2017年 阪急うめだ 北欧クリスマスマーケット 夢のような世界
d0090294_17041179.jpg
11/20から滞在した大阪。30日に家族の待つフィンランド、ラーヌヤルビの村へ帰ってきました。この写真の会場は、阪急うめだ9階の催事場、11/21-12/25まで、北欧クリスマスマーケットが開催されているのです。私とウッラのお店は写真向かって左側。去年も参加させて頂いたのですが、何と言っても、巨大ヒンメリが魅力的です!毎年デザインが変わるという、本当にゴージャスなのです。これだけじゃなく1時間毎に音楽と光が放たれ贅沢空間です。9階から10階に行く階段は座れるようになってて凄く良い空間デザインです。こんな場でお仕事が出来て本当に幸せです。

d0090294_17052320.jpg
会場には沢山の可愛いお店があり、ゆっくり時間を過ごせます。今年はチョコレート、アイスクリーム、紅茶、コーヒー、パン屋さんもあって、購入したら階段の所に座って食べられるというのも素晴らしい。私とウッラのお店のみ、フィンランドから作家さんが来てワークショップをします。私が居た時は写真向かって右正面が、来日中の作家さんの商品が販売になります。
d0090294_17062534.jpg
私は草木染の毛糸や編み物類中心です。去年も来てくださった方達、我家でホームステイ経験をされた方達、もう10年近くブランクがあった方達、そして初めましての方達。色んな方達とお会いできました。とても印象深い出会いもり、次なるステップの糧になりました。

値段だけを見ると高いと思う価格です。フィンランドは物価が高いというのも一部ありますが、その他に現代に見失われているものが入っています。例えば、素材の質、時間をかけて手で仕上げる、文化を引き継ぎ残す、物の価値とは。全てそういうものを購入していると破たんします。全ての人に分かってもらわなくても十分OKです。「わ~綺麗!柔らかい!」そう喜んで頂けるだけでも作り手としては凄く励みになります!

ある日の勤務中、女性と男性のお客さんが来店されました。男性が熱心に毛糸に関して会話をされていたので、てっきり女性が男性に編むために選んでいるのかと思っていました。こういうの素敵じゃないですか~!興味深かったのでお話しをしてみました。編まれるのは男性の方で彼の編まれた作品を拝見しました。日本事情は分かりませんが現在ではヨーロッパでも男性のニッターが増えていて、男女問わず楽しめる手仕事。料理もそうですが男女問わず手に職というのは生きて行く際に凄く便利ですよね。

私の草木染の中でもお勧め中のお勧めはアルパカ100%の毛糸です。柔らかさの虜になる方が多く、リピートされる方達もいました。それ程お勧めです!店頭販売中のネックウォーマーを見て「このネックウォーマーに必要な毛糸はどの位ですか?」という質問が多かったのですがアルパカ1玉50gで余る位です。意外と少なく、そのわりには暖かいものが出来上がります。商品は12/25までありますので、是非皆さん、お店に行かれて下さい♪
d0090294_17075842.jpg
他にもフィンランドの作家さんによって作られた可愛い商品があります。蚤の市商品は人気で残り少ないですが、お時間ありましたら是非!現在はテキスタイルデザイナーのアンニとカロリーナの商品も加わりました。彼女たちも会場にいますので是非声をかけてみて下さいね!

[PR]
by Kippis_Y | 2017-12-05 17:46 | イベント/event


<< 日本の居酒屋最高! 阪急うめだ 北欧クリスマスマー... >>