フィンランドの夏のベリー色々
d0090294_2342049.jpg
8月も後半、フィンランドの北に位置するラーヌヤルビの村は秋めいてきました。紅茶が似合うキリリとした空気です。秋の様子をお伝えする前に夏のベリー事情をお伝えします。夏の始めは小粒の苺がマーケットに出回ります。我家の苺は去年の畑撤去時に泣く泣くおさらばしてしまったのでお店から買った苺と7月下旬頃に実りだしたブルーベリー。フィンランドではスポンジケーキやメレンゲ生地に、たっぷりと新鮮な苺をのせて食べたり、アイスクリームにもふんだんに添えます。写真はクリームとヨーグルトとサワーミルクの中間のような酸味の少ない乳製品を混ぜたものにベリーをのせて食べます。さっぱりしたデザートなんですよ。
d0090294_23422825.jpg
7月下旬にはラップランドの湿地帯にしか生息しないクラウドベリーが熟してきます。ジャムにしてleipäjuustoと言われている焼チーズの上にのせて食べます。お店で買うと高級なのでベリー摘みが好きな人は大量に収穫して冷凍しておきます。
d0090294_23425259.jpg
その次に実りだすのがラズベリー。我家の周辺では7月下旬から今頃まで実っています。子供達はラズベリーが好きなのですが、ラズベリーのヘタを取って中を見ると小さな白い虫が入っている事もあるので注意して取ります。でも我家の2歳の、こゆきは、しっかり見ていないので、きっと一緒に食べているでしょう...ラズベリーとブルーベリーの組み合わせのロールケーキはkuningatarkääretorttu=女王様のロールケーキと呼ばれています。
d0090294_015039.jpg
建設中の、森の家の敷地内には黒カシスが生えています。実りだすのは今年は早く7月下旬でした。収穫時は8月。私は生も好きですが、子供達は苦手なようで、この黒カシスは対外ジュースにします。そうすると子供達もよく飲みます。こんなお鍋を使って作りますよ~。
d0090294_23432942.jpg
黒カシスの次は赤カシスが実り時。黒カシスよりも酸っぱくって、これもジュースにしたりケーキにします。この赤がすごく魅力的ですよね。黒カシスに比べ赤は鳥に狙われやすいのでネットをかけると良いみたいですね。
d0090294_2344067.jpg
義理のお母さんのコテージに行った時に彼女の美味しいケーキを頂きました。上の赤いのが赤カシスです。見た目も可愛いケーキですよね。

今はまだブルーベリーもありますが氷点下になると味が落ちてくる気がします。森には赤い実のコケモモ(リンゴンべりー)が実りだしています。熟すのには、もう少しかな。コケモモはジャムにしてお料理に添えます。ラップランド地方ではトナカイ肉も食べられているのでコケモモは必需です!
短いフィンランドの夏、色んなベリーを楽しめる季節でもあります。我家の冷凍庫も冬用に食べるベリーが場所を占領しています。
[PR]
by Kippis_Y | 2016-08-26 00:16 | 食べ物色々/food


<< ラーヌヤルビの森 沢山のきのこ 形見の織機 >>