フィンランド雑貨 白樺
d0090294_2154691.jpg
ようやく出会えました。この小さな小さな白樺の靴に。
こちら長さが10cmくらいかな?誰にも履けない飾り用の靴です。



d0090294_2183531.jpg
7月の中旬、ロバニエミより1時間程離れた町で中世時代を再現した?小さなお祭りがありました。鉄で作られた品々やウール製品・森で取れたベリーのジャムやパンやクッキー、トナカイの皮やエルクの角や歯で作られた小物やアクセサリー等が売られていました。規模も小さく、お土産屋さんで見るような品も多かったので残念...と思っていた矢先に白樺雑貨のお店を発見。お店の主人はモッサリした、いかにも森の男という感じ・笑。でも、その男性の前には白樺の皮で作った可愛い小さな靴やカゴ・昔のキッチンツールが並んでいたんです。
私が初めて白樺の靴やバッグを目にしたのは旦那様のおじいちゃんに初めて会った時。おじいちゃんのお母さんが作ったお手製で以前は飾りではなく使用していたそう。今でもちゃんと綺麗に大事に保管してあったのが凄く印象的だったのと生活の知恵の素晴らしさを教えてもらった時でした。

それから欲張りな私はフィンランドに住んでいる事だし自分でも欲しい、という欲の反面、なかなか出会えなかったのです。このお祭りで偶然に発見したとたんに嬉しくなって我家に連れて帰ってきました。これからもカゴも集めてみたいなーっと。それよりか作り方をマスターしたいわっ。
d0090294_1834244.jpg
今では飾りとして白樺の皮製品が日本でも人気ですけど昔は暮らしに必要な物として幅広く活躍されていたそう。こちらはキッチンツールの1つで確かパンをフラットにする道具だそうです。
d0090294_21521993.jpg
この他にも面白い生活の知恵。白樺の皮をはいで丸くくり抜いてクルッと巻いて
裂け目を入れた枝にさして出来上がったlippaと言うコップです。
d0090294_18333910.jpg
コップと言えば有名どころでフィンランドの工芸品のkuksa。
去年の夏に旦那様がククサ職人と出会って白樺採取から教えてもらったククサ作り。
お店で売られているのは機械加工なので形が同じ物が多いんですけど
こちらは旦那様オリジナル。ナイフ1本と能見・やすりで作ったそうなんです。
白樺の皮はもちろん、木自体を工芸品や生活用品に使ったり、薪として使われたり
キシリトールが採れたり、枝もこんな活用が出来るのでとっても貴重な存在なのですね。
[PR]
by Kippis_Y | 2008-08-01 22:10 | フィンランド色々/Finland | Comments(10)
Commented by posio at 2008-08-02 09:43 x
こんにちは♪
フィンランドで思い出すのは・・白樺ではなく、私の場合は
針葉樹の森です☆旦那様オリジナルのコップ、ステキです♪
世界に1つしかない手作りのステキなコップですね♪
木製品は温かみがあって好きです☆
Commented by 越後屋 at 2008-08-02 11:17 x
 素敵ですね、やっぱり手作りの物はついつい欲しくなってしまいます。 
 白樺細工、寒冷地(白樺が自生する地域)に広く分布していますね。遠くシベリアでも盛んなんですよ。私が日々遊びに行っている芸術家さんは白樺の樹皮に油絵を描く画家が本業ですが、お父さんから白樺細工の手ほどきを受けたそうです。
 そして、私はそれを習っています。フィンランドにも恐らく白樺細工の作り方の本があると思いますよ。ロシア語は読めないのですが、図があるのでたいてい作る事が出来ます。
 丁度私も白樺細工をアップしたところだったので「おお〜」と思ってしまいました。
 芸術家さん宅では、パンや大蒜を入れたり、椅子にしたり。花壇の縁に飾りとして編んだり。色々使われています。我が家はスプーん入れや塩入れとして使ったり。
 また日記に載せますね。

 あーそれにしても旦那さんのコップ素敵。私もまた何か掘ろうかな〜。今は木製のお皿が欲しいのです。
Commented by meeez at 2008-08-03 14:25
ステキですね~
うちの裏にも白樺の木がたくさんあります。
皮はいでやってみようかなぁ~
不器用なので、絶対ムリ
やりませんよ~(笑)
Commented by maco at 2008-08-04 20:26 x
白樺細工の靴、可愛いですね!
私はこれで長靴のを知り合いの方にいただいたのですが、靴も欲しい〜。
かごも可愛いですよねぇ。
私は前から知り合いの方のおじちゃんが作ってる白樺でできたハ
ンドバッグが欲しいんです。
だんな様、ほんとに器用!なんでも作れちゃうんですねぇ。感心しちゃう。
このククサもオリジナルな形で素敵!
Commented by mrs-jasmine at 2008-08-05 12:46
こんにちは~。
ちょっとお久しぶりです。^^

白樺といえば、北海道を思い出されるのではないですか??^^
温もりを感じますね。素敵だな~。

そうそう!
もうひとつのブログ拝見しましたよ~。
とてもHappyなニュースに
なんだかわたしまでうれしくなってしまいました♪
Babyと出会えるの、今から楽しみですね☆^^
Commented by Kippis_Y at 2008-08-07 03:32
♪posioさん
posioさんのイメージは針葉樹なのですね~
白樺は北海道で見慣れているからかな?!
私が北海道へ行く前は白樺のイメージでした。
こちらでも北海道みたいだな~っていう場所がゴロゴロあるんです。
そうそう、この中世の生活を再現したお祭りはposioの道中だったのです。
サインが出るたびにposioさんの事を思い出しましたよ~
もしかしてposioに滞在していた時にこの場所行ってたりして??
普段は滝が有名らしくって、結構な見ものでした。
ロバニエミからposio方面に行く左側の道を入っていくとあるんです。ご存知かな?
Commented by Kippis_Y at 2008-08-07 03:37
♪越後屋さん
おっ、面白い!皮に油絵!
油絵のキャンバスは色々なファブリックから出来るのは知っていたけど
白樺の皮を使ってはお初です。素敵なアイディアですね。
そうそう、手作りって温もりがあって時間をかけて作るから価値も違いますよね。
私は手作りされている方からじかに購入するのが好きです。色々と聞けて。
白樺細工の本、これは良いアイディアです。本屋さんに行ったらチェックしないと!
私も小さな白樺で編んだ籠を角砂糖入れとして使いたいんです。
とっても可愛らしいですよね、きっと!
木製のお皿、木さえ入手すれば越後屋さんなら作ってしまいそう!
Commented by Kippis_Y at 2008-08-07 03:39
♪meeezさん
えぇぇぇ~お家の裏にせっかく白樺があるのならっ!!
こちらでは、そこら辺にある白樺を剥ぐ事は禁止なんですよ~
でも中には剥がされている跡があったり...
白樺の皮を使ったアクセサリーもあるんですよ~
あぁぁmeeezさん、間違った!と思って裏の白樺の皮をベロンと!笑
Commented by Kippis_Y at 2008-08-07 03:43
♪macoさん
macoさんは長靴を持っているのですね~
そしたら靴も揃えないと!!でも籠もバッグも欲しいし
パンを置いたりするトレーも欲しい!!こうなったらキリがないですよね...
知り合いのおじちゃんが作っているならmacoさん入手できそうじゃぁないですか!
もしかしたら教えてもらっちゃったりも♪いいなぁぁぁ(勝手に妄想中!)
是非、今度我家へ来る時はククサ手に持って下さいね~!
Commented by Kippis_Y at 2008-08-07 03:46
♪ジャスミンさん
お久しぶりです!と言いつつ...ジャスミンさんの美味しいブログチェックしてるんです。
日本の夏は暑いようですが...美味しい食事があれば楽しみも増えますね!
そうなんです、まさに白樺をはじめ、フィンランドの風景は北海道と似ている感じで
北海道を思い出す事もよくあるんです。でも空は明らかに違う感じ!
新しいブログも拝見してくださってありがとうございます♪
お言葉も嬉しいです。今は食欲旺盛で困っております~あらららら


<< ロバニエミの自然 **お知らせ** >>