フィンランドのイースター
d0090294_225186.jpg明日からイースターホリデー。ことり・あんじんは柳の枝を幼稚園から持ってきたので一緒に羽で飾り付け。フィンランドではイースターの時期カラフルな羽だったり紙を枝に付けて飾ります。子供達は魔女に変装して近所のお家を巡り、家主に呪文を唱えながらカラフルな枝と引き換えにお菓子を貰うハロウィンのような風習があります。palmusunnuntaiと言うのですがイースターの1週間前に行われるのが一般的。田舎はイースターの日曜日にします。我家の子供達はまだ度胸がなく出動しませんが...A-Jは幼い頃、友達と巡っていたけど友達もある程度の年齢になると連れなくなってそう。結局お菓子欲しさに、ちょっと大きい魔女になって1人で巡っていたそう...笑。

クリスマスやイースターは子供にとっては「プレゼント」や「チョコレート」がメインかもしれないけど、昨日は本を読みながら子供達に「本当の話」をしました。まだ分からない事もあるそうだけど伝えるだけではなく疑問を聞くのも楽しかった。大人にはない子供なりの考えでね。

ではHyvää pääsiäistä! 素敵なイースターを!
[PR]
by Kippis_Y | 2014-04-17 22:45 | 村の生活/village life | Comments(6)
Commented by chocottoo2 at 2014-04-18 05:15
へ~そうなんだ~
なんか・・最近に日本でも・・・イースター色々飾っているオシャレな方たちがいますが・・まだまだ・・・そんなには居ないし・・・風習も無い・・・
でも羽を飾るなんて知らなかった~素敵~♥

へ~魔女か~なんか楽しそうだね~!!
Commented by Kippis_Y at 2014-04-18 05:33
♪chocottooさん
朝、お早い! でも、こういう時、時差ってよいですね~(のん気!)
卵・ひよこ・生まれ変わりで、羽なのでしょうね。
ホワホワしてて良いですよ~
ことりは、まだお呪いが言えないので魔女デビューできませんね、、。
でもチョコの卵を隠しての遊びを楽しんでしています!
Commented by M at 2014-04-18 07:33 x
イースターも国が違えば様々ですね。楽しいです!
フィンラドでは、羽なんですね。子供達はお菓子が貰えるなんて
楽しみでしょうね。
フランスではイースターはパックと言って、卵形のショコラを庭や部屋中に隠して、子供達に探させるんですよ!
ショコラトリーやパティスリーには、ウサギや卵の形のショコラ見える様になります。
パックのヴァカンスも先週の週末から2週間も休みです!
Commented by Kippis_Y at 2014-04-20 06:01
♪Mさん
パックと言うんですね。フランスの子供達、楽しそう~
しかも2週間も休みって凄い! これは学校も会社もなのかな?
ど~んとした休みが、まさにフランスらしいですね。
こちらは金曜から月曜日まで休みです。
休暇前は休暇モードに入っている人達が多くって公務員の方達もスローです、、苦笑。
Commented by etigoya13-2 at 2014-04-29 01:51
そちらはイースターホリデーあるんですね。
こちらは無いんですよそういうの。
翌日はごくごく不通に仕事なんだけど、全体的にお疲れムード。
特に胃が。笑
Commented by Kippis_Y at 2014-04-30 06:21
♪越後屋さん
特に胃が!笑~ 沢山アップされてたので少しづつ読んでいるところです。
すっごい数の料理が美味しそうで! でも、そちらはイースターホリデーがないのですね。今年のイースターホリデーは遅めの時期でしたよね、もうメーデーで学生達もウキウキなんじゃないかな~ だってパーティーですもん。子供達も30日は前夜祭で幼稚園で仮装して美味しいものを食べるんですって。私も料理の準備です。と言っても揚げドーナッツですけど、、。


<< 美味しいパンを囲む日 窓からの侵入者 >>