母を想う日々
d0090294_202439100.jpg
数日前、ことりが学校に行く際、玄関の外まで出て見送ってました。真横が学校なので、いつも通りに生徒は金が鳴るまで外でお喋り。そんないつもの風景を見ていたら…1人の反抗期真っ最中の男の子がポーチより身を乗り出して娘に向かって「おはよう、○Ж□×」と分けの分からない言葉を発していた。でも私にはすぐ分かったのです。彼は中国語のような言葉の真似をして娘をからかっている。丁度、前日に娘から、その男の子は、娘だけに向かって、そんな言葉を発すると聞いていたのをハッと思い出したのです。何を考える事もなく、私はその場で男の子に質問。きっと私が一部始終見ていたのを彼は知らなかったのだと思う。しらばっくれて校舎に入って行ったので私も校舎へ。彼に注意して私の思いも伝えました。私達のやり取りを見ていた先生と男の子&目撃者は一緒に娘の所に言って話をしたそうだけど…彼はそれ以外にも夏頃から我が家に不愉快な思いをさせているので、頭を悩ませていたとこでなのです。

今まで、こういう経験を目の当たりにした事は一度もなかったのですが、全校生徒17人という小さな同じ学校の生徒が、我子に向かって目の前で言うので、ただ親として人間として彼女を守ってあげたかった。そして彼を正してあげたかった。きっと色んな心境が彼にはあるんだと思う。A-Jに話したら、「勇気があるね」と言われたけど、それどころでは無かったのですよ。国際結婚、2カ国の国籍の親から生まれてきた子供達、普段は皆さんからの待遇が良いので普通に暮らしていたけど私達はきっとこれからも、こういう不快な経験をするかもしれない。でも大丈夫。何が悪いのでも何が間違ってるのでもないから。家族で守っていくよ。言っている人も何をしてるか分からないんだよ、許してあげよう。周りで困っている仲間が居たら守ってあげようよ。きっと亡き母もこうして私を守っていたのではないかと思う。そんな母が亡くなって今日で4年目。「氷がダイヤモンド」と言っていた母。今日も毎年の如くラーヌヤルビは、たんまり雪が降ってますよ。ミシン部屋の窓辺には2011年10月から吊るしてある、この実。家族で日本帰国した時に母が子供達に家の裏から採ってきたくれたサクランボ。今月は色んな、しんみりな事があった月ですけど、大丈夫ですよ!
[PR]
by Kippis_Y | 2015-12-18 20:59 | 村の生活/village life | Comments(14)
Commented by 3740s at 2015-12-18 23:44

大丈夫です。
お母さんが見守りして下さいね。

ブログを見て、小学生2,3年生の頃を思い出しています。
「よくいじめられたことを・・・。」
 いじめた人に成人して、再会すると全て忘れているようです。
 KIPPISさん、
 とりとめの無いコメントで失礼致します。
Commented by bettyko1 at 2015-12-18 23:54
Kippisさん
私には残念ながら子供はいないので同じ経験はないけれど、母が子を守る気持ちというのはとてもよく分かるように思います。実は私も1年ちょっと前に母を病気で亡くしました。そしてその時、母という存在の偉大さを実感しました。ここまで私を産み守り育ててくれたんだなあ、と。今でもきっとkippisさんのお母様はどこかで我が子を守るkippisさんを温かく守ってくれてますね。
ちなみに私自身は時々パリの店先などで大の大人からわざわざ中国語で挨拶をされます。当初は腹も立って相手を睨むか言い返したりもしていたのですが、今では考え方も変わり、このような人達は相手を嫌な気持ちにさせることがわからないか、或いは敢えてしている、アジア人とみたら中国人という発想しかできない、そういう考え方、行動しかできないかわいそうな人なんだと思って流すようになりました。
Commented at 2015-12-19 02:00
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by Kippis_Y at 2015-12-19 02:47
♪パテオナベさん
ありがとうございます。やはり、そんなものなのですね。
いじめた本人は覚えてないって、、。
何だか貴重はお話ありがとうございます。
も~母ちゃんは守りますよ!
Commented by Kippis_Y at 2015-12-19 02:57
♪bettykoさん
そう、bettykoさんのお母様の事、丁度私の母の時期と近かったのを覚えています。と言っても数年は違いますがね。そうなんですよね、居るのと失ってからというのは、やはり違う考えなのですよね。
そちらは移民の多い国というイメージですが、bettykoさんも色々と経験済なのですね。流石、今は流し方が丈夫ですね~。「今まで、こういう経験を目の当たりにした事は一度もない」書いたんですけど、そう言えばありました。ことりが生まれた時に、ベテランのおじさん先生に「ミックスなので強いでしょう、雑種の犬もそうでしょ」そう言われてムシャクシャした事がありました!すっかり忘れていた、笑。私に言うのならまだ良いんです。でも目の前で弱いものいじめされている姿には、やっぱり注意ですよね。きっとフィンランド語で言われてたとしても注意が必要ですよね。ほんと本能の行動でした。男の子も癒されると良いんだけど...
Commented by Kippis_Y at 2015-12-19 03:13
♪鍵コメ2015-12-19 02:00さん
やはり、そちらでも多いのですね。はやり国籍を間違えられる本人は不快に感じる事ありますよね。A-Jは日本でよくスウェーデン人やアメリカ人と間違えられては嫌だったようです。内心、僕はフィンランド人だ!って。

実は、私達が村へ引っ越して来る時に、小さい村だし外国人の私の事を変に思われるかな、受け入れてくれるかな?という不安はあったのですが、実際はそんな事も全然なく、凄くよくしてもらっているのです(今も)でも思春期の時期&家庭の事情があるのか寂しいのかな、校庭でよく悪さをしていたのです。我が家は同じ敷地内にあるのでね、やっぱり見えちゃうんですよね。そのつどA-Jがよく注意をしていたのです。その後よくなったけど、きっと気を引いて欲しいのかな?よく注意していた逆らいで娘を、からかったのかな?つきとめはしないけど、もうしないと思うな。いつも静かにしている/いそうな私が言った効果はあったようです、笑。でも、その場になったら、鍵コメさんも絶対行動にでると思いますよ!私のあの時の行動は人間的というか動物みたいな感じでしたよ、あっ、本能ですね!鍵コメさんの言う通り、娘はそんな感じでした。

あっ、そうそう楽観的!笑...
Commented by mika at 2015-12-19 04:26 x
本当に、海外に住んでいるとあるよね。うちの息子もたまに寂しい思いをして帰って来るわ。国と言う大きなグループでくくられて、そのグループ内の個人個人ってなかなか見る事が出来ず、大人も大きいくくりでよく物事を言ってしまう事があるのを、子供達はそのまま真に受けて、言ってしまうと言う事もあるもんね。私も母として、同じ事をすると思うな。
Commented by M at 2015-12-19 09:15 x
アジア人がヨーロッパで暮らすと、ことりちゃんの様なこと
結構、遭遇するし、私も言われたことがあります。

フランスで暮らしていた時ですが、パリの道ですれ違いざまに
中国語で日本人と解ると日本語でバカにした様にすみません!
と言ってきてフランス語でバカにされたこともあります。
アジア人って言うだけで見下す人もかなりいます。
フランス人と日本人の子が居る友達も色々、ある様です。

小さい村や町だと、アジア人って目立つでしょうね。
子供は、酷いことだと思わず、言っちゃうから言い聞かせれば、
解ってくれると思いますね。大人は、無理ですけどね。

こんなことがあると色々と考えてしまいますよね。
私も経験してるから良くわかります。
でも、一方で日本人と言うだけで好意的に接してくれる
クラスメイトや17年も続くフランス人の親友もいるので、
良かったなぁと思います。
酷いこと言う人も居るんだなぁぐらいで、深く考えない様にしてます!


Commented by bettyko1 at 2015-12-20 06:23
Kippisさん
そんなこと言う先生がいたんですか?!先生の資格ないですねっ怒。でも本当に大人である私たちならまだ対処、気持ちの整理の仕様もあるけれど、小さな子供に対しては黙ってはいられませんよね。そして相手も子供ならそれはそれで放ってはおけないと。今回の事件でその男の子が自分のしたことの重大さを少しでも理解してくれるとよいですよね。
Commented by Kippis_Y at 2015-12-20 22:52
♪mikaさん
あちこちであるのですね、、。同じ立場ではないと分かりにくい事もあるからかな。でもでも守ってあげる事が出きるのは親や家族ですよね。
Commented by Kippis_Y at 2015-12-20 22:58
♪Mさん
結構皆さん、多いんですね。Mさんもフランスで良い&悪い思いを体験したのですね。私もフィンランドに移住するには外国人とみなされるので色んな対応があるだろうなと覚悟でいたのですが、実際は日本からというと受けが良くって親日的なのですよ。こんな小さな村でも誰かが日本に行った事があったり日本語勉強していたよ!という人もいて。なので結構、お気楽にしていたのですが…村の人、殆どは私達がここに暮らしているとしっているので、安心に暮らしているのです。でも、今回は思春期真っ最中&心にちょっと傷ができちゃった子の行為だったので分からなくもないな。相手が子供&面と向かって言えたのでお互いにとってもよかったな~と思ってます!
Commented by Kippis_Y at 2015-12-20 23:01
♪bettykoさん
そうなのですよ~その後は事情を話して先生を変えてもらったのですが、やはり他でもある意味、有名な先生でした~苦笑。
大人になる前の、まだ子供の柔軟な内に誰かに愛を持たれて注意をされるのは大事ですよね。もしも我が家の子が同じ事を誰かにしたとしても同じように誰かに注意されて欲しいな。ま~そんな事はしないような環境つくりしたいですけどね。
Commented at 2015-12-21 10:28 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by Kippis_Y at 2015-12-22 06:57
♪鍵コメ2015-12-21 10:28 さん
涙!あ~とっても嬉しいです!
凄く励みにもなって、鍵コメさんの考えも「うんうん!」と凄くうなずいています。これから子供達も成長と共に新たな壁が出きると思いますが鍵コメさんの言葉が凄く響くと思います!あ~嬉しいです。

娘さん♪きゃぁ~嬉しい!いつか現実しますように!ことりは長女なので、時に上のお姉ちゃん存在が好きみたいです♪

うん!良い感じで年がしめくくれそうです!ありがとうございます~~

あっ、キャロットケーキの生地に、時には気分転換でオレンジの皮を少しだけ摩り下ろして香つけにしても美味しいですよ!


<< ハンガリーから届いた美味しい赤 クリスマス用の赤い服 >>