カテゴリ:イベント/event( 44 )
とっても素敵な春のスタート パルムスンヌンタイ
d0090294_5141856.jpg
今日は子供達にとっては特別な日でした。イースターの1習慣前の日曜日はPalmusunnuntai: パルムスンヌンタイと言って子供達が魔女になって近所の家々を巡る日。春を象徴する猫柳の枝にカラフルな鳥の羽を付けて幸運が巡ってくる呪文を家主に唱えます。それと引き換えにキャンディーやお小遣いを頂けます。7歳のことりは今年で2回目、5歳のあんじんは今年がデビュー年です。近所の8歳のサンニも加わりました。子供達3人だけで行きたいと言う希望なので元気に魔女達は出かけて行きました。残された2歳の、こゆき。彼女も魔女になって外に行きたいと言うので魔女になって一緒に少し散歩だけしました。
d0090294_514438.jpg
ことりお姉ちゃんの様に長いスカートにエプロンをしたいと言うので喜んで着せ替えしましたよ。ハロウィーンの魔女とは違ってカラフルで、ちょっと田舎ちっくな感じがイースターの魔女。この時期、普段はまだ冬用の暖かい防寒具が必要だけど、この日、子供達はウール素材の服で厚着をして暖かいショールを巻いてモコモコ魔女の出来上がり。お金をかけずに家にあるものでで着てしまうのも助かります。
d0090294_515615.jpg
猫柳も、とってもカラフルなのが出来ました。収穫した時はまだ蕾もキュッと隠れていたけど1日水に付けて室内に置いておいたら翌日は少し開いていました。子供達も朝から感激~!

さて、家を出てから2時間程した頃に魔女達が帰宅しました。私達も幸運の呪文を唱えてもらいました。猫柳の枝は全て家々に行き渡り、持って行ったヤカンの中には沢山のキャンディーやイースターチョコレート、それに沢山のお金。子供達の冒険はとっても楽しかったようです。そんな日の夕方、我が家にもウサギに変身した男の子がやって来ました。こうして可愛い子供達が訪問してくれるとは、とっても嬉しいですね。良い春のスタートです。
[PR]
by Kippis_Y | 2016-03-21 05:42 | イベント/event
アンニカ 日本でワークショップします!
d0090294_7144726.jpg
私のフィンランド人の友達、アンニカがもうすぐ大阪へ行きます!うめだ阪急「北欧クリスマスマーケット」の会場でクリスマスプレゼントに相応しい編み物アイテムのワークショップをしますよ!12/9-15毎日会場にいます。ワークショップ時間以外は会場で編み物をしてるそうなのでフィンランド語でも英語でも、お話して下さいね!
d0090294_7134069.jpg
アンニカとの出会いは私がラップランド大学へ在学して1年目の、課外授業でノルウェーに行った時。まだ薄暗い朝、大学に集合するとチラホラ生徒が集まってきました。その中に彼女がいたのですがアメリカ留学帰りの彼女はとっても気さくに話しかけてきてくれました。ワゴンに乗り込むと手には編み棒と毛糸があって「車の中で編めるの? 車酔いしないんだ~凄!」と思ったのもよく覚えています。彼女は学生の傍ら、大学でもペインティングコースを受け持っていたようで、当時、大学生だったA-Jは彼女のコースに居ました。なので絵を描く人とは知っていたのですが、編み物も得意なようです。この出会いの後、大学内でも外でも会う機会が増えました。大学を卒業した彼女はロバニエミの街中に、とっても雰囲気の良い毛糸屋さんをオープンしたのです。数年前にはNHK BSでも放送されました。とにかく編み物が上手で色の使い方が何とも言えない程、美しいのです。残念ながら、お店は閉店になってしまいましたが今は学生業をしながらSusivillaというブランド名で織り・編み物作家さんをしています。(このロゴはA-Jが手がけました♪)
d0090294_71547.jpg
自宅の織り機で織ったり、ロバニエミの街中にあるtaito Lappiのスタジオで織っています。taito Lappiでは地元民も旅行客もレンタル料を払えば実際に織り体験が出来ます。アンニカは旅行者や交換留学生にも織りを教えているので興味のある方は是非。

ラップランドの自然からインスピレーションを受けている彼女の作品の色。写真はウール100%のスカーフなのですが、色が凄く独特で誰にも真似出来ません。やっぱり見る人見る人、彼女の作品の魅力に気がつかされるのです。甘くないテイストの色合いは私にはドツボ!過去よりさかのぼって様々な彼女の作ったものを見てきましたが、ようやく気がつきました。アンニカは色そのもの。色を使う事を恐れずに色を操れる方です。ワークショップのみではなくアンニカのスカーフ、編み物類は12/25まで開催中の、うめだ阪急「北欧クリスマスマーケット」でお買い求めできます。ワークショップに使われる編み棒もフィンランドならではの素材で出きているのですよ。私も行きたいです!でも行けないので誰か代わりに行って下さいね。
[PR]
by Kippis_Y | 2015-12-02 21:18 | イベント/event | Comments(14)
フィンランドは今日が父の日
d0090294_610324.jpg
忙しさにのまれ、今日 第2日用がフィンランドでは父の日という事に気がついたのが先週金曜日の夕方。あちゃちゃちゃ、A-Jに何も用意していなかった…子供達は小学校や幼稚園でカードを作ったので皆、渡していました。夫々ユニークで可愛いカードでした。

雪が降る前に作業が必要なのでA-Jは森の家作りへ。こゆきが昼寝中に私が作業場で作業をしていると子供達もやってきました。この間使って余ったハギレで何か縫いたいという、ことりの希望で彼女はハムスター作り開始。ボタン付けや、しっぽ、耳の部分は私がお手伝いをしました。小学校でも裁縫はしているので直線縫いや飾り縫いはそうは難しくない様子。そんな横で、あんじんは白い紙にマグカップやクッキーの絵を描いて、おやつを作ってくれました。楽しい時間でした。A-Jが帰宅すると出来上がったハムスターを見せながら大満足なことり。こういう様子を見るのは親として嬉しいですね。
d0090294_610435.jpg
日中に作ったボストンケーキ。先日のロールケーキにも使用したプラムジャムを入れました。生地はシナモンロールの生地です。このボストンケーキは毎年クリスマスに義理のお母さんが焼いてくれるのですが今回、私は初挑戦。中身がしっとりしていて好評でした。働き者で家事にも子供の面倒もマメなA-J。いつも色々とありがとう!
[PR]
by Kippis_Y | 2015-11-09 06:35 | イベント/event | Comments(4)
2歳になりました。
d0090294_21382344.jpg
昨日、2歳の誕生日を向かえた、こゆき。彼女が産まれた日は、小さな雪が舞う日でしたが今年は暖かめの冬なので霜は降りても例年の雪が降る感じはしません。でも、そう言っていると降るかな… 誕生日は家族でお祝いをしました。毎年悩むケーキですが、A-Jの提案でロールケーキにしました。このロールケーキの配合はとっても簡単で、ちゃちゃっと出きます。学校から帰ってきた、ことりに手伝ってもらって生地にプラムのジャムを塗っもらいました。こういう塗る作業は、とっても上手。ペインティングみたいで好きなんですって。コーティングは甘さ控えめにした生クリーム&クリームチーズ。飾りつけはチョコレートにマシュマロ。女の子ちっくなケーキになりました。
d0090294_21384572.jpg
ことりお姉ちゃんの服が着たくって彼女の服を重ね着したり、お兄ちゃんの、あんじんと一緒に鬼ごっこしたり、音楽が流れれば真似して歌ったりと皆に囲まれ毎日元気に過ごしています。こういう姿を見ていると私もこんなのだったのかなーと自分が幼かった頃を思い出します。「もう2歳」と言っていると、すぐに「もう5歳!」という日がアッと言う間に来そう。まだ幼い子供の香がしてアルパカ毛糸のように柔らかい髪。マシュマロのような頬っぺ。もう少し、このままでいて欲しいな~。2歳のお誕生日おめでとう!
[PR]
by Kippis_Y | 2015-11-06 22:04 | イベント/event | Comments(16)
7歳の誕生日 子供達に人気なもの
d0090294_5314887.jpg
「私以外の家族全員はピエロに仮装してゲストの友達を出迎える。7歳の誕生日のケーキはチェリー味のゼリーケーキ。上にはクリームとチェリーをのせてね。」幸いにもピエロに仮装しなくて良かったけどリクエストのゼリーケーキは作りましたよ。すっごく特大なのを。彼女が描いた通りの大きなゼリー。2.5Lあります・笑。招待したお友達と一緒に熱々のラザニアを食べてデザート時にお誕生日の歌を歌いました。巨大なゼリーにちゃんとキャンドルを灯して。このキャンドルただのキャンドルではなくて炎の色が変わるオーロラキャンドルなのです。お友達も初めてみたそうで「消さないで、もう少し見てようよ~」なんて言って少し眺めていました。
d0090294_5235082.jpg
この他にチョコレートチーズケーキを焼いたのですが、それよりも子供達にはマフィンのデコレーション作業が大人気でした。マフィンに各自でグルグルっとクリームを絞り出してマシュマロや砕いたキャンディー・チョコレートスプレーでデコレーション。もう1つ大好評だったのがアイスクリームソーダ。炭酸飲料にアイスクリームをポンッと落としてシュワシュワ~っとなるのが楽しかったようです。その中にもトッピング材料を投入して創作炸裂!皆、凄く楽しんでいたので私もとっても嬉しかった。

誕生日主役の、ことりはパーティー中に前歯の乳歯が抜け、これまた楽しいサプライズでした!
[PR]
by Kippis_Y | 2015-09-27 06:19 | イベント/event | Comments(6)
5歳の誕生日 願い事
d0090294_302069.jpg今年の誕生日は【映画館で映画を見てキャンディーを食べる。カフェからケーキを買ってロバニエミに住んでいるムンモ(おばぁちゃん)の家で一泊。誕生日当日に食べるケーキはオレンジ味のゼリーののったケーキ】。こんな願いを込めた、あんじんは今月で5歳になりました。誕生日の願いは全て叶いました。

今年はお誕生日会というパーティーはしませんでしたが、あんじんには内緒で彼の唯一の男の子友達のマルクスを招いて一緒に夕飯を食べました。ホームステイ中の家族の皆さんも一緒に。最後には飛び入り参加で近所の子達も混じり大きなケーキを一緒に食べました。年々ケーキのデコレーションは手が掛からなくなっていますが…こんな火と共にお祝いしました。「すっごくイイ誕生日だった!」生き生きした声で言っていた姿が印象的でした。

d0090294_304124.jpg

赤ちゃんの頃は奇声を上げまくっていて大変でしたが、そんな事は遥か昔のように感じます。彼が生まれる前の4日間、毎日陣痛に苦しめられ出産本番は「もう今日は無理!」そう思った事は今でも鮮明に覚えていますけどね。

3歳の時期が凄く長いように感じた半面、4歳の時期は凄く早くて、まだ5年しか生きていない彼でも頼りになる存在。妹想いの面倒見が良い子です。私は姉・兄・私と我子と同じ構成の中に育ったので兄も、こんな風に面倒見が良かったな~。5歳の年も元気いっぱい沢山吸収してね!おめでとう。
[PR]
by Kippis_Y | 2015-08-22 03:38 | イベント/event | Comments(8)
フィンランドも母の日
d0090294_453899.jpg
Äiti: アイティとはフィンランド語で「お母さん」。1日何回子供達に「アイティ」と言われているでしょうか。沢山・笑! 外出先でも、よその子が「アイティ!」と言っていると一瞬「私?」と振り向いてしまう事があります・笑。さて、先週の日曜日は日本は母の日でしたね。こちらフィンランドも母の日でした。子供達が幼稚園・学校で作ってくれたカード。嬉しそうに目を輝かせている姿は本当に好き。それに自分が作った事に誇りを持っているのも嬉しいのよね。ことり・あんじんが苺をカットしてくれて一緒にケーキのデコレーション。ありがとうね。
[PR]
by Kippis_Y | 2015-05-12 05:10 | イベント/event | Comments(4)
フィンランドの2月14日は友達の日
d0090294_637269.jpg

フィンランドの2月14日はYSTÄVÄNPÄIVÄ=友達の日。プリスクールに通う娘・ことりは先日、学校で可愛いカードを作りました。「もう少しで服も縫えるようになるからね。」そう得意げに言っています。カード作りの時に針と毛糸を使ったのでグイッと成長した感じ。4歳のあんじんは、幼稚園でケーキを焼いてハートの型抜きをして自分でデコレーションをしたそう。子供達が自分たちで何かを作り上げる時は本人も親も発見が多く喜びに代わりますね。皆さんも素敵なバレンタインデーをお過ごし下さい。
[PR]
by Kippis_Y | 2015-02-14 06:53 | イベント/event | Comments(6)
白樺のカゴワークショップ&ホームステイ/ヴィレッジステイ参加者募集
d0090294_14341060.jpg去年の夏、「また、会いましょう!」と言って元気に別れた白樺細工の先生。今年も春の光が注ぐ中、先生に電話をしましたよ。いつもロバニエミの夏のマーケットになると出店をしている彼。でも、去年はいつもの場所に居なく、どうしたんだろう、もしかして...そんな予感を数ヶ月も持ちながらいました。そして予感が的中。彼が自宅で介護をしていた最愛の奥さんが8月に天国へ旅たってしまったそうです。「家に1人で居ると寂しいからコテージに来てるんだ。今はプーッコ(フィンランドの伝統ナイフ)を作っているよ。」っと、寂しいながらも、いつもと変らず元気な声をしていました。そうです、今年も先生が1時間車を運転してラーヌヤルビの村に白樺のカゴのワークショップをしに来てくれます。

2年前は90歳と言っていたけど去年聞いた時は80何ぼと言っていた気が...一体、お幾つなのか謎に包まれましたが、見るからに優しくって手仕事を愛する素敵な男性です。

2014年6月23日(月)~27日(金) 4泊5日

宿泊先は我家にホームステイ、もしくはコテージステイ。
滞在中、森へ行って白樺樹皮の切り出し・下準備に1日
カゴ作りに1日です。カゴは手の平にのるサイズです。

● 恐縮ですがお子様連れの参加はお断りします。
● 4泊5日まるまる参加可能な方

参加人数は4-6名を目処にしています。
※現在4名様が参加予定。

詳細を知りたい方は下記の連絡先までご一報下さい。
kippisk(at)yahoo.co.jp
info(at)yahoo.co.jp
※過去の様子はコチラの2012年6-7月・2013年6-7月からご覧になれます。
[PR]
by Kippis_Y | 2014-04-04 14:49 | イベント/event | Comments(4)
白樺のカゴ作りワークショップ レポ
d0090294_20431716.jpg
6月16日から4泊5日の白樺カゴのワークショップ。4名の女性が参加し楽しい日々でした。1人1人の個性と愛情で編み上げた世界1つだけの白樺のカゴ。とっても可愛くってカッコ良い!編み上げから仕上げのオイル塗りまでの一部始終を見ていたので目に見えていく変化が驚く程でした。
d0090294_2047556.jpg
森には沢山の蚊がいるので服装は念入りに、そして蚊避けネット帽子も被って、いざ森へ!予めマークしておいた白樺にナイフで切り込みを入れて...ナイフを入れたときの「メキッ、パリッ」という音が何とも言えません。
d0090294_20433338.jpg
次に楽しいのが樹皮を幹から剥がす瞬間!不思議な程、簡単に採取出来ます。この採取時期も夏至祭近辺のみ可能なのです。フィンランドではベリーやキノコ類は、国立公園以外は何処でも採って良いのですが白樺の木の伐採や樹皮採取は森の持ち主の許可が必要です。今年も去年と同じ森で採取しました。この木はいずれ冬の薪用として伐採されます。
d0090294_20435012.jpg
採取後は樹皮を平らにするので、その間に我家でランチ。ws1日目はスモークサーモンのキッシュにサラダ。ルバーブが旬な時期なので自家製ルバーブジュースもね。デザートも、しつこくルバーブケーキ。2日目のランチはA-Jが前夜から作ったチキンスープにデザートはセモリナ粉とコケモモで出来たフワフワっとしたフィンランドの食べ物vispipuuro。やっぱり皆でランチ、会話も進む進む!
d0090294_214267.jpg
ランチ後は、ひたすらカッティング&ピーリング!写真は色んな種類や太さが混ざっていますが、1.5㎝ずつ、誤差がないように切っていきます。大半はA-Jが切ってくれましたが、皆カッティングに挑戦しましたよ~。森での樹皮剥がしやカゴ作り事態は楽しいのですが1番キーポイントになるカットは思った以上に力のいる作業で、そして正確に切っていかないと編み上げた時に支障になるんです。でも、この作業体験をするからに白樺のカゴにも愛情が沸くと思うんです。物ができるまでの苦労や時間も作ってみて初めて分かります。
d0090294_20451456.jpg
ws2日目は去年と同じく白樺細工を何十年も続けているベテランの先生。去年の教訓から、スムーズに進められ時間内に終わりました。先生もユーモアのあるお話やアドバイスも加え今年は沢山お喋りをしてくれました。
d0090294_2044841.jpg
先生の白い車に沢山積まれた白樺細工は、あれよあれよと言う間にws会場の前に並ばれ小さなブティックの変身。大きなものから小さなものまで。職人さんの手は大きく指は太いのに小さなものも編み上げてしまいます。私も体験してにて思ったけど、小さい細工の方が意外と作りにくいのですね。こういう白樺細工は昔では、ごく一般的に使われていたそうですが、時代の流れと共に他の製品が簡単に手に入れられる事になって、白樺細工の価値も今では落ちてしまったそう。日本文化や工芸品などもそうですけど外国人の目からみたら魅力たっぷり~なのは、何処へ行っても同じなのでしょうかね。

「また、会いましょう!」と言って先生は約1時間離れた自宅へ戻りました。とっても優しくユーモアのある先生です。
[PR]
by Kippis_Y | 2013-06-27 21:23 | イベント/event