陶器 -keramiikka-
d0090294_19364599.jpg
ラップランドの森や路上ではトナカイ・poroをよく目撃します。そしてそしてヘラ鹿・herviはラップランド地方に限らず出没するようです。herviはporoよりも遥かに大きくて場合によっては車と接触したら車や人が負けてしまう程らしいのです。恐ろしいですねー。
herviハンティングのメンバーのMさんが言うには
「herviを仕留めた人はherviの頭が貰える」
その後、一体どうするんでしょうねー。

実は我家にもherviらしきものが壁にいるんです。
去年のクリスマス前にロバニエミよりも更に北の町
イバロで出会って連れてきました我家に。
でもでも本物じゃなくてセラミックで出来た子達です。
って見れば分かりますよねー、本物じゃないって、、。
顔はherviなのに耳?角?はherviじゃないんです。
とっても謎なんですけど個性的で気に入っています。
d0090294_19371441.jpg
陶器と言えば日本の陶器って味があって雰囲気たっぷりですね。
こちらの陶器は私達が結婚した時に友達から頂いたプレゼントです。
アメリカ人の彼は当時、日本に住んでいて陶器は北海道の作家さんが作ったものだそう。
一瞬、花瓶?っと思ったけど日本酒を飲む時に活躍しています。
こちらでも日本酒はアルコール屋さんで買えるけど高いので...
この陶器が登場するのはごくたまーにだけど普段は棚に飾ってあります。
我家には&フィンランドには、この陶器に合う「おちょこ」が無いので
いつかの日本里帰りにでも入手したいなぁ。
フィンランドの有名な陶器も好きだけど、
こういう日本の渋い&お洒落カッコ良い陶器、集めたいなー。
[PR]
by Kippis_Y | 2008-10-23 02:48 | 雑貨・インテリア/Interior | Comments(28)
Commented by lahja at 2008-10-23 10:25
こんにちは^^彼の実家がkuusamoとkajaaniの間くらいなのですが、よく庭にもherviがやってくるそうです。写真で見ましたが、馬よりも大きい姿にビックリしてしまいました^^;お父さんがハンティングのメンバーなのですが、確か頭のハクセイが飾ってあったような。。。
壁のherviがとてもかわいいですね^^
Commented by maco at 2008-10-23 12:48 x
私も焼き物大好きなので、お気に入りのをフィンランドへもかなり送る予定です。
信楽焼きとか素朴でごつごつした焼き方が好きです。
壊れてたらショックだけど、パッキング厳重にしよう!
ヒルビは想像してたのより凄く大きくて私もビックリしました。
私達はクリマスイブ近くからロバニエミへ帰省すると思うのですが、kippisちゃん達は今年のクリスマスはロバニエミでしょうか?
Commented by Kippis_Y at 2008-10-23 14:45
♪lahjaさん
庭にヒルビが出没ですかぁぁぁ!
しかもlahjaさんの彼のお父様はヒルビハンター。
頭のはく製があるとは、もしかしてヒルビを仕留めたのでしょうか?!
私がヒルビを車から見た時は子供だったからかな?小さかったんです。
ロバニエミのアルクティクム博物館のヒルビのはく製?模型?は巨大で
あれを見たら当然車や人はかなわない!って思いましたね。
lahjaさんはヒルビのお肉は頂いた事ありますか?
私はまだ未体験なのです。興味はあるんですけど機会がねぇ...
Commented by Kippis_Y at 2008-10-23 14:53
♪macoさん
macoさ~ん、macoさんのお家に行きたい!コレクションの数々を見たいわぁ。
きのこグッズも、もちろん来るんですよねぇ。楽しそうだなーー!
陶器、こちらへ送る時に割れないとよいですね。くれぐれも厳重にしないと!
私達も里帰りをした際には沢山買いたい物があって考えるのが楽しみ。
でも持って帰る時に泣きそう。重すぎて、笑。
おおっ、、クリスマスはロバニエミで過ごすのですねmacoさん。
私達は今年のクリスマスはロバニエミに居ようかなぁって思うんです。
もしかしたら義理のお母さんが来るかも?まだ彼女が来るのは未定ですけど。
そしてそのまま年末年始もロバニエミに居ると思うので会いましょうね!
macoさんは年末年始もロバニエミにいらっしゃるのかな?
新年は着物とか着ちゃったりするのかな?私も着たいなぁでも帯が無い...笑
また例の穴見に行きます??って冗談ですよ~
Commented by くれふぃぐ at 2008-10-23 15:15 x
こちらにもお邪魔します♪
すごい素敵!頭に羽が生えているみたいですね~!

過去ログも読ませていただいて、赤いお鍋などなどヨダレモノでした。
ただ今我が家のキッチンは、赤ブームなんです(笑)
Commented by lahja at 2008-10-23 17:56
そうみたいです^^以前に仕留めたらしく、コテージの方に飾ってあるのですが、なぜか怖くて私は直視出来ません(苦笑)アルクティクム博物館、6月に見に行きました!たぶんそれよりも少し小さいくらいですね、それでも十分大きいですが^^;私もヒルビを食べることは未体験です。移住したらチャレンジしてみたいと思うので、食べたらご報告しますね(笑)
話は変わりますが、6月に行った時にアルクティクム博物館にすごくはまってしまい、3時間過ごしました(笑)しかも閉館時間になってしまったので泣く泣く出てきた状態なので、ぜひまた行きたいな~と思っています♪

Commented by julia at 2008-10-23 19:23 x
これはフックじゃなかったんですか?・・・ということは、飾り?
アップで出て、喜んでいます。ありがとう!
鼻のところが、ちょっと豚っぽくて、あははと受けてしまいました。(笑)
耳は大きいんですね~。^^
Commented by Kippis_Y at 2008-10-24 06:13
♪くれふぃぐさん
こちらにも、ありがとうございます!
不思議な動物ですよね、ほんと頭に羽があるような感じで。
陶器の色も微妙に違ったり白い上塗りがしてあるのもありました。
おそろいで色違いのを義理のお母さんにクリスマスにプレゼントしたんです。
はははは!ヨダレモノに受けてしまいました、笑!!
我家と一緒ですねキッチンに赤いもの~
これからクリスマスも近いし、ますます赤いものに目をやられますね!
Commented by Kippis_Y at 2008-10-24 06:19
♪lahjaさん
お父様、なかなかやりますね~
はははは、私も実際に大きなヒルビの頭が飾ってあったら直視は...
でもお肉は食べてみたい...酷いかしらー?!
lahjaさん、お父様にいつかご馳走される日も遠くなさそうですね。
是非その際にはお知らせレポを!
アルクティクム良いですよね~私も好きです。そこのレストランもお勧めです。
ロバニエミのレストランの中でも隠れた存在で良いんですよ~。
そうそう、ahjaさん、アルクティクムの寝転がってオーロラが見られる所
あれ素晴らしいですよね、それから北極圏の四季が見られる映像も観ましたか?
音楽も映像も良いですよね。建物のデザインも面白いし。
また来られる際には是非ともゆっくりゆっくりして下さいね。
Commented by Kippis_Y at 2008-10-24 06:22
♪juliaさん
喜んで頂いて良かったわ!
そう、これフックじゃないのに写真を撮るために無理矢理フックっぽく...
この生き物が落ちるんじゃないか、そーっと写真を撮りましたよ~。
ちょっと隠れた所?(廊下)に飾ってあるので人目が付きにくいんですけど
たまにはブログで...笑、人目に付いて頂きましょう。ははは
Commented by 越後屋 at 2008-10-24 11:35 x
 可愛いですね〜。本当にいつも写真のセンスに脱帽です。トナカイは旅行で行っただけでも遭遇するから本当に良く見ますね。でもヘラジカは見た事ないなーフィンランドでは。
 村でもハンティングをする人が写真を見せてくれるのですが、ヘラジカしとめていました。肉は美味しいと。トナカイと似てるのかな?
 陶器良いですよね、日本の物は繊細なものから大胆なものまで幅が合って。フィンランドのものも好きだけど。ロシアのものは派手だったり総柄だったりで私にはなかなか使いこなせそうに無いものが多いのですが、意外に普段使いのものにシンプルで良いものがあったりします。
 日本製といえば、我が家はうどん用の鉢がとっても役に立っているのですが、あれってなかなか無いと思いませんか他の国で代用出来る大きさの焼き物。
Commented by Kippis_Y at 2008-10-24 14:07
♪越後屋さん
あーー嬉しいです、写真の事を言ってもらって。
私もトナカイにはよく出会っていたんですけどヒルビはなかなか見られなくて。
でもウツヨキに行った時に何頭か目撃したんです、車から。
でも思ったのよりも小ぶりで逆にビックリ!
でも大きいのが出てこられたら困ってしまいそうだけど...
以前に「ヒルビのお肉があるからダンスしていかない?」なんて難破されたんです。
何処かのおじいちゃんに・笑。忙しかったので出来なかったけど、、ははは。
なかなか新鮮なの食べられないですよねー、しまった!
確かに日本の陶器ってバリエーションが幅広いですよね。
それにうどん用の鉢、言われてみれば。
もしかして越後屋、うどんも手打ちしてしまうのですか~??
Commented by neliapila* at 2008-10-24 19:27 x
herviの肉、こちらにあるレストランで食べました!
味はトナカイよりも食べ易いかな〜(←個人的な感想)

先週末、ロバニエミに行ってきましたよ〜
雪が降っていて(すぐにやんでしまったけど)、すっかり大人なのにはしゃいでしまいました(笑)
いつか私もロバニエミでクリスマスを過ごしたいですわ!
Commented by ぎすぃ。 at 2008-10-25 00:07 x
ユニークな壁飾り(?)ですね。これは壁に突き刺さってるのでしょうか(笑)?
陶器もすごく渋いですね~。ワタシは岩手が故郷なので、陶器ではないですが、南部鉄瓶を思い出しました。ストーブの上に置いておくと持ち手まで熱くなるので子供のころは大嫌いでしたけど、なぜかそれで沸かすと美味しいんです。
Commented by Kippis_Y at 2008-10-25 04:58
♪neliapila*さん
hervi召し上がったのですね~。
トナカイよりも食べ易いって事は結構アッサリしてるのかな?
鶏肉と比べるとどんな感じなのかなぁ~それとも比べようがないかな...
ロバニエミはいかがでしたか?
雪が降ったとは、私は見逃してしまいましたよ~
今年もクリスマス時にホワイトクリスマスになれば良いな。
glöggiを飲んで温まってクリスマスソングを聴いて。
あーこれだけでも何だかワクワクしてきます。
neliapila*さんクリスマスはロバニエミの家族と一緒に過ごす予定はあるのかな?
Commented by Kippis_Y at 2008-10-25 05:03
♪ぎすぃ。さん
この生き物はですね、後ろにフックがあってそこに掛けているんです。
落ちるかな?ってはじめは不安だったもの、よく付いています。
ほほ~南部鉄瓶とは!鉄瓶で沸かしたお湯やお茶、美味しいって言いますよね。
私の旦那様がまさに日本に帰ったら購入したい物の中に鉄瓶があるんです。
重さもあるけど里帰りの際には持って帰ります!
そっか、なるほどなるほど、雪ん子のぎすぃさんは岩手出身なのですね。
岩手と言えば美味しい「塩ロール」がありますね。野田でしたっけ?
あのロールケーキは私の食べたロールケーキの中で1番美味しいです!
Commented by 越後屋 at 2008-10-25 14:06 x
 はい、うどんも手打ちです。村では中国製の素麺というなの冷や麦見たいなものは売っていますが、その他はアジアの麺なんてないので。
 そしてロシアの郵便事情で麺類は送れないという文面がまだ生きているので万が一発送元へ送り返されるといやなので日本から送る事も一応控えているのです。自分たちで持って来るのも量は重くなるので持って来れないから手打ちが一番簡単。
 美味しくうてますよ。こちらの粉で十分に満足出来るものがうてます。そして冷凍切った生麺を冷凍しておけばいつでもうどんが食べられます。
Commented by ぎすぃ。 at 2008-10-25 14:31 x
鉄瓶で沸かすと、鉄分も取れるので女性に良いと聞きます。銀座に岩手のアンテナショップがあるのでいつも眺めていますが高価です(苦笑)。
えええっ、野田村の塩ロールは有名なのですか!?(汗) 野田村からほんの数分先にある街がワタシの故郷でございます。というか、塩ロールを知りません(滝汗)。ド田舎のモノが Kippisのお口に入っているとはオドロキでございますー!
Commented by Kippis_Y at 2008-10-27 01:45
♪越後屋さん
驚きました、そちらへは麺類はおくれないとは、、、!!
他にも送れそうなのに送ってはいけない物なんてあるのかなぁ?
せっかく送って送り返されたら残念ですよね...
ダメならダメで作ってしまうとこが越後屋さん。
きっとおいしい手打ちうどんに間違いないです。
現地の人にも作ってあげたりもしてるのかな?あー私も食べたい!
Commented by Kippis_Y at 2008-10-27 01:49
♪ぎすぃ。さん
これは貧血の人によろしいですね~。お湯もマイルドになったりするのかな?!
はいはいはい、塩ロール知っていますよ~
北海道に住んでいた時に知り合った人が野田の出身で実家に帰った時に
お土産として頂いたのです。あの美味しさにビックリしました。
それ前までは全然知らなかったので今じゃ私の中で岩手名物のお勧めです。
しかもぎすぃさんの故郷は野田から数分とは!偶然ですねぇぇぇ!!
Commented by 越後屋 at 2008-10-28 13:52 x
 ねーロシアの郵送禁止物って恐らく昔の東側西側って言っていた時の西側文化をいれないための規則がそのまま残っているのだと感じます。だって布だの糸だのもだめ、麺類、チューインガムも駄目って今じゃロシア製だけでなく色々な国のがあふれているのに。
 だから恐らく送ったら大丈夫かもしれないけれど、万が一規則に忠実な人が見て送り返されるとなえるので送った事が無いのです。
 うどんね、慣れると会社から帰って来て、「今日はうどんが食べたいから夕食うどんにしよ〜」って作れるようになりますよ。私うどん大好きなので乾麺では物足りないのです(苦笑)
 現地の人には振る舞った事ないや、でもロシアも中央アジアの方にはうどんの様な料理があるのできっと平気だと思います。
 ねー遊びに行ける距離だったら作りに行くのに。隣の国ですが恐ろしく遠いですからね〜住んでいるところ。
Commented by Kippis_Y at 2008-10-28 14:57
♪越後屋さん
そっかぁ、、そういう背景があるのですね。
でも未だに改正しないって、、結構送ってる人がいたりして。
でも大量に送ってチェックされて×だったらショックかも...
ほほぉ!うどん打ちが苦じゃないって素晴らしい。しかも会社から帰ってきて
作ってしまうとは、これは凄いですよ。
私なら週末!とか特別な時に気合も必要そう、笑。
私の母も手打ちうどんを作るのでコシのきいた美味しいうどんが出来ます。
あー懐かしいなぁ。ほんと隣の国とはいえ遠いんですよね...
Commented by 越後屋 at 2008-10-28 19:18 x
 そうなのです、郵便物が紛失したり届かない事は私が試しているものに関してはありません、駐在員さん達の間では「良く送るよなー」っていわれていますけど。
 いい加減改訂してもらいたいです。絶対に送っている人いそうでしょ?そう言えば厳しいのは缶詰。これはかなり厳しいらしい。ってまあ日本から送りたい缶詰は特に無いので良いのですけどね。
 お母さんも手打ちうどん作られるんですね。コシがあって美味しいですよね。私は捏ねるのは良いのですが、延ばし→切りの作業は連れ合いの方が上手なのでそれはお願いしちゃいます。
 たいてい半分はその日食べて、残りは冷凍という感じ。
 距離は遠いけど、一時帰国ではフィンランド経由が日数的にも値段的にも短かったり安かったりするから不思議ですね。
Commented by Kippis_Y at 2008-10-29 07:53
♪越後屋さん
へーー!缶詰が厳しいなんて以外ですよーー!
私はサバの缶詰を送ってもらったばかりで美味しいっと感激してたんです。
でも何で缶詰が厳しいのかなぁー。
新鮮なサバが入手できれば家でもサバの味噌煮が出来るのに。
旦那様の好物なんですサバの味噌煮。
うどん、ご夫婦で一緒に作るの良いですねぇ~
これからの時期、温かいうどん食べて温まれますね。あーズルーっとしたい!
Commented by 越後屋 at 2008-10-29 14:29 x
 鯖は冷凍物ですが干物にしても味噌煮にしても美味しいのが手に入るので、こちらは心配ないのです。我が家の連れ合いも大好物。同じですね〜。
 うどんご主人に覚えてもらったら如何でしょう?コツが掴めれば難しくは無いですし、冷凍しておけばいつでも食べられますよ。

Commented by hotaten at 2008-10-31 12:30
何と素敵なトナカイさんと日本の陶器、どちらも作家さんのものでしょうか。可愛いですね〜。
上の記事の学校の課題も楽しそう〜。フィンランド美術大学、本当に羨ましいです♪ 
Commented by Kippis_Y at 2008-11-05 02:12
♪越後屋さん
鯖料理が出来るとは良いなぁ~
しかも干乾にも出来るなんて今じゃ贅沢品ですよ~
魚料理が増えるだけでも料理の枠って広がりますもんね。
ははは、良いアイディアですね、旦那様にうどんを打ってもらうの!
実は日本に居た時に旦那様が小学生と一緒に参加した合宿でうどん打ちをしたんですって。残念ながら私は参加しなかったので食べられなかったけど、も~幻のうどんとなりました。でもいつかはチャレンジしたい一品です。
Commented by Kippis_Y at 2008-11-05 02:16
♪hotatenさん
そうで~す作家さんのものです。あっ、この馬の様なヒルビの様な...と思っていたら
hotatenさんから「トナカイ」の声が!これまた新しい見方ですねぇ~
雰囲気があって好きなんです。欲深なのでもっと他のアイテムが欲しいなぁなんて。
フィンランドでは小さいうちからアートにふれる人が沢山いて私自信凄く
刺激になっています。楽しいですよ~


<< フィンランド料理 lihapi... Hyvää syntymäpä... >>