私の森の散歩道
d0090294_2305924.jpg
この時期になると辺りでチェーンソーの音が聞こえてきます。白樺の木は薪用に乾燥したり松の木は建物用に使ったり...一見、細く見える木でも年輪を数えてみると私よりもずっと前から生えてきた木だったりします。散歩中に足を止めては数えて眺めたりしています。そうすると時たまカサカサッと音がして気をつけて見てるとリスが木に登っていたり枝から枝に移動しているのです。
d0090294_232497.jpg
時たま夜「私の散歩道」に1人で散歩に行きます。ラーヌヤルビの小学校の裏を通って森に入って細い道を行くと将来私達が住む事になる「森の家」が見えてきます。今年の夏は床貼りまでしたいというA-J。本業もあるので夏のバイトの人を数人雇って手伝ってもらうそう。ゆっくりペースの家作り。A-Jは来年の夏-秋に引っ越せるかな?と良いな...と言っているけど、どうでしょう?!この森に入ると数種類の鳥の鳴き声が響くように聞こえてきます。聞こえると何処から聞こえるのか探したくなりますね。
d0090294_233943.jpg
来た道を振り返ると沢山切られた木。ここは夏でも日の差しが悪かったので、もう少し明るくなって風通しもよくなるのでしょうね。ようやく雪も溶けて茶色い道が見えてきました。凄く歩きやす~い!
d0090294_234487.jpg
森から抜けて村の道路に出て現在の住まいまでは徒歩2分位。だいたい、このグルリとした1周が15分位です。夏や秋はベリーやキノコを摘んで歩くので倍の倍の倍の時間がかかります・笑。この夜の散歩は21時頃だったかな。凄く明るいです。日付が変わる24時の時でも随分明るいのですよ!まだ雪が残っていますけど...春です。雪が完全に溶けると初夏となるラップランドです!
[PR]
by Kippis_Y | 2015-05-08 03:09 | 村の生活/village life | Comments(4)
Commented by M at 2015-05-08 07:44 x
森の家は、どうなったかなぁと、思っていたんですよ。
床はりまで、できる準備をするところなんですね。
楽しみ!森に住むというのは、素晴しいですね。
やっぱり、近所にお店が無いから、自給自足かな?
それも大変ですけど、楽しいですね!
Commented by nonkonogoro at 2015-05-08 23:41
夜の散歩って 危険ではないのかなあ~と
思いましたが そうですよね~明るいのですね。
新しいお家 楽しみですねえ。(^-^)

木の年輪を眺めると 木の年齢がわかるのは
本当に楽しいですよね~
それもその年の健康状態?までわかるし。。。

こちらは長い連休が ようやく終わりました。
Commented by Kippis_Y at 2015-05-12 04:49
♪Mさん
気にかけていてくださったのですね♪
A-Jは家の事をしたい気持ちは山々、でも本業が忙しいようで...
冬の間も、窓作業や暖炉作りが出来る方に来て見てもらって見積もりをしてもらっていたり少しづつ進んではいたのですが本格的には夏からですね。「いつ家がたつの?引越しは?」と挨拶代わりのように聞かれますが...笑。ゆっくりで~す!

自給自足...まだまだまだ~ですね~ 自の字もない感じで、、、。小さなお店が村に1件あるんですけど、でもやっぱり理想は畑の作物、森からべリー、きのこ、湖から魚、肉は近所のトナカイですね。
Commented by Kippis_Y at 2015-05-12 04:51
♪nonkonogoroさん
そうなのですよ~冬場は森は真っ暗なので街灯もないのでライトが必要なのですけどね、今はもう明るくて散歩が気持ちいです!やっぱり太陽の光は大事ですね!

そうなのですよね、一見バームクーヘンに見える木の年輪、成長も分かって。こういう知識を持つと森歩きも余所見が多くて、笑!


<< 北欧雑貨Kassun kaup... 子供のスティッチ 私のスティッチ >>