フィンランドの秋の森 コケモモ
d0090294_1857143.jpg
今、フィンランドの森の旬なベリーはpuolukka:リンゴンベリー:コケモモです。先週の土曜日は娘・ことりの通う学校で遠足がありました。ラーヌヤルビの大きな湖近くにある森でコケモモ摘み。小さなベリーピッカーを持って朝出かけた彼女。迎えに行ったらバケツに沢山のベリーを摘んできてくれました。先生と友達のお母さんが手伝ってくれたそう。ありがとう、沢山のベリーを!
d0090294_19204684.jpg
このまま食べても甘酸っぱくて美味しいけどジュースにしたりセモリナ粉を使ったお菓子に使われたり。でもでも、大抵はジャムにしたり凍らせてミートボール、ロールキャベツやキャベツのキャセロールに添えたりして食べます。「えっ、お肉料理にジャム?」と思うかもしれませんがフィンランドやスウェーデンでは特別な組み合わせではなく一般的な食べ方なようです。意外でも食べると納得します!

ここラップランド地方はトナカイ肉で有名です。その中でも、ラーヌヤルビの村は貴重なトナカイ村の1つ。近所の方より毎秋トナカイのお肉を1頭買いして1年かけてお肉を食べます。トナカイ肉の料理にもコケモモも大活躍なのです。凍らせてもジャムにしても綺麗な赤の色を放つベリーです。
[PR]
by Kippis_Y | 2014-09-16 19:29 | 食べ物色々/food


<< フィンランドでホームステイ ... ドライきのこ完成 >>