カテゴリ:フィンランド色々/Finland( 89 )
今年もサンタさんに会えました。
d0090294_6152110.jpg
クリスマスイブはロバニエミ街中に住む義理のお母さんの所へ1泊してきました。部屋のインテリアもクリスマスの雰囲気が出ていて素敵でした。大人のしっくりとした感じのデザインの中にもモダンなデザインや遊び心もあるアイディアは関心します。
d0090294_6155426.jpg
遅めのランチを食べ少しまったりしていると義理のお母さんの携帯にjoulupukki=サンタクロースから電話がありました。「子供達は良い子にしているかい、外にいるのでドアを開けて下さい。」そっか、街中の集合住宅は田舎と違って住民しか入れないようにメインの入り口は鍵が掛かってるんだっけ。身長2メートルくらいあるサンタさんが部屋に入ってくると2歳の、こゆきは猛スピードで「サンタさんだ!怖い…」と走ってきました。でもその後は怖がらず、サンタさんに歌を披露していました。3番目の子供となると度胸も据わっています、笑。子供も大人も、ちゃんと良い子にしていたので沢山のプレゼントを頂きました。

ロバニエミはさすがサンタさんの住む街。なので24日にプレゼントを渡しに家まで来てくれます。
[PR]
by Kippis_Y | 2015-12-27 06:36 | フィンランド色々/Finland | Comments(4)
独立記念日と2回目のアドベント
d0090294_16411382.jpg
12月6日はフィンランドの98回目の独立記念日でした。この日は国内中に国旗が上がり、国に貢献した方達がお城でパーティーをします。その中継がテレビで見られるのです。毎年注目されているのが出席者達のドレスです。この独立記念日が近くなると自宅に白×青の国旗カラーのキャンドルを灯すのもフィンランドならではでしょうね。

6日は第2回目のアドベントでした。第1本目から2本目に入るまでに国外・国内のクリスマスカードは郵送済です。そしてジンジャークッキーも2本目が灯る頃には完成しているようにしています。今年も焼けました。またお知らせしますね。

小学校の窓辺がとっても可愛かったので夕方写真を撮ってみました。夕方4時半頃でしたけど、夜のように真っ暗です。クリスマス前が一番日が短くなります。
[PR]
by Kippis_Y | 2015-12-07 16:55 | フィンランド色々/Finland | Comments(2)
家庭で作るカッテージチーズ
d0090294_3193375.jpg
フィンランドの牛乳パックは脂肪分別に色分けされているので分かりやすくて便利です。先日は牛乳&piimä: バターミルクを沢山使って自家製カッテージチーズを作りました。
d0090294_320714.jpg
材料をテーブルの上にのせると、素早いスピードで得意げに椅子に登ってテーブルに現れる1歳5ヶ月児、こゆき。今の年頃は大人とは間逆な事をしたがります。テーブルがあれば登って牛乳があれば倒す。もちろん余裕がない時には私も疲れます。でも「私もこうだったんだ。」と思うと過ぎていく過程の1つですね。
d0090294_3202685.jpg
話は戻りまして、自家製チーズ作りに必要なのが、この木の型。日本に住んでいた時に義理のお母さんから頂いた大事な道具。こういう「昔からの道具」や木製品には弱い私です。この底の部分のモチーフは色々なのがあって出来上がった時にチーズに模様ができる仕組みになっているのです。
d0090294_3204056.jpg
牛乳にレモン汁を入れて沸騰させると脂肪分が分かれてチーズが出来るという方法がありますよね、そんな感じで作ります。ちょっと違うのはバターミルクと溶き卵を加えます。味付けは塩。好みによってはハーブ類を入れたるもするそうですが我が家は塩味のみです。3Lの牛乳・1Lのバターミルクを使用して作ると丁度この木枠に収まります。チーズはフワフワしているので、ちゃんと重石をして一晩冷蔵庫で寝かせます。
d0090294_3205457.jpg
翌日に型から出すとこんな感じです。カッテージチーズなので濃厚さには欠けますが、パンの上にのせたりサイドデッシュとして食べます。家族では私しか食べないので、たまにしか作りませんが… このチーズは焼くともっと美味しくなるのですよ! 型から出した後に250度のオーブンで焼くか、フライパンで焼いた後に、はちみつ、もしくはジャムを付けて食べるとデザート感覚にもなるのです。
[PR]
by Kippis_Y | 2015-04-24 03:56 | フィンランド色々/Finland | Comments(6)
フィンランドの優れたキッチン道具
d0090294_18154814.jpg
フィンランドのキッチンに欠かせない便利な道具:juustoraastin:チーズ/野菜おろし金に続き、家庭に1個は必ずあるコチラの便利道具:juustohöylä:チーズスライサーです。
これだけを見ると「一体、どうに使うんだろう?」と思ってしまうけど…
d0090294_1816312.jpg
d0090294_18161588.jpg
タッタララ~ン!
野菜の皮を剥くようにスライスしていくと上手にできます。
結構やみつきになるんですよ!
ハード系のチーズを食べられる国の人へは、とっても良いお土産です。

我が家には刃物で有名なFiskarsのチーズスライサーが2本あるんですけど写真の黒いタイプは柄が細身で掴みやすくてスッキリデザインで使い心地が凄く良いのです。かれこれ8年位使ってます。シンプルで長持ち!
d0090294_18181660.jpg
フィンランドではパンがよく食べられています。バターを塗ってハード形のチーズをスライスしてのせて食べます。スライスされているチーズもあるけど毎日食べるチーズなので、こうして大きなブロック売りをされています。マイルドな味だったり濃厚だったり臭みが強かったり柔らかいタイプやスモークのものなど色々なチーズが楽しめます。
[PR]
by Kippis_Y | 2015-04-15 18:44 | フィンランド色々/Finland | Comments(8)
クリスマスの香
d0090294_22394716.jpg
村に居ると、それ程クリスマス気分がしないので昨日、久々に街に行ってみました。でもでも沢山の商品が売られていて人混み酔いではなく品物酔いしてしまって...花がまだ開いていないヒヤシンスのみ買ってきました。何色が咲くのかなーっと思ったら今朝、少しだけ顔を出してきました。白かな?!リビング用に買ったのはピンクです。日本同様、クリスマス時期はフィンランドでもポインセチアがお店に並びます。そしてヒヤシンスもクリスマスシーズンの花です。香が強いので我家ではポインセチアよりもヒヤシンスを買います。
d0090294_2240378.jpg
3回目のアドベントを過ぎた頃はクリスマスカードや小包が届く時期なので郵便受けを覗くのが楽しみです。クリスマスカードは、クリスマス最終日の1月6日まで、ちゃ~んと飾ります。
子供達はアドベントキャンドルのキャンドルを見てはクリスマスが近いと分かるようで楽しみのようです。アドベントキャンドルも数が増える毎に灯りが増してキャンドルのみで夕飯をたべられるようになりました。
d0090294_22402762.jpg
この間の日曜日は嬉しい事が。森の家の近くのコテージに定期的に帰って来るスイス人のご夫婦。赤ちゃんが誕生したと聞いてお祝いに来てくれました。そしてクリスマスの10種類の大量のクッキーまで!フィンランドのクリスマスのお菓子と言えばジンジャークッキーや星の形のクリスマスパイ。スイスは、こんなに沢山の種類を作るんですね。関心~。
来週はクリスマス。今週は少々忙しくなりそうです。
[PR]
by Kippis_Y | 2013-12-18 22:57 | フィンランド色々/Finland
文化の違い 
d0090294_19482550.jpg主人のA-Jはラップランド大学でデザイナー兼プロジェクトリーダーとして主に雪や氷関係(彫刻・環境デザインであったり)の仕事をしています。時にはワークショップで大学生に指導もしています。そんな傍ら彫刻アートィストとしても個人でしています。メインの仕事があるので中々アートィストとしての活動は少ないですけど、たまに個展に参加したりしています。今回も木の彫刻を作りに5時間程離れた町へ数泊出かけていきました。が...目的地20km目の前に車が故障。しかも7月下旬に故障に合い高い額の修理費を払って修してもらった翌日。仕方なく一番近くの95km離れたV修理所までけん引してもらったのですが、修理する人が夏休みなため手元に戻るまで10日間。その間、台車。しかも修理が終わったら電車とタクシーを乗り継いで数時間かけて取りに行かないとなのです。V修理屋さんが言うのには7月下旬に修理してもらったS修理屋さんのミス、と言うけどS修理屋さんは知らん顔... こうなると誰が支払いをするのか、しないのか複雑な問題になります。そんな大変な思いをして日曜の夜A-Jが帰宅しました。菊の花を持って。菊と言えば...夫婦で日本に住んでいた時にA-Jにお祝いの花で菊の花束を渡されて嬉し・恥ずかしい・複雑な気持ちになりました。日本のスーパーではお仏壇の花として売っていますよね、それを知らなくって私にプレゼントしてくれたのです。でもでも、フィンランドではお墓用と関係なく菊が販売されています。今回の菊は個展のオープニングで頂いたそう。大きくて淡いピンク色が綺麗。子供達もA-Jに久々に会えてお家の中がパッとしています。
[PR]
by Kippis_Y | 2013-08-05 20:11 | フィンランド色々/Finland
イースター休暇
d0090294_16485452.jpg

今日はイエス・キリストと弟子達が最後の晩餐をしたkiirastorstai:聖木曜日。明日はpitkäperjantai:聖金曜日。イエス様が十字架に架けられた日。これで終わるのではなく3日後に復活した事実。復活のシンボルとして卵や雛がワンサカしていますが、大切な事を子供達に伝えていけたらな~そう思います。フィンランドは金曜~月曜まで連休です。週末は義理のお母さんに会いに行って来ます。皆さんも良いイースターを!
[PR]
by Kippis_Y | 2013-03-28 17:02 | フィンランド色々/Finland
ロバニエミ デザインウィーク2013
d0090294_4483561.jpg
2月18日~24日までロバニエミ デザインウィークでした。毎年、開催されていて名前の通りデザインにまつわる個展や販売・イベント・セミナーなどデザインに関して幅広く行われる週です。開催の場所となったアルクティクム博物館の広場。これはオープニングです。
d0090294_4495459.jpg
d0090294_45012100.jpg
A-Jは雪・氷の氷像やデザインを日本にいる時から手がけていて母国のフィンランドに帰国してから毎年携わっています。大学でワークショップも少々教えていてメインはLapland snow designと言うプロジェクトリーダー。なので毎年11月から2月の終わりまで忙しく動き回っています。プライベートでは雪・氷のデザインなんかもしているのですがデザインウィークの時は造るよりもイベントを開催するにあたって色んな事を仕切っているようです。大きな雪像は5m近くもあって抽象的な雰囲気が凄く良かった。雪像は大学の生徒さん達が手がけたものです。中には山口大学からの生徒さん達もゲスト参加して創り上げたそうです。
d0090294_4485435.jpg
昼間見るのも良いですけどライトアップされると雰囲気も上がりますね。
d0090294_4492510.jpg
普段は斜面になっている坂も雪のベンチを作って観客席。ここでファッションショーが行われたのです。(写真はリハーサル中)ラップランド大学在住の方達がデザイン・制作を手がけて寒い中のファッションショー。冬の野外で!肌を出しているモデルの方達を見ると見ている方が鳥肌が立つ感じでしたけど皆、堂々としてカッコ良かった~。
d0090294_4494295.jpg
幾つかの氷像を除いた氷像・ベンチは月曜日には壊されてしまったそう。ライトアップも終了です。と言うのはLapland snow designの予算が少ないために続行したくても出来ないんだそう。去年よりも評価が良くアルクティクム博物館から「来年もして欲しい」と言われたらしく、翌年はスポンサーとして応援してくれれば良いのにね。A-Jお疲れ様~
[PR]
by Kippis_Y | 2013-02-26 05:27 | フィンランド色々/Finland | Comments(5)
魔法のブルーベリースープ
d0090294_5384699.jpg
最近、幼稚園の子供達の間で流行っている体調不良。ことりも、お腹の具合がよろしくないようで今日、幼稚園の先生から電話があって迎えに行ってきました。数時間の間にトイレを何回も行き来してたそう。先生は熱はない、と言ってたけど結構グッタリしてるのかな、と思いながら幼稚園のドアを開けたらビックリ箱の蓋を開けた時の様に元気に出てきました。いつもは弟・あんじんと時間も玩具も分けないとなのでママと2人だけの時間が嬉しいそう。たっぷりお絵描きを楽しんで女の子の好きそうな映画を見ていたら疲れてソファーで寝てしまった、ことり。やっぱり体は疲れてたんだよね。

フィンランドではお腹の調子が悪い時にmustikkakeitto:ブルーベリースープが良いと昔から言われています。夏に採ったベリーを水と一緒に火にかけてポテトスターチでとろみを付けて少しだけ果糖を加えて出来上がり。飲みやすい温かさのスープはお腹にも優しそう。よくお代わりしていました。お腹の調子は日中よりも良くなったそうだけど早く完全に治りますように。
[PR]
by Kippis_Y | 2013-02-09 06:02 | フィンランド色々/Finland | Comments(10)
村での大晦日の過ごし方
d0090294_2326369.jpg
明けましておめでとうございます!
本年もどうぞ宜しくお願いします。

大晦日からお正月は一般花火打ち上げの解禁の日。クリスマスが終わる頃にはお店に特別コーナーが設置され花火購入者が続出。たかが花火とは言え年に1度なので、結構な金額を費やす人もいるのですよ。我家は小さい子供が居るので「子供が楽しめる花火」をお願いしてみました。
d0090294_23272099.jpg
近所のお宅で毎年年越しパーティーが開催されるので今年もお寿司を持って行きました。スモークしたサーモンのお寿司はフィンランド人のお口に合うようです。夏にホームステイしてた&現在フィンランドに留学中のアリサちゃんが彼女のお姉ちゃんと一緒に我家に遊びに来たので皆で一緒にパーティーへ。村は小さいので私達が2年前に村の学校の一角に引っ越した事・日本人が住んでいる事は結構知り渡っています。今回は日本人女性2人来た事に皆、興味津々!
d0090294_2327119.jpg
爆弾が入っていそうな?緑の木箱を持ったおじさんが登場。中に何が入っているか聞いてみたら花火だそう。夜の10時頃、皆で外に出て小さな花火から始まって、あの爆弾箱の中の花火が空に弾けました。家の目の前は凍った湖。花火をあげる人はちゃんと、保護めがねやヘルメットを被っていましたよ。小さな村ラーヌヤルビですが、村1番の花火だったなぁ!帰宅して23時頃、学校の校庭でもあげたけど近所の小さなおじさんから「近い!」と苦情が…A-Jが聞き返しても返事をしなかったので近所の子供があげていると思ったのかな?あげる権利がある日なのに寝る権利もあるって事なのかしら?!その後お家の中に入りました。
d0090294_23274881.jpg
年が明ける前にフィンランドの伝統行事も忘れてならないそう。馬の蹄鉄の形をした小さな鉛をレードルに入れて溶かして雪の入ったバケツの中へサッ。冷えて固まった鉛の形・影を見て新年はどんな年になるかを見ます。1人1人ユニークな形をして「何かな~」と想像力を膨らませるのも楽しいんですよね。私は↓こんな感じでした。トカゲに見えるんだけどなぁ~。あんじんのは大きく翼を広げた鳥のようでしたっけ。年が明けて深夜のお餅を食べて元旦は、アリサちゃんのお姉ちゃんに美味しい抹茶をたててもらって、何だか良い年になりそうではないですか~!
d0090294_23354982.jpg

[PR]
by Kippis_Y | 2013-01-02 05:12 | フィンランド色々/Finland | Comments(10)