パパが北海道出張 子供と暮らす日々
d0090294_241032.jpg
先週の木曜日よりA-Jが教授と一緒に北海道出張に出かけており子供と私&猫のタルモとの暮らしの日々です。数年前より森の家作りが始まってからA-Jは休日や大学での本職が終わってからも夜、森の家に行って作業をする事も多いので普段、私は子供と一緒に楽しんでいるわけですが、一家の主がいないとなると森の家の面倒も私が見る事になっています。現在は暖炉職人が作業をしているので、作業中のレンガが乾くようにと森の家に1日3回行きます。朝、発電機を入れヒーターを付け、夕方は発電機からの熱をソーラーパネルからの熱に切り替え、夜は消しに行く。森の家までは現在の家から直通だと森を突き抜けて行くと70mなのですが今は森には行きが沢山。なのでメインの通りを通って森の道を行くので、もう少し長くなるかな。森の道は外灯がないのでオデコにヘッドランプをしていきます!発電機を付けるのも上手になりました~。こうして毎日携わっていると家にも愛着が沸いてきます。

私はフィンランドの自動車免許がないので(あっ、日本の自動車免許もとっくに更新切れですが…)&お店は歩いて行けるほど近くにない&バス機関も不便な環境で、A-Jが居ない間、どうしてるんだ?と思う方もいるかもしれませんが、A-Jが出張前に大量に食料を購入してきてくれました。近所の方達も親切で「何か必要?」と声をかけてくれるので、数日前に牛乳と猫の餌を買ってきてもらいました。こうして大きな問題もなく皆でA-Jの帰宅を待っています。「1人で大変じゃない?」と思われそうですが、1人じゃなく子供達がいるので楽しくしています。自然と子供達もお互いを助け合っているので、ここ数日間の間で成長し絆も深まっています。でも、これが1ヶ月とか続くと寂しいな。そんなA-Jは明日、帰宅予定です。嬉しい~~。
[PR]
by Kippis_Y | 2016-02-12 03:03 | 村の生活/village life


<< アルパカの毛糸 三角ショールの完成 季節のフィンランドの焼き菓子 ... >>