0090294_613867.jpg
今年はブルーベリーが豊富な年で沢山実を付けています。「こんなに背丈が低いんだ~」と驚かれますが北欧のブルーベリーは背丈が低くて小粒なのです。ブルーベリーの誘惑があるんですよ。ブルーベリーを採っている時、少し離れた所に沢山あるのを発見するのです。で、その場所に行ってみると、さっき発見したほどの沢山の量はない…何処へ?という事がよくあります。それ程背丈が低いので上からみると葉に覆われて見難いんですよね。でも斜めから見たりすると沢山隠れているのですよ。
d0090294_621525.jpg
フィンランドでは森のブルーベリーを使ってケーキにしたりジャムにしたり、お粥に入れたり、ジュースだって出来ちゃいます。冬の間にも食飲できるように大量に収穫します。そこで便利なのが、この器具。メタル製が欲しかったけど我家は子供も使うので軽いプラスチック製です。昔からある便利な道具です。古いタイプだと、メタル製に布状の袋が付いていたり、メタル製に木製の受け入れ箱が付いていたりもします。
d0090294_63792.jpg
持ち手部分を掴んでベリーをサクッとすくう感じで。そうすると茎から実が採れ葉が一緒に来た場合は葉と実が分かれる仕組みになっています。強引にすくうと葉や茎が沢山入ってくるけど優しく丁寧にすくうと実だけ綺麗に分かれますよ。ブルーベリーの他に、こけもも採取にも使えて便利です。
d0090294_632550.jpg
蚊も多いので蚊避けネット付きの帽子をして約1時間。こんなに沢山採れました。家に帰って葉や実りの悪いものを取り除いて。大体30分位かかったかな。分ける作業は手も赤くなるけど、こういう作業私は好きなのです。静かに手を動かしながら色々な事が考えられるのでね。
[PR]
by Kippis_Y | 2012-08-06 15:04 | フィンランド色々/Finland | Comments(17)
8月のラップランド
d0090294_2129216.jpg
日本だと8月は夏真っ盛りで子供達も夏休みでしょうが、フィンランドは8月から仕事復帰の方や約2ヶ月の夏休みを終え小学生達は8月上旬から新学期の開始です。畑や周りの植物は太陽を浴び元気に真っ盛りなのも8月。この多肉植物の花も今が真っ盛りのようでニョキッと首を出して太陽に向かっています。陶器の入れ物に土を入れただけの花々も毎日、満開の様子を見せてくれます。
d0090294_21353592.jpg
子供達は夏の太陽が大好きで夜でも明るいので、娘ことりは夜だと思わず、寝る時間の夜8時頃になっても外で遊びたいそうです。あと数ヶ月したら、この緑の芝も真っ白な雪で覆われてしまうのだから、今の内に外で遊んでおかないとね。田舎なので蚊も多くてね、でも8月ともなると蚊にも慣れてきて、そんなに不愉快じゃなくなるのですよ。ことりは蚊が嫌いじゃないそうです。理由はね、蚊が近寄ってくると、くすぐったくて気持ちが良いんですって・爆。こんな子他にもいるのかしら?あんじんは男の子らしく昆虫に興味津々で。今年の夏はsääskiと言えるようになりました。サースキはラップランド地方の言い方で「蚊」です。一般的にはhyttynenという単語だったり、東フィンランド出身の義理のお母さんは未だにitikkaとも言います。

d0090294_21434076.jpg

8月になると夜も薄暗くなってきました。でも完全には暗くならないので夜中の1時頃でも辺りは見えますよ。1階のミシンがある部屋で夜中縫い物をしているとインディコ色の空とすじ雲がとっても綺麗です。白夜に向かっていた日々も、夏の終わりに向かっている時もそうですが、1日1日少しづつ自然の変化を感じる事が出来るのです。雲も肌に当たる風も何て表現したら分かりませんが体感できるのです。昨日はスウェーデンのハーパランタに行ったのですが、道中でも何か違う季節感を感じました。それにね、よく見ると村の白樺の天辺はすでに黄色くなっているのもあって、紅葉もじわじわきます。8月も中旬にもなると寒さも出てくるのがラップランド地方。でもね、今年はブルーベリーの実りが良さそうなので、もう少し夏を楽しめそうです。今日は夕方ブルーベリーを採りに森へ行ってきます。
[PR]
by Kippis_Y | 2012-08-02 21:54 | フィンランド色々/Finland | Comments(10)
keppiheppa 子供達の大好きな遊び道具
d0090294_4465680.jpg


今日は暖かい日で雪が溶けて水がポタポタと落ちる音や、屋根の雪がドンッと落ちる音も聞こえてきました。まだまだ雪は沢山積もっているけど、今日の天候で玄関先の雪も随分溶けていました。うっかりしているとツルッと転んでしまいそうな程。日中の日は眩しい程になって夜7時頃になるとブルーモーメントが始まって辺りが青くなります。毎日、太陽が出ている時間が少しずつ延びて夜も明るく、私の好きな白夜の日々が確実に近づいています。今回の冬は例年以上に早く過ぎ去って行ったと感じたけど、これからやってくるフィンランドの貴重な夏は毎日、楽しんでいかないと。と言っても、春先を楽しまないとですけどね。
d0090294_4473567.jpg さて、このkeppiheppa: 馬は昨日我家にやって来ました。こういう玩具は1個だけだと、ことり、あんじんで取り合いになって喧嘩が始まるのですが、A-Jはちゃんと2頭買ってきてくれました。棒の先に馬の頭が付いていて赤いボタンを押すと「ihaaaa」と馬の鳴き声や走る音が流れます。棒に跨って頭に付いた綱を持って乗っている様に走ったりする遊び道具。こんなにシンプルな玩具が子供には昔から大人気で、中にはとってもレトロなものもあります。テレビのニュースで見たのですがケッピヘッパに乗って障害物競争大会なんかもあるんだそう・笑。子供達も大喜びで朝から夜まで1日中持ったり走ったりしています。子供の頃、魔女と言って竹ぼうきで遊んだけど、それに近いものがあるのかな。子供が乗っている所を正面からみると本当に馬に乗っているようなので見ている大人も楽しめます。白いのは、ことり・茶色いのは、あんじんだそう。ことりルールで決まりました。馬と言えば、ラーヌヤルビの村には馬やポニーを乗馬用に飼っている人が結構います。田舎ならではなのでしょうか。日本の田舎では、そんなに見た事なかったな。
[PR]
by Kippis_Y | 2012-03-17 05:09 | フィンランド色々/Finland
冬のカーペット干し
d0090294_1626561.jpg
先週はラップランド地方のスキー休暇の週で、日曜日から北上してレビの町へ行き木曜日に帰宅しました。レビにはゲレンデがあるリゾート地でホテルにも沢山の日本人がいました。自然に耳に入ってくる日本語が何だか嬉しかったです。スキー休暇でしたけど、旦那様、A-Jの大学のワークショップがあったため家族で一緒に付いていったのです。なので、ゆっくりボードをする時間もなく子供を追いかける日々でした。でもホテルでは、料理・掃除もしなくて良いし、毎日、鱈腹食べ、昼・夜もしっかり寝られて、久々に、ゆっくり出来ました。

さて、もう3月、暖かくなる前にコチラ↑の写真。氷点下20度以下のある日にカーペットを外に出して叩きます。フィンランドに来て氷点下20度以下でも外でパンパンとカーペットや布団を叩いている人を目撃した時は目を疑いましたけど、殺菌効果になって良いんですって。写真では雪の上にあるだけですけど、カーペット叩き場所で叩いた後です。

日本の春は草木の香りも漂って、風も柔らかく暖かくなるんだろうな。こちらは、まだ雪が降り辺りもまだ真っ白です。でも日差しは、すっかり春になって部屋の中も随分明るくなりました。夕方6時過ぎでもまだうっすら明るく、「もうすぐ夏が来るね」が口癖。何だか冬がアッと言う間だったな。
[PR]
by Kippis_Y | 2012-03-10 16:48 | フィンランド色々/Finland
フィンランドの謝肉祭 ラスキアイネン
d0090294_4302256.jpg
もうLaskiainen:謝肉祭の時期です。ラスキアイネンはイースターの7週間前だそうで今日19日(日)はlaskiaissunnuntaiでした。近所のイェンニ姉妹に誘われて彼女の家の近くの丘でソリ滑りをしました。フィンランドの子供達は謝肉祭の時に、丘でソリ滑りをします。この可愛らしい小さいのはスコップの先かと思ったらソリだそう。お尻のみ乗ります。大人も座って滑れます。
d0090294_5344038.jpg
ソリ2つ並べて写真を撮っていたら、娘:ことりが、もう1つ隣に並べてくれました。ペンギンのような格好をしてますが、こういう子供の服装はフィンランドはよく見かけます。普通の洋服の上にメリノウールの、つなぎ服にウールの靴下、帽子は目指し帽のような感じでウール素材。その上に保温性効果/風を通さない素材のオーバーオールを着ます。靴も中はウール素材になっているゴアテックス。完全装備です。
d0090294_542298.jpg
こんな感じで何メートルもある坂をソリで滑って。
d0090294_554890.jpg
ことりはビニール素材のマットレスにうつ伏せになってソリ滑り。私も滑ってみましたが楽しかった~
d0090294_565896.jpg
もがいてる様な、背中が痒いような光景ですけど、スノーエンジェルを作っています。
d0090294_571799.jpg
4姉妹でスノーエンジェルを作っている最中。
風が強く雪も降っていたので天候はいまいちでしたが、久々に雪を体全体で楽しめる事が出来ました。彼女達は深い雪の中を目がけてジャンプをしたり、ゴロゴロとしたり、犬の様にじゃれ合ったりして天候なんて関係ないみたい。本当に仲の良い姉妹です。ソリ遊びの後は姉妹が作ったラスキアイスプッラをご馳走になりました。こちらも、この時期の恒例のお菓子です。
d0090294_57447.jpg
家に帰ってみると近所のトンミが焼いたラスキアイスプッラが届いていました。普通のプッラの中にジャムが入っていて生クリームがホイップされています。土曜日は、旦那様が買ってきたアーモンドペースト入りのラスキアイスプッラ、今日は2つも食べ、満足です。
[PR]
by Kippis_Y | 2012-02-20 05:18 | フィンランド色々/Finland