クルクル料理
d0090294_16145765.jpg
リアルな牛の絵が描かれた小さな缶に入ったコーンビーフ、あんなの日本で食べたっけなー昔。マヨネーズと混ぜて白米と一緒に食べるだけでも美味しかったんだなぁ。なんて思っていたら食べたくなったコーンビーフ。出先のお店で探したけど棚に無かったので結局しばらくしたら記憶から消えて食べたい欲望も何処かへ行ってしまいました。ところがスウェーデンのスーパーでバッタリ出くわしました。パッケージデザインがとっても目立っていたのでね。
d0090294_16155867.jpg
缶を開けた瞬間に記憶がよみがえって来ました。「そうそう、こんな風に犬の缶詰風な見かけ」。日本で食べたのと比べると塩が多い感じかな。340gも入っているので小分けにして冷凍して食べています。オムレツに入れたりサンドイッチにしたり焼きそばに入れたり等。それからリエスカのパンにコーンビーフ・レタス・きゅうり・パセリ・チーズを入れてクルクル巻いて食べたら丁度良かったです。このクルクルの食べ方、フィンランドでは中にフレッシュサーモン・ディル・クリームチーズなんかを入れた食べ方もあります。塩漬けしたトナカイの肉バージョンもあります。
d0090294_16234116.jpg
こちらはお惣菜屋さんから買った挽肉のクレープ:jauheliha kreppi。
薄いパンケーキの生地の中には挽肉・お米が入っています。クルクル続きでアップしてみました。
[PR]
by Kippis_Y | 2009-04-18 17:06 | 食べ物色々/food


<< テキスタイル -minun k... フィンランドのキッチン >>