33と言う数字
d0090294_1540419.jpg
幼稚園に行ってたか行ってなかった頃の幼少時代、卵風味たっぷりのフワフワの焼き立てのスポンジケーキの端っきれを味見したあの日。母が焼いてくれた誕生日ケーキの、あの味。デコレーションがどうだったかは全然覚えていないけど、キッチンで母の横で食べたあの味は今でも忘れません。
d0090294_15405445.jpg
スポンジケーキではないけど、自分用に焼いたニューヨークチーズケーキ。砂糖もすっごく少なめで粉不使用。なので土台はメレンゲを焼いて、その上にチョコ味とレモン味の濃厚なチーズケーキを。苺のソースと一緒に。濃厚なチーズケーキと共に私の33歳の年がスタートです。

誕生日だからと言っても何が欲しいと言うわけでもなく、好きな音楽のボリュームをあげて好きな赤ワインをA-Jと乾杯しながら、いつもの話をして。新鮮な食材で作った料理を春の眩しい日差しの中、皆で食べて、どんなケーキが出てくるのか楽しみにしている子供達。豪華な物よりも日頃の生活が皆一緒におくれる事が嬉しかったな。子供の頃は33と言う数字は大きくて古い感じがしたけど実際になってみると、そうでもないよね~笑。
[PR]
by Kippis_Y | 2014-04-09 16:05 | 村の生活/village life | Comments(8)
Commented by M at 2014-04-09 17:11 x
誕生日のケーキとお母さんの思い出を今も覚えているのは素敵な事ですね。
チョコ味とレモン味のチーズケーキに苺のソース!美味しそう!
私も誕生日は、特別な事は無しで自分でケーキ屋さんに行って家族の分もケーキ買って食べましたよ。
お誕生日おめでとうございました!
Commented by チー at 2014-04-09 17:32 x
お誕生日、おめでとうございます!
私の姉と同じ誕生日だ~と思っていたんです。
おいしそうなケーキですね。食べたいなぁ~
しかも手作りなんて~~~~
30すぎると大人だ~と思っていたけど、そうでもないですよね~
外見はあきらかに変わっているんだけど、中身はそう変わらないな。と思う39歳の私です。
体に気をつけて、楽しい嬉しい33歳にしてくださいね!^^y
Commented by あつこ at 2014-04-09 18:25 x
お誕生日おめでとう!春生まれだったんだねー♪

苺のショートケーキって、いつになっても永遠の子供時代の宝物だよね。
元気いっぱい、笑顔いっぱいの33歳になりますように^^
Commented by ミータン at 2014-04-10 13:30 x
お誕生日おめでとうございます
若いな~(笑)

幼い頃のお母様との思い出の味、宝物ですね。
遠い昔私の母の思い出の味は、お赤飯でした。
ケーキは無縁でしたよ~。

遠いフィンランドの生活を思いながら、毎回楽しく拝見してます。
Commented by Kippis_Y at 2014-04-11 04:31
♪Mさん
昔の思い出、ふとした事で思い出しては自分が大人になったなーと思う反面、年のわりにはそんなに大人と感じなかったり、笑。
Mさんも家族分のケーキを買って皆で幸せを味わったのですね。一緒に祝える人がいるの幸せですよね。誕生日のお言葉も有難う御座います!
そうそう、話は変わって、先日北海道の地図をニラメッコしてたのですが稚内、ほんと北ですね。改めて思いました。北の果てから東京に、そしてフランスにも。Mさんの人生もチャレンジですね~!
Commented by Kippis_Y at 2014-04-11 04:35
♪チーさん
お言葉有難う御座います! そして偶然にも、お姉さんと一緒の誕生日!
お姉さんも、おめでとうございます~~
そうなんですよね、数字でみると大きく感じてた昔、でも実際になってみるとねぇ、まー外見は嫌でも変りますよね、、、。でも中身が大事!うんっ!
Commented by Kippis_Y at 2014-04-11 04:37
♪あつこさん
有難う御座います!
私の誕生日の頃は日本では入学式で柔らかい空気の中、ピンクの桜の花びらが沢山、小学校の歩道に落ちていてワクワクルンルンな気分だったのを覚えています。でもフィンランドでは...ここラーヌヤルビでは雪がまだ沢山!!花の芽が出る気配もないけど、、、笑。

そう、ショートケーキって定番中の定番ですよね。こちらでは初夏のケーキなんですよ~
Commented by Kippis_Y at 2014-04-11 04:42
♪ミータンさん
お言葉有難う御座います!
若いですか~ 主人のA-Jには嬉しそうに「大きくなったね~」と言われました、笑。
彼は私よりも5つ上なのですけど、彼が33歳になった日、お祝いで「33」をキーワードにしたものを渡したのです。その年に私もっ...と年月が経つ早さを感じましたね。26歳でフィンランドに移住したので、そこからは年がストップしたような感じなんですけどね~笑
母の味の思い出が、お赤飯。日本らしい、そしてお祝いのご飯ですね。
懐かしいな~ やっぱり母の味や思い出はいつまで経っても忘れませんよね。


<< 世界にたった1つの帽子 白樺のカゴワークショップ&... >>