アドベントキャンドル 4本目
d0090294_2293810.jpg
今日、4本目のアドベントキャンドルに火を灯すと暗い部屋が明るくなって暖かかった。いつものラジオからクリスマスソングが流れて子供達は子供部屋でクラフト。部屋の中はオレンジケーキを焼いた後の甘い、でも爽やかな香。それに加え鍋の中からスパイスたっぷり入ったホットワインの香。この時期になるとクリスマス料理の買い出しも大体揃って冷蔵庫には大きな豚肉が入っています。クリスマスに食べる保存の利く料理も来週から作ります。
d0090294_2302068.jpg
大体、3本目のキャンドルに火を灯す後あたりからクリスマス前にかけて毎日、郵便受けを確認しに行くのが楽しみ。つい、この間会った人、年に数回会う人、1年に1回も会うか会わない人、1回だけ会った人、かれこれ思い出せない程に会った人、ずーっと昔から知っている人、中には会った事のない人、色んな方からのクリスマスカード。電子に頼ってしまう今、でも、こうしてカードで届くと安心すると言うか、凄く嬉しいものです。

かれこれ20年前(えっ、、そんな前だったか...)の私は13歳。海外に興味があって始めた海外文通。当時は英語の授業なんて凄く苦手で嫌いだったのに海外を知りたくって、あの頃は夢中でした。ササクレのあった中学校時代、でも郵便屋さんの音や手紙の香が好きで、自宅では英語の辞書も常に近くにあったな。あの薄くて破れそうな、そしてビッシリ詰まった辞書。高校生の頃は学校が終わると一目散に帰宅して郵便物を確認するのが大好きでした。辞書を一生懸命引いて理解できた時の嬉しさ、自分の気持ちが文章でまとめられた時の嬉しさ。それだけで終わりではなく何日もかけて海を渡ってきた実は生きた言葉。懐かしいな~。そんな事を思いながら子供部屋にクリスマスカードを飾ってみました。

ラジオを聴いていても、フィンランドの子供達はクリスマスはプレゼントが貰えるで楽しみだそう。そうだよね~ 我が家の子供達も楽しみにしていますよ。去年と違うのは、ちゃんとサンタさんにプレゼントリクエストを書いたカードをtonttuに届けてもらったので、おねだりをしなくなりました。クリスマス=サンタさんではなく、どうしてクリスマスプレゼントを渡す・渡されているのかも、ちゃんと家庭内で話していっています。クリスマス、もうすぐです。
[PR]
by Kippis_Y | 2014-12-22 03:03 | 村の生活/village life


<< クリスマス イブイブ アドベントキャンドル 3本目  >>