フィンランドのクリスマス料理 カブのキャセロール
d0090294_2144978.jpg
クリスマスイブ前日はフィンランドのクリスマスメイン料理となる豚ハムをオーブンで焼くので、オーブンを使う料理は、その前に作っておくようにします。フィンランドの伝統クリスマス料理の1つlanttulaatikko=ルタバガのキャセロールを今日、作りました。porkkanalaatikko=人参のキャセロールも完成。perunalaatikko=じゃが芋のキャセロールは仕込み中です。laatikkoとは直訳すると「箱」という意味。ルタバガ箱… 人参箱… じゃが芋箱… 深めのオーブン皿に入れて焼くキャセロールです。写真のはルタバガのキャセロール。我が家ではこのキャセロールが大人気。分量も多めに作ります。見た目はそんなに美味しそうではありませんが食べると野菜の優しい味が、とっても美味しいのですよ!スプーンで表面を押してから焼くのも特徴なようです。
d0090294_21443261.jpg
このlanttu(ランットゥ)というフィンランドのカブ。日本の白カブとはちょっと違うようです。中身は淡い黄色で火を通しても綺麗な色なのでオーブン野菜料理やお肉や魚のスープに入れたり、味噌汁の具としても活用しています。色んな根野菜を混ぜてピュレ状にするスープにも我が家はジャンジャン使っています。1年中を通して美味しく食べられます。北海道に在住していた頃は毎年クリスマスにA-Jが日本の大根をすって、湯でたさつま芋と混ぜてルタバガの代用として美味しいキャセロールを作っていました。作り方を残しておきますので参考に是非。

* * * * * * * * * * * *

【ランットゥラーティッコ ルタバガのキャセロールの作り方】

● ルタバガ 2kg
● ジンジャーパウダー 大2
● 塩 小2
● ホワイトペッパー 少量
● ダークシロップ (蜂蜜でも可能) 1.5dl
● 生クリーム 4dl
● 溶き卵 2個
● パン粉 適量 (飾りつけ用)

① ルタバガをサイコロ切りにして水から煮る。煮えたら湯でこぼしをしピュレ状態にする。
② 卵以外の材料を入れかき混ぜる。荒熱が取れたら溶き卵を入れ混ぜる。
③ 深めのオーブン皿に入れ表面にパン粉をかける。スプーンを使い表面に模様をつける。
④ 150度に熱したオーブンで1時間半焼く。
[PR]
by Kippis_Y | 2015-12-22 22:18 | 食べ物色々/food | Comments(6)
Commented by M at 2015-12-23 08:26 x
へぇ、ランットゥというフィンランドのカブ、珍しいなぁ。
オーブン料理、美味しそうですね。このカブ、食べてみたい!

明日がクリスマスイヴですね。
日本は、今日、天皇さんのお誕生日で祝日なので、
みんなが休みのこの日にパーティーするうちが多いかも。
姪っ子も今日、クリスマスパーティーですって!
kippisさんも楽しいクリスマスをご家族で過ごして下さいね!
Commented by bettyko1 at 2015-12-23 19:34
わぁ、こちらも美味しそう!
ジンジャークッキー、とうとう作りました!様子をブログにupしたので、お時間のあるときにでも覗いてやってください。ダークシロップ、私の使ったので合ってるのかいまだに疑問ですが(フィンランドのダークシロップって原料はなにかしら?)、スパイスたっぷりで本当にとっても美味しかったです!クセになりそう。。。夫にも大好評でした。kippisさんのご家族がみんな大好きなのも納得です。作り方も簡単だし。正直ふだん使うことのない材料たちを揃えるのが一番大変だったかも苦笑。
ジンジャークッキー、フランスもドイツに近いアルザス地方へ行くとあるかもしれませんが、パリでは売ってるのを見かけないです。クリスマスマーケットやカフェへ行くとスパイスの効いたホットワインならあるのですけど。
いくつか質問なのですが、クッキーの厚さってどのくらいにしてますか?写真を見る限りかなり薄そうに見えたのですが。あと焼いていると生地がフツフツっと部分部分膨らんでしまって、kippisさんのクッキーようにきれいに平らに焼けないのです・涙。なぜかしら?!
Commented by Kippis_Y at 2015-12-27 06:38
♪Mさん
このカブ、なかなか色々な料理に活躍してくれて役にたっています!
色も黄色なので料理が美味しそうに見えるのも良いんですよね。
姪っ子ちゃん、どんなクリスマスパーティーしたのかな~
お友達とお家でしたのかな?!
きっと楽しかったに違いないです!
Commented by Kippis_Y at 2015-12-27 06:49
♪bettykoさん
美味しくって評判とはうれしいです!
私のレシピはスパイスを多めに入れるのでスパイス好きな人には凄くお勧めです!是非、フランスの美味しいチーズをのせてワインと一緒に!パリでは売ってるのを見かけないのなら尚更、家庭で作る必要性が出ますね~!
ダークシロップの原料、 直訳するとsugar syrupとしかかかれていないのです…クッキーの厚さは焼く前で2-3mmくらいですかね~。焼いた後のフツフツは私も数年前に1回経験した事があったのですが何でか謎でした!でも、寝かせる前の生地もサックリではなく結構混ぜてOKです。型抜きしてる最中も余った生地はよく混ぜてます。生地の量は沢山ありますよね~でも、大きく伸ばさないで、まな板分よりも小さく伸ばしています。そうすると生地が均等に伸ばせる気がするんです。伸ばした後は生地を手で触って厚さ確認をしているのです。感覚の慣れもありますから大丈夫です!是非、次のクリスマスも!!
Commented by bettyko1 at 2015-12-28 21:55
kippisさん
色々アドバイスをありがとうございます!とっても参考になります!kippisさんもフツフツ経験ありなのですね。
クッキーにチーズ!ワインと一緒に!うーん、これはこれでまたすごく美味しそう!是非試してみますね。
もしろんこんなに美味しいクッキー、来年も作らない手はありません!笑
Commented by Kippis_Y at 2016-01-04 05:31
♪bettykoさん
嬉しいですね~!
そうしましたらbettykoさんの一家で定番の味になりそうですね♪


<< クリスマスツリー探しへ森に…  ハンガリーから届いた美味しい赤 >>