2017年 クリスマス やっぱり今年も生木

d0090294_20533981.jpg
2017年のクリスマス、余ったクリスマスツリーの枝を使って2階のドアに飾り付け。
d0090294_20555855.jpg
今年も生木を伐りだしに我家の森へ...木と木が重なり合っている場所から1本鋸で切り倒しました~。
d0090294_20565881.jpg
お手伝いさんは7歳の息子。どれがいいかな~
雪深いので青いソリにはスノーシューを入れて、それから鋸も。
d0090294_20574996.jpg
「切れた~!」スノーシューを履いたA-Jが森から出てくると、何処かのおじさんがスノーモービルで登場。おじさんは立派はクリスマスツリーを後ろに運んで自宅へ帰る所のようでした。コテージに子供や孫が来るのかな。
d0090294_20585873.jpg
シャワー室でクリスマスツリーはシャワーを浴びて雪を溶かしてバケツに水を入れしばらく置いておきました。その後2階へ移動~。生木にはちゃんと水が入るスタンドがあります。そこに立てて水やりが出来る仕組みになっています。フィンランドの室内は暖かく乾燥しているので水やりが必須です。でも、これが結構針が落ちるので毎日掃除です...

子供達は喜んでクリスマスツリーに飾り付け。オーナメントは、もう10年以上使っているシンプルなもの。こんな感じの素朴なツリーがフィンランドのクリスマスツリーです。「今年はツリーどうする?プラスチックにする?」「何?プ、プラスチック?ダメダメ、もちろん生木に決まってる!」私達夫婦の会話、笑。うん、主人A-Jの言う通り生木で良かった。不揃いな枝の生木、やはり部屋に飾ると雰囲気が良いですね。

[PR]
by Kippis_Y | 2018-01-06 21:16 | 村の生活/village life


<< 2017年 クリスマス 料理 2017年 クリスマス ジンジ... >>