luistella-skating
d0090294_17515980.jpg
家の近くにある野外スケートリンク。サッカー場が冬はリンクになるので入場料はタダ。
誰でもスケート靴があれば滑れます。

私は義理のお母さんから受け継いだ古~いスケート靴で。旦那様は蚤の市で発見・激安ビックリ価格2ユーロで買った何とも古いけど「古いなりのカッコ良さ」を持つスケート靴。「大丈夫なの?」と私の心配も何のその。1時間位楽しく滑る事が出来ました。




普段からザワザワな賑わいはなくホッケーの練習で使っている時は隣のリンクでも滑れます。その日の夜は人も少なく氷の上にはうっすら雪がかかっていて風で雪が吹かれる様子は幻想的でロマンチックでした。あまり寒くもなくて絶好の日!そこで私達の頭に浮かんだのはスケート好きな日本の友達。彼女にもこの贅沢を体験して欲しい。彼女とは高校のクラスメイトで卒業してからも帰省する度に会って美容師であった彼女は私の髪をアレンジしてくれたりツボなお店に連れて行ってもらったり。少し気の抜けた感じは私を和らげて+頑張りやで努力家の彼女からは刺激を貰っていたのです。きっと彼女は自分では気が付いていないけど、これまた素敵な女性なんだな~。
そんな彼女の事を思い出しながらス~イスイっと、、おっっ危ないこけそうだったよ・笑

ヘルシンキから比べると田舎なロバニエミ。街中へ行くと知り合いに会う確立が多い小さな町・笑。
でも一歩家から出たら自然が広がっていて気軽に散歩を楽しめるのも好き。
今回の様に夕飯を済ませて「じゃスケートでもしに行こうか」と徒歩で行ける距離や気軽さ。
飾らない・素朴で自然に触れながら生活をする事はとっても贅沢だなって感じます。
なんせ、私は田舎育ちですもん...ぐははは!
[PR]
by Kippis_Y | 2008-02-02 17:49 | フィンランド色々/Finland


<< Runebergintorttu フィンランドの行事 laski... >>