カテゴリ:未分類( 8 )
予想外!畑つくり再開
d0090294_3261140.jpg
今年も元気に緑の顔を出してきました。毎年、越冬して雪が融けたら1番はじめに顔を出してきます。去年はこんな事があったので雑草畑に生えている多年植物を掘り起こしておきました。こうして今年も綺麗な緑を見られてよかった。
d0090294_3264361.jpg
4年間楽しんだ雑草畑は去年の秋に掘り起こされて今ではこんな景色です。廃水処理設置が出来ました。筒状のものや蓋が丸見えですが、後ほどまた土をかけるそうです。「残念だなー」と思いながらこの景色を二階の窓から見ていました。森の端の方には掘り起こされた良い土がこんもりと山になっていたので、その土を「森の家」の敷地に運び新しく畑を一から作ろう!そんな事も考えていました。そしたら翌日の朝にショベルカーが現れ何やらしていたのでした。
d0090294_3271269.jpg
そしたら!何と私達の畑用に積まれた土を戻しに来たそうです。そして今年も畑仕事が再開となりました、嬉!相変わらずグリーンハウスは壊れたままですが…
d0090294_3281442.jpg
土を掘られた時に出てきた石を拾ってきて野菜や花を植える場所を作ってみたり…ジャガイモの区域を分けてみたり…やっぱり楽しいですね。土いじり。
d0090294_3274229.jpg
戻された土には石ころや根っこが沢山。一緒に土いじりをしている子供が飽きないように、合間を見て根っこで輪投げを作って遊んだり楽しんでいます。
[PR]
by Kippis_Y | 2016-06-02 03:53
3回目のアドベント クリスマスライト
d0090294_225711.jpg
先週末はA-Jの叔母の葬儀に参列したため帰宅が遅くなり日曜の3回目のアドベントは夜、ちょっとだけ灯しました。毎週毎にキャンドルの灯りが増えるので、とっても明るいです。3本目に火が灯る頃はクリスマスカードも届く頃なので部屋に飾り始めます。

d0090294_23144926.jpg


フィンランドでは11月頃から窓辺にキャンドルを飾る習慣があります。我が家のは↑のはライトが3個付いたタイプ。昔ながらのタイプは←のようなライトが7個付いています。外から窓辺を見ると本当にキャンドルが灯っているように見えて素敵なのですよ。特に我が家のデザインのタイプは長くて細いので下の支えの部分が外から見えないので一瞬「あれっ」と思うくらい本物に見えます。他にも大きな星の形をしたライトも人気です。クリスマス期間は1月6日までですが、窓辺のライトはクリスマス以降も楽しんでいる家庭が多いかな。日照時間も短いので日中でも付けたままです。窓辺を楽しめる時期です。
[PR]
by Kippis_Y | 2015-12-15 23:23 | Comments(2)
ヒンメリ作り
d0090294_239281.jpg
ヒンメリの完成!藁で出きたモビールはヒンメリと言ってわれフィンランドの伝統工芸品の1つです。8年くらい前から作ってみたいと思っていたけど…2年前くらいに材料を用意したけど…何で挑戦しなかったんだろう?作ってみたら凄く楽しくってね、今度はもっと大きいの作るぞ~!
d0090294_2395222.jpg
ホームステイに来ていたユカさんと一緒に作りました。この本を読みながらコツを学んで黙々と作りました。難しそうに見えるけど基礎の1つを作ってみると「なるほど~!」っと感激し、すぐに応用編を作りたくなります。組み合わせ自由なので、きっと無限の種類のヒンメリが出きるはずです。昔ながらの道具では中が空洞になっている藁を使うのですが、カラフルなストローを使ったりメタル状のストローで作る現代風なタイプも増えています。いつか完成する森の家は昔ながらのログハウスなので、そんな家のどこかに自分で作った大きなヒンメリを飾りたいな。
[PR]
by Kippis_Y | 2015-09-01 02:58 | Comments(6)
冬の防寒対策 とんがり帽子 新作!
d0090294_22343420.jpg
Kassuと言う名の私がデザイン&縫っている子供用の、とんがり帽子。新しい柄が加わりました。ブルーがとっても爽やかな鳥。レトロ感がある緑×茶の鳥柄。緑×ベージュの馬柄。個性的でしょ?!この4点はコットン素材。追加のフクロウ柄はバンブー素材ですので静電気をおこしにくく殺菌にも優れています。フクロウ柄は生地の在庫がないので、この1点で終了です。人気のネコ柄は、これが最後のネコ柄になります。

d0090294_22345944.jpgこの可愛い羊柄も新作です。実はこの生地はメリノウール100%こんなに可愛いメリノウール生地見た事ありますか~?!私は見た事がなかったので即効で決断して新作とんがり帽子にしました。この生地だけでは薄いので生地を2重にしました。ロバニエミの某生地屋さんにメリノウール生地を買いに行ったら無地ですら売っていなかったのです…「帽子のインナーにしたいので探している」と言ったら、インナーなら伸縮性の生地かフリースにしたらどう?と勧められたのですが…私の拘りは暖かくて肌にも優しく自然素材のもの。なので後程、他のお店でメリノウール生地を購入となりました。拘っただけあって手を入れただけでも暖かいです。万が一汗をかいてもウールなので汗や臭いの吸収性も良くてウール特有の性質で少しくらいの汚れも大丈夫!テストピースではメリノウール素材のリブにしたのですが伸縮性が良過ぎてしまうので茶色のコットンリブにしました。女の子にも男の子にも大丈夫なデザインにしてあります。
d0090294_22351130.jpg
中はこんな感じの綺麗なマスタード色。
1月の中旬にリス柄やライオン柄のメリノウール生地で作る予定です。
d0090294_22352334.jpg
我家の娘4歳&息子2歳も柄は違いますけど同じ形でコットン素材の、とんがり帽子を被っています。-20度の時も被っていましたけど特に寒いとは言っていませんでした。そんなに寒い時はこの下に薄いとんがりのない、すっぽり被れる帽子を被るか、とんがりの上に冬のジャケットに付いているフードをするか、とんがり帽子の上に更に帽子を2重重ねするとより暖かくなります。子供達も柄や、ちょこんと出た、とんがりが好きなようで良い子に帽子を被ってくれます。着替え時が大変な冬には有り難い行為ですよ~。今まで購入してくださった方の話しを聞くと親子に気に入ってくれる方ばかりです。額も耳も首も隠れるので寒さ対策にはバッチリ・子供は首や頭を良く動かすので帽子がずれて何回も被せたりする手間も省けるそうです。リブが少し伸びてきたかな~と思ったら40度で洗濯するか、縮みが心配な方はぬるま湯の手洗いをして下さいね。

今のとこ、馬柄が2点・鳥柄が1点・フクロウ柄(最後の1点)・羊柄が1点あります。今週中にウェブサイトに更新をします。万が一、売り切れになった場合やオーダーを今からしたい方はメールにてご連絡下さい。新作の生地は在庫に限りがあるので早い者勝負です!いちよ1月中旬に追加で縫う予定です。上記のサイズは全て最大52cm程の頭囲のサイズです。2歳4ヶ月の我家の子供達もこのサイズを被っています。4歳3ヶ月の娘は5歳用でも被れるサイズを被っています。1歳前後用や4-5歳程のサイズも受け付けていますので、ご相談に乗りますよ~
(※尚、注文を頂いてからのキャンセルはお断りします。)
時々、サーバーの都合でHPが開けない時があります。申し訳ありません。
kippisk(at)yahoo.co.jpまでご連絡くださいませ。
[PR]
by Kippis_Y | 2013-01-14 01:10 | Comments(10)
フィンランド&ドイツの美味しいもの
d0090294_8311566.jpg
日にちが少々さかのぼりますが大晦日前にドイツ在住の素敵なファミリーが我家に宿泊しに来てくださいました。去年の夏頃にyuckyさんとお知り合いになって、こんなに早くに会えるとは思ってもいなかったので、とっても嬉しい訪問!我家を去る日は彼女の旦那様の誕生日でした。朝のケーキを食べた後に旦那様はA-Jの運転で凍った湖や雪深い森の中をスノーモービルに乗ってサイトシーイング!その間にランチ用のvoileipäkakku:サンドウィッチのケーキにデコレーションをしました。(レシピはコチラ)私は姉弟喧嘩をしている子供達の仲介になっていたのですが…キッチンに戻ってみたらyuckyさん綺麗にデコレーションを完成していました!素晴らしいですねぇ~。この甘くないサンドウィッチのケーキはフィンランドのお祝いの席によく出てきて見栄えも最高。見た目ほど作るのも難しくないんですよ~。yuckyさんの旦那様にも好評でした♪yuckyさん、また作って下さいねっ。
d0090294_8312753.jpg
ドイツからのお土産に美味しいものを頂きました。その1つ、本場のシュトーレン!初めて食べたのですが思ったよりもどっしりしていて色々なものが入っていて美味しい!お正月にも頂いたら味が染みていて更に最高でしたよ~。フィンランドの素朴な味とはまた違って国柄が出ているのかしら?!

ご夫婦で英語も出来てインターナショナルな家族。可愛い2人の男の子も将来、インターナショナルになるんだろうな~。お2人には色々な話しを聞いたのですが中でも、とっても興味深かったのがドイツのお掃除事情。家の玄関やバルコニーはもちろん、キッチンも室内全般見えるとこは常に綺麗にしておく事。お掃除が苦手なお家には近隣の方が注意しに?くる、など。ドキッとしてしまいますよ~。家は物が多い上、整理整頓に時間がかかるのでね。でも、その話しがとっても刺激的で今年の抱負になりましたよ~。まとまった時間が出来たら要らない物を処分して高いとこも綺麗にします!そしてそれを持続させたいな。そんな掃除が楽しみでもある今日この頃です。さてさて1月6日でクリスマス期間も終わりツリーも飾りも片付けの時です。
[PR]
by Kippis_Y | 2013-01-03 17:47 | Comments(6)
8月13-18日 フィンランド・ラーヌヤルビの村でホームステイ&蚤の市ツアー! 参加者募集!
d0090294_1965624.jpg

【定員10名】 7名に変更!
定員が少ないため中止になりました。

フィンランドの人にとって蚤の市は身近で無くてはならない存在です。暇つぶしに出かけた蚤の市で大物に出会ったり、「こんな物を探している」と探しに出かけたり。何十年も前のアンティーク/ヴィンテージ/レトロな物もゴロゴロ。まさに蚤の市は宝庫!蚤の市の種類も色々とあります。ブティック風な蚤の市や、倉庫、車庫、軒下etc... 夏になると道路わきに「蚤の市」看板が出ていて、車を引き返して見に行く、こんなケースもあります。こんな楽しい北欧の蚤の市を一緒に巡ってみませんか? 8月13日(月)~18日(土) 5泊6日の滞在中、ロバニエミ市内の蚤の市訪問、ラーヌヤルビの村から車で数時間、国境を越えてスウェーデンの田舎の蚤の市訪問。スウェーデン側のフィンランド、スウェーデンでは夏限定で個人の倉庫、車庫、軒下で、こじんまりとしたアットホームな蚤の市が開かれています。個人旅行では、なかなか行けない穴場です。行き当たりばったり旅、いかがでしょうか?(※北欧雑貨屋さんにあるような商品や、お目当ての物が必ず見つかるとは限りませんのでご注意を!) 
旅の終わりには疲れた体を癒すハーブサウナ体験もあります。50年代に立てられた古いサウナ、中にはシャワーもなくサウナストーブで温めたお湯で体を洗います。ハーブサウナ後はハーブ園で働く若いご夫婦が体に優しいハーブティーでおもてなしをしてくださいます。

【滞在先】
ロバニエミから約60キロ離れた、とっても田舎の村、ラーヌヤルビでホームステイとなります。ステイ先は我家(最大4人まで滞在可能・2部屋なので1部屋を2人でシェアします)、他に村のファミリー宅にホームステイです。家族には小さなお子さんやペット、馬やトナカイなどの家畜がいる家庭が多いです。アクティブでお料理上手、器用なファミリーばかりです。村にはレストランも大きなスーパーもないので1日3食の手料理を家族と一緒に食べます。家庭で作るラップランド料理は格別ですよ! トナカイ村なので新鮮なトナカイのお肉や、近くの大きな湖で魚釣りをすれば新鮮な白身魚も食べられるのが魅力の1つです。フリータイムやフリーデーはハンドクラフトをしたり、魚釣りやボート乗り、森歩き、お料理、サウナ、ヴィヒタ作り(サウナに必要な昔からの道具)ソーセージ焼きなど各家庭の皆さんと一緒に楽しんで下さい。8月は森にベリーもありますので、家族と森でベリーを摘んで、一緒にお菓子作りも体験出来ますよ。
ホストファミリーは英語が話せる家族です。英語が苦手な人でもロバニエミの空港に着けば日本語対応のドライバーがお待ちしています。各ホストファミリーの家と家は歩いてでもいける距離ですので緊急時は日本語を話せる私達夫婦のどちらかが出動します。蚤の市ツアー中も日本語対応の者が一緒に巡ります。

詳しいスケジュールなどはHPの蚤の市ツアーをご覧下さい。
またはinfo(at)kassunkoti.comまでご連絡下さい。
[PR]
by Kippis_Y | 2012-07-14 03:18
村の法則?
d0090294_6114263.jpg
引越し後、1週間程した頃だったかな、2階のキッチンの窓から外を見たら女の子が両手に花を持って私の方へ大きく手を振っていました。急いで1階の玄関に行くと、引越しの車を貸してくれた近所に住むヘリと娘さんのカイサとカティヤが居ました。引越し祝いの花とプレゼントを持って。「玄関は鍵が閉まってたので入れなかったから車のクラクションを鳴らしたんだけど」との事。全然聞こえなかったわ、、たまたまキッチンに居て良かった。丁度、焼きあがったパンがあったので一緒に食べました。この時、旦那様は家を留守にしていたのでサプライズなゲストが凄く嬉しかった。

ところで家のドア、メイン入り口にはドアベルが無いのでドアが閉まっている場合は叩いてもらうしかないんです。でもでも、
田舎の法則?? 
ドアは昼間、開けたままで良い。

[PR]
by Kippis_Y | 2011-03-26 17:57
ロバニエミ
d0090294_2032695.jpg
真っ青な空が広がるとロバニエミの大きな川:Ounaskoskiも真っ青に変身。
川の隣に出ていた夏限定の赤い建物のアイスクリーム屋さんも、もうお終い。
d0090294_2012302.jpg
川の向こう側はセンター(ロバニエミの街中)です。
d0090294_2012996.jpg
写真を撮った側はレストランバー・ビーチ・キャンプ場があって夏は人気の場所。
今の秋は人も少なく水面の反射を見ながら落ち着いて散歩道が出来る所です。
冬は川が前面凍るのでスノーモービルが行き交います。
d0090294_2065082.jpg
この日の散歩中、白樺の木の奥に見える教会の11時の鐘がなりました。
久し振りに聞いたこの鐘の音。紅葉の色と重なって落ち着くひと時でした。
[PR]
by Kippis_Y | 2010-09-15 17:50