フィンランドは編み物シーズン突入! 靴下編み 
d0090294_2024484.jpg
この時期、フィンランドのラップランド地方では紅葉で綺麗になった葉も散り真っ青な空の日は少なくなり少々寂しい感じの景色になります。でもね、そうなると、あちこちの家々の外や室内でキャンドルを灯したり温かい雰囲気を作るように心がける人達が多いのです。それにね、編み物好きの人達はウズウズしちゃう季節。私も、その1人です。北極圏に近いラーヌヤルビの村は8月中旬頃から秋めいてくるので、その頃から私は編み物を始めます。今頃の時期になるとお店でも色んな種類の毛糸や道具が出てきます。田舎の小さなお店でも結構、毛糸も豊富なのですよ。やっぱり編み物好きな人が多いからなのでしょうね。
d0090294_20271667.jpg

d0090294_20251956.jpg毎年、家族分の靴下を編んでいます。今、編んでいるのは自分用に余った糸を使ったボーダー柄の靴下。写真は編み始めに撮ったので今は既に片足完成していて、もう片方を編んでいる最中です。黙々とした作業がリラックスできて好きなのです。そして。もう1つ進めているのがA-Jのウールのセーター。何年もお願いされて、渋々去年から開始&今シーズン再開~。初のセーター編み、四苦八苦しながら解いては編んでいるのです。でも、そうする事で一歩一歩前進するので1つクリアする時の達成感が良くってね。もう少ししたらアルパカ系で自分用のショールを作ろうと思ってはウズウズしている日々です。亡き母も、冬になると手編みのセーターを家族のために編んでいたっけ、と思い出しながら編んでいます。知らず知らずうちに娘の私も同じ事をしています。

[PR]
by Kippis_Y | 2014-10-19 20:52 | 雑貨・インテリア/Interior


<< フィンランド冬時間 始まり 土曜日のシナモンロール >>