小さな魔女
d0090294_2474833.jpg5日の日曜日、ドアベルが鳴ったのでドアを開けると小さな小さな可愛い魔法達がいました。健康と祝福のお呪いを唱えてもらうとカラフルな羽やリボンの付いた猫柳の枝を貰いました。そして引き換えに飴やチョコレートなどのお菓子を小さな小さな魔女達にあげました。

この風習はPalmusunnuntaiと言ってイースターサンデー1週間前の日曜日にあります。子供達が魔女に仮装して近所を巡ります。黒い尖がった帽子を被って黒いドレスを身にまとった魔女もいればエプロンをしてスカーフを頭に巻いた素朴な魔女もいたり。魔女のメイクも小物もちゃんと揃えて。怖い魔女と言うよりは抱きしめたくなる程とっても可愛い魔女達でした。去年は家を留守にしていたので今年は数回魔女達が訪れてこちらも楽しかったです。


d0090294_248919.jpg


キャンディーと引き換えに頂いた猫柳の枝。蕾が沢山付いているので花瓶に水を入れて飾っています。この枝を見る度にドアをノックしてくれた少し恥ずかしそうにしていた小さな魔女達の事を思い出します。この枝は彼女達のパパと一緒に採りに行ったのかな...ママと一緒にデコレーションをしたのかしら?ドアをノックして待っている間、楽しいドキドキとどんな人が出てくるのか少し怖いドキドキもあったかな?彼女達が大きくなってこの日の事を良い思い出として思い出す事が出来ますように。それからまた来年も再度来られるよう平和な日々が送れますように。
「魔女さん達、ありがとう」
[PR]
by Kippis_Y | 2009-04-07 03:19 | フィンランド色々/Finland


<< Hyvää pääsiäistä! 4.4.2009 >>