土曜日のシナモンロール
d0090294_16573980.jpg
ラーヌヤルビには小さな小さな食品日用雑貨店が1件あります。土曜日は16時まで日曜日はお休みという、お店。とっさの時の買い物に凄く助かっています。そうでなければ車で25-40分かけて違う町まで行かなければなのです…数日前の土曜日にA-Jが「シナモンロールが食べたい」と言い出したのが15時50分。お店までは約3キロ。車でひとっ走りして生イースト&牛乳&バターを買ってきてもらいました。でも、いざ作ろうと思ったら肝心な小麦粉が足りない…と言う事で家中にある中力粉の小麦や強力粉を混ぜてギリギリセーフ!(フィンランドではシナモンロールには大抵、中力粉が使われています)
d0090294_1658130.jpg
そうして焼きあがったシナモンロール。シナモンロールの生地を伸ばした時に柔らかいバターを生地に縫ってシナモン・グラニュー糖をふりかけるのですが最近は材料を全て練って塗るようにしています。そうすると味にムラが出なくって良いですね。シナモンロールは子供の頃からの味なのかA-Jも喜んで食べます。きっと我が家の子供達にとっても、そんな感じにインプットされていくのかな。

余談ですが1枚目の写真の苺柄のマグ、北欧雑貨Kassun kauppaのお店ブログに登場しています。
廃盤のマリメッコのマンシッカマグです。よろしくです!

[PR]
by Kippis_Y | 2014-10-13 17:24 | 村の生活/village life


<< フィンランドは編み物シーズン突... 北欧インテリア&美味しいケーキ >>