3回目のアドベント クリスマスライト
d0090294_225711.jpg
先週末はA-Jの叔母の葬儀に参列したため帰宅が遅くなり日曜の3回目のアドベントは夜、ちょっとだけ灯しました。毎週毎にキャンドルの灯りが増えるので、とっても明るいです。3本目に火が灯る頃はクリスマスカードも届く頃なので部屋に飾り始めます。

d0090294_23144926.jpg


フィンランドでは11月頃から窓辺にキャンドルを飾る習慣があります。我が家のは↑のはライトが3個付いたタイプ。昔ながらのタイプは←のようなライトが7個付いています。外から窓辺を見ると本当にキャンドルが灯っているように見えて素敵なのですよ。特に我が家のデザインのタイプは長くて細いので下の支えの部分が外から見えないので一瞬「あれっ」と思うくらい本物に見えます。他にも大きな星の形をしたライトも人気です。クリスマス期間は1月6日までですが、窓辺のライトはクリスマス以降も楽しんでいる家庭が多いかな。日照時間も短いので日中でも付けたままです。窓辺を楽しめる時期です。
[PR]
by Kippis_Y | 2015-12-15 23:23 | Comments(2)
Commented by M at 2015-12-16 08:52 x
親族のお葬式があったのですね。
3回目のアドベントは、複雑な気持ちでしょうね。
でも、逆に今年も無事にクリスマスを迎えられる
喜びが沸くでしょうね!
Commented by Kippis_Y at 2015-12-16 22:51
♪Mさん
いつもありがとうございます。
葬儀は素敵なピアノの伴奏や歌と共に、悲しみもありましたけど癒しもあった感じでした。キリスト教の葬儀は日本の仏教とはまた違った感じでした。今までフィンランドで3回葬儀に参列したのですが、夫々違った感じで興味深いものがあります。
ほんと命というか人の存在は本当に素晴らしいもんです。


<< クリスマス用の赤い服 スパイスたっぷりのジンジャーク... >>