7歳の娘と一緒に作った ニードルケース
d0090294_2248552.jpg
7歳のことりと一緒にこんなニードルケースを作りました。
d0090294_22484241.jpg
事の始めは1本の刺繍針でした。学校から帰宅した、ことりは嬉しそうに「今日、学校でこの針もらったの。」学校でも手仕事クラスが彼女の大好きな科目の1つ。去年も刺繍針を使って学校でチクチクと縫い物をしていたのですが、丁度私も手仕事をしている最中だったので隣に座って一緒にクロススティッチを始めました。せっかくなので実用的な物を作った方が良いよね、と思ったのでニードルケースを完成させよう!と約束しました。麻の糸がボコボコしていたり太さが微妙に違うので助けながら…間違いもあるけど、その微妙な麻の太さが間違いも気にさせないというか、味がある感じです。ことりは、「これは手仕事だけど、算数の助けにもなるね!ほら、クロスが1、2、3…」なるほど~!
d0090294_22491596.jpg
今は、まだ上手に使いこなせなくても数年の内に…と願いも込めて&彼女が頑張ったので応援もしたい気持ちもあって小さなハサミや糸通し、糸や数種類の針に安全ピンも入れられるように作りました=長く使えるように。ポッケもミシンで縫ってしまおうかと思ったけど手作り感を出したくってあえて手縫いで。手縫いなんて久し振りなのでボコボコです、笑。
d0090294_2249513.jpg
ポッケと開け閉めできる箇所はトナカイの皮、針を刺す部分はウール生地。そうです、大人用のベストを使用して、あんじんの服を作った時の、あの生地の切れ端です。
d0090294_22502186.jpg
小さいハサミはスルッとケースから逃げてしまわないようにスナップボタンで留められるようになっています。それにしても私の手縫い酷いですね…
d0090294_22505597.jpg
刺繍の色は彼女が選んで、中央の模様は、ことりが考えた花柄です。トナカイの角のボタンは数年前にA-Jが作って道具箱で眠っていたもの。ことりが自分でデザインして作った&私が仕上げた事が凄く嬉しかったようで、あんじん&こゆきの幼稚園の迎えの際に幼稚園の先生に嬉しそうに見せていました。先生に「どこで、こういうアイディアを受けるの?こういうデザインがあってそれに沿って作るの?」と聞かれたのですが、私の場合、説明書や解説などに従う事が苦手で…大体のデザインを頭の中に浮かべ材料を目の前にして組み合わせていきます。使いやすいように…色はこの組み合わせで…となって、こんな風な感じになっていくのです。なので当初考えていたのとは違った結果になっていきます…このニードルケースがボロボロになる位まで使って欲しいなと願いを込めて…
[PR]
by Kippis_Y | 2016-04-27 23:32 | 雑貨・インテリア/Interior


<< 家族で日本に帰国訪問 地元・秩... フィンランド ラップランド地方... >>