間違えやすいフィンランド語
d0090294_19315119.jpg
買い物中に旦那様に「マリネードしたsiiliでも買おっか~」
旦那様「あっっ…。気を付けてねーーー汗」
うっっ、、どうやらまたやってしまった…しかも大きな声で。
私が言いたかったのはマリネードになったニシン=silli(シッリ)
でも私が言ったのはマリネードになったsiili(シーリ)=ハリネズミ
うっ、考えたら気持ちが悪いけど似過ぎだってばこの単語!

と言いつつも…旦那様も帰国してすぐにスーパーで
私「どのパンにする~?」
旦那様「このOSIでいいんじゃな~い」
私「えっ…これってISO(大きい)だってば!」ぶはははは!
(パッケージが逆さまになっててパンのロゴISOをOSIって読んでた…)
そんなマヌケ夫婦ですがsilliとISOを使った料理の紹介です。



d0090294_1933159.jpg
フィンランドの伝統的な食べ物。
新じゃがが出回る夏に皮付きのままじゃが芋を茹でて
バターかマーガリンをじゃが芋に付けて
マリネードになっているニシンと一緒に食べます。
けして豪華でもないどけシンプルに素材の味を楽しめて私は好きです。
d0090294_19342248.jpg
そしてこちらは1週間に1.2回は食べるISOのパンを使った自己流料理。
ISOのパンと言っても特別なものではなくてトースト用食パンです。
こちらの食パンは10cm×10cm程で日本のものより遥かに小さいんです。

ランチや小腹が空いた時、暑い時にはとっても食べやすいんです。
しかも冷蔵庫にあるもので簡単に出来るので役に立っています。
大まかな作り方を載せておきますので参考に!


☆☆材料 2人分☆☆
食パン10cm×10cm 2-4枚 
※出来ればフランスパンか田舎パンがベスト
オリーブオイル 大1 or バター又はマーガリン 大1
ガーリック 1-2片

好みの野菜(トマト大1 きゅうり1本)
お好みでスライスしたオリーブ又はケイパー適当 
お好みのチーズ 適量
(フェタかモツァレラが◎ プロセスチーズでもOK) 
オリーブオイル 大1-2
バルサミコ酢(あったら)大1/2
粗引きブラックペッパー少々
乾燥バジル たっぷり

☆☆仕上げ用☆☆
ツナ 1缶 
(ハムでも茹でたチキンでも◎ 野菜だけでもOK)
お好みでオリーブオイル 大1と乾燥バジル


☆☆手順☆☆
①野菜とチーズを小さくサイコロ切りしてオリーブとバルサミコ酢
乾燥バジルをボールに入れて混ぜ少し置いておく。
②熱くないフライパンにオリーブ又はバターかマーガリン
厚めにスライスしたニンニクを入れ焦がさないようにフライパンを熱する。
③ニンニクの香りがしてきたらパンを入れて両面焼く。
※ニンニクが好きな人はもう1片を半分に切って
焼きあがったパンの表面にニンニクを擦って香りを付けます。
④焼き上がったパンが熱いうちにマリネードしたサラダとツナを載せて
お好みで更にオリーブオイルと乾燥バジルをふりかけて出来上がり!

パプリカを追加しても美味しく出来ますよ~。
マリネードはパンが隠れる程のせて食べると美味しいです。
沢山作っても後でサラダとして食べられるので豪快に!
[PR]
by Kippis_Y | 2007-07-20 19:39 | 食べ物色々/food


<< 素麺さん、素麺さん、、。 奇妙な音… >>