日本訪問 有意義だった日々
d0090294_0483745.jpg
北海道を去って東京に2泊しました。今回も居心地の良い池袋のMさん家にお世話になりました。夜には居酒屋のように変身する彼らの空間は毎回楽しいのです。今回の東京滞在は駆け足状態だったのですが前回行けなかった三鷹のジブリ博物館へ。三鷹は緑が多いと聞いていたけど予想以上に自然があって、ここも再び訪れたい場所です。ジブリ博物館はよく出来ていて大人でも楽しめる場所なのですね。それにしてもジブリ博物館の建物↑、この緑の植物、凄く素敵~。
d0090294_0485430.jpg
東京を後にして電車で実家の秩父市へ。数年前にも行った大好きな場所、秩父高原牧場へ。ここは小さい時にお弁当を持って家族と一緒に何回も行った場所。細いクネクネ道を車で登ると空と緑が広がる景色が広がります。牛が放牧されて、ヤギと触れ合えて、他にも羊やウサギなんかも居て。頂上には竹の子なんかも売られていてね。ベンチに座って濃厚なミルクソフトクリームを皆で食べました。年々、緑が好きになっている気がします。
d0090294_0492636.jpg
私の故郷、秩父市は伝統ある市ですけど年々、個性的でお洒落なお店が増えている気がします。中でも自給自足のイタリアンレストランSalvageさん。野菜料理も魅力的なんだけど今回は姉が子供用に注文してくれたケーキを食べました。子供達のリスクエストで「ポニョ」の苺ケーキ。ポニョの手が可愛い!切るのがもったいない程でしたよ。でも子供達、大興奮!
d0090294_0495049.jpg
とある日は、陶芸家の方のお家へお邪魔しました。ローラーコースターの様な急な坂を車で登って行くのですが行き止まりまで行くと、こんな素晴らしいお家があるのです。枕木から手作りされたお家は凄くユニークで尚且つ、カッコ良い!
d0090294_050966.jpg
以前の帰国時の時に「今度はお風呂に入りに来て下さい」と言われ、家族で本当に入りに来ちゃった今回。お風呂はガラス張りになっていて緑の木々が目の前に。癒しのお風呂です。フィンランドでは、サウナが一般的で湯船に入るという習慣はないのですが日本に帰って来てお風呂に入ると全部の疲れが飛び去る感じです。「やっぱりお風呂は良いよね」と温泉好きなA-Jと言いながら将来の私達の「森の家」にも薪で焚くお風呂を作ろうかなんて話しています。
d0090294_0503196.jpg
高校時代の友達と再会もしました。偶然にも私も含め3人、お同じ年の赤ちゃんがいます。変ったようで変っていない仲間と食事をしながらお喋り。沢山話したい事はあるけど1から話さなくても良い気軽さ。食事後、皆と散歩中に見つけた、このお家。秩父は秩父銘仙で有名です。歴史ある町だからこそ見られる風景。こうやって受け継がれている事にも、じーんっと来たひと時でした。
d0090294_0505449.jpg
沢山の人と出会って話して、沢山行って写真も沢山。上手くまとめられないけど、今回の帰国訪問は今までで一番楽しかったんじゃないかな。ことり&あんじんは滞在中にグッと日本語が上達した気がします。特に、あんじんはフィンランド語が多いけどフィンランドに帰って来ても日本語の単語が増えた気がします。6ヶ月の、こゆきは飛行機内でも静かで滞在中も比較的楽でした。常に、おっぱいを吸って寝て起きたらニタァ~っと笑って。

お世話になった皆さん、有難うございました!今回は会えなかった方達、ごめんなさい。でも、また再会しましょう!
[PR]
by Kippis_Y | 2014-05-26 13:03 | 国外旅行/travel abroad


<< やっぱり、魚貝の国で育った私 日本訪問 広いようで狭い世界 >>