お家に帰りたい...
d0090294_3533824.jpg
夜行電車の長旅を終えてようやく着いた南イタリアのナポリ。
北と比べて経済的に貧しく町も汚いと言われています...
この町で私のテンションはガタ落ち...



そうそう、ボローニャでの出来事。
ボローニャの夜行電車が12時頃出発なのに待てど電車は来ません。
アナウンスも全部イタリア語で何で遅れるのか&いつつくのかも?
結局電車が発車したのは2時間半遅れの午前2時半。
イタリアの電車が遅れるのは予想してたけど、ここまで遅いとは...
ボローニャから乗った人は席がなくて通路に座ったり、
これから数時間もここに居るのは辛いな~って状況でした。
電車が数時間も遅れて眠気も増して皆イライラがピークに。
ドアを蹴る人が居たり荒れている人が沢山いました。
思わぬ出来事だったのでとっても疲れました。
そんな中でも年配のアルゼンチン夫婦の方と仲良くなって
英語が得意ではない彼らと&イタリア語もスペイン語も出来ない私達
写真を見せたり絵を描いたりしながら楽しいコミュニケーションをしました。

さて、ナポリですが...
北イタリアに住む友達に「ナポリ行くんだぁ」と言ったら。
「ナポリは素晴らしいけど一回訪れれば満足だよ」。
「ナポリに行くとスリや多いから気をつけて」
「交通ルールは無い様なものだから道の横断は良く見て!」
と何回も念を押されました。
なのでナポリに着いてワクワク・ドキドキと言うより
「膨らました風船が今にでも割れそうな程の緊張感。」

ガタガタ揺れるバスに乗って緊張感がほぐれ、その後歩いてたら
1人の男性が近づいてきて何やらゴニョゴニョ言ってるわ。
イタリアではパスポートを持っていない外国人が道端で何か売っていたり
バラやバッグを売ったり、お金をせがんで来るけど、申し訳ない!シカトです。
でも、この行為初めて経験した時はチョット怖かったわ。

その後もテクテク歩いて、ふと旦那様のバックパックを見たら...
サイドポケットのジッパーが開いてるーーーーー
その時は大した物は入ってなかったなんて思ったけど後々発覚した事。
私のジュエリーポーチが無いではないかいっ!
まっ、自分のバックに入らないから慌てて旦那様に私たのも反省だけど...
おまけにデジカメの充電器も抜き取られてる!!
思い当たるのはガタガタ揺れの激しかったバスの中(涙)
そんなこんなで私のナポリでの思い出は苦く悔しいものとなりました。
なので行きたかったピザ屋にも行く気にもならず「早くお家に帰りたい」と思いました。
ちゃんとしていたと思っていても相手はプロ。甘かったです。ガックシ...
[PR]
by Kippis_Y | 2007-05-16 04:48 | 国外旅行/travel abroad


<< 太陽の島イスキア ボローニャで食の誘惑 >>