ハンガリーから届いた美味しい赤
d0090294_17471121.jpg
クリスマス前は最も日照時間が短い時。雪が降っていた先週の金曜日、明るい時間に散歩をしました。クリスマスの歌も流れていない、クリスマスの灯りも、そこら中にない真っ白い世界の中。音といえば遠くの方から聞こえてくるトナカイの鈴の音…帰り際に郵便受けを覗いたら小包が届いていました。こんな素敵な切手と共に。
d0090294_17464954.jpg
Kippis! from Finland フィンランドの毎日の暮らし P.104-109に登場するハンガリーの友達アンナからでした。中にはハンガリーの美味しいパプリカパウダーが、たんまり~。とっても嬉しい~。今年アンナに会いに行った時に購入したパプリカが激ウマで底をついてしまっていたのです。小包の底にはハンガリーの伝統が紹介されたポストカード。全てが懐かしく恋しく感じた瞬間。アンナ、ありがとう!
[PR]
by Kippis_Y | 2015-12-20 20:44 | 村の生活/village life | Comments(6)
Commented by M at 2015-12-21 07:29 x
これは、嬉しいですよね。
素敵なハンガリーのお友達から、素敵な贈り物。
箱を開けるときのワクワク感が伝わって来ます!

フランスとスイスの友達からショコラ好きの私のために
去年のクリスマスは、ショコラを贈ってくれました。
あの時は、嬉しかったなぁ!
Commented by blue-robin2 at 2015-12-21 11:09
はじめまして
nonkonogoroさんのブログから来ました。
アイデアいっぱいの暮らし、おしゃれな画像の数々に時間を忘れて見入ってしまいそうです。
草木染めの毛糸。原毛を染め、紡ぎ、織りといった経験があるので興味深く拝見。そしてお友達のアンニカさんのワークショップなど、もっと早く知っていれば拝見できたかもしれないなんて思いながら・・・
北欧の雪景色、明るい建物の色合いとで日本のそれとはちがった趣がしてとても美しいですね。
また、ゆっくりお邪魔させてください。
Commented by Kippis_Y at 2015-12-22 06:47
♪Mさん
やっぱり嬉しいですよね。フランスとスイスのチョコレート、想像しただけでも美味しそう!どんなチョコレートだったのかしら?
丁度、アンナからの小包が届いた日は母の命日で、玄関先にキャンドルを灯して、ちょっとシンミリしながら散歩に出かけたので彼女の便りで一気に元気になったのです!は~い、単純です、笑。
Commented by Kippis_Y at 2015-12-22 06:51
♪blue-robin2さん
nonさんの所から!ようこそいらっしゃいました~
nonさんには色々とお世話になっているのですよ!
褒め言葉を頂いてお恥ずかしいですが、非常に嬉しいです~
そしてそして、染め、紡ぎ&織り、も~素敵な経験をされているのですね!とっても興味があります!今回はアンニカと会う事ができなかったそうですが、彼女はフィンランドのロバニエミで織りのワークショップのお手伝いもしていますので近い将来是非!今後、またお話しに来てください。宜しくお願いします!
Commented by M at 2015-12-22 07:48 x
フランスの友達からは、VALRHONAヴァローナと言うフランス
ショコラメーカーの板チョコ8枚セットです。
カカオ70%〜32%のミルクショコラ、ホワイトショコラまで。

スイスの友達からは、Caillelカイエルと言うのかな?と言う
スイスショコラのメーカーの板チョコで、ヘーゼルナッツが
ごろっと入ったやつとスイスのミルクたっぷりのミルクショコラ。
どれもご当地のショコラで美味しかったですよ!
Commented by Kippis_Y at 2015-12-22 22:32
♪Mさん
色々なチョコレート、食べ比べも良いですね!
フィンランドも冬やクリスマスの時期はチョコレートが山積みされています。寒くなるし濃厚なものが美味しく感じる時期ですよね。


<< フィンランドのクリスマス料理 ... 母を想う日々 >>