マリメッコの器&フィンランド料理 カレリアパイ
d0090294_1720814.jpg
スライスしたキュウリに溶かしバターを混ぜたゆで卵。フィンランドのキュウリは日本のものと比べて太く長いです。数年前まではAクラス=真っ直ぐ長いものしか売られていなかったのですが、その後B九品も販売されるようになったのです。味は、もちろん一緒ですよ。フィンランドでは毎日食べられているのでは?と思う程、日常的な野菜です。そして右側の黄色いのはフィンランド語でmunavoi。直訳して卵バター。ところで、このマリメッコの陶器の器は可愛くそして、とっても丁度良いサイズなのです。2.5dlの要領が入るんですけどね、アイスクリーム・ヨーグルト・ディッピングソースとか野菜を入れるにも我が家では重宝しています。柄はもちろん魅力的ですけど、陶器で有名なアラビアやイーッタラとは、また違ったマリメッコ独特な厚みが好きなのです。こちらにも幾つか商品があります。
d0090294_1719394.jpg
話は戻って...上の具はカレリアパイ:karjalanpiirakkaの上にのせて食べます。前日にミルク粥を作っておいて土曜日、ライ麦・小麦粉・塩・オイルで生地を作って焼きました。このヒラヒラを作るのが楽しくってね。毎回、多めに作って余ったら冷凍して、小腹が空いた時に食べるのに丁度良いのです。何だか、おむすび感覚みたいですね。
[PR]
by Kippis_Y | 2014-12-07 17:43 | ちょっとお知らせ/info


<< アドベントキャンドル2本目 ジ... 今年も手作りのクリスマスカード... >>