ナナカマドの木の十字架
d0090294_5391712.jpg
私はクリスチャンです。でも、熱心に聖書を読んで日曜日に欠かさず教会へ行ってとはしていません...A-Jと出会って2回目位だったかな急に彼が「僕はクリスチャンです。」と言っていたのは印象に強かったです。でも「何でそんな事言うんだい?」っと思ってしまったけど。そんな彼も熱心に聖書を読んで...と言うわけではないけど物心ついた時から信仰を持っているようで、あの時に私に伝えたのは彼の中で大事な事だったからだそう。当時の私は自分なりに考えた「神様」と言う存在があったのを覚えています。丁度、神について考える事も多い年頃だったのかもしれませんね。中にはフィンランドの人と結婚したらか=キリスト教になると思われる方もいますが、そうではなく上手い具合にそういう方向になっていきました。2003年に挙式をし、その後に洗礼を受けたのです。

前置きが長くなりましたが、我家に2回ホームステイに来てくださった方が東京で洗礼を受けたとお知らせを聞いて、すぐに「木の十字架」を作ってもらおう!と閃きました。ロバニエミの学校で木工を勉強している近所の娘さんのカイサちゃん。手の平にのるサイズで壁に架けられる十字架。硬い木が良かったのでナナカマドの木を選び裏には彼女が受けた洗礼式の日を焼き付けてもらいました。
[PR]
by Kippis_Y | 2014-03-27 06:00 | 村の生活/village life | Comments(2)
Commented by M at 2014-03-27 07:44 x
ナナカマドの十字架、素敵な贈り物ですね。
これを贈ってもらう方、喜ぶと思いますよ。

稚内は、最低気温もプラスになり始めました。
雪も溶けて無いです。段々春の兆しが見えてきました。
来月中旬には山はグリーン色一色になるでしょう!
そちらはどうですか?
Commented by Kippis_Y at 2014-03-28 07:33
♪Mさん
は~い、喜んで頂きました♪

そちらはとうとう、雪が溶けたのですね! こちらはまだですよ~
北海道の春、良いですよね。また違う綺麗な景色が待っていますね。
こちらは日が延びて8時頃に暗くなります。
日中は鳥の鳴き声も聞こえるので春は確実に来ていますね。
室内の観葉植物の土を変えたり、種から芽が出てきたり室内には変化があるんですけどね、畑には分厚い雪が...


<< サワーライ麦パン 保存の仕方 フィンランドのパン・バター事情 >>