フィンランドのパン・バター事情
d0090294_523381.jpg
ちょっと時間がかかった、このパン。ライ麦粉と水で酵母を数日間にわたって酵母をおこしました。たっぷりとオーツ&白ゴマが入っています。香を出させるためにオーツと白ゴマはオーブンでトースト。フィンランドではオーツはお粥にしたりシリアルとして食べたり、クッキーやタルトの生地に使ったりと何かと使われます。そしてパンにも結構使われているのです。レシピには麻の種が使われているのですが(こちらもパンによく入っています)私はゴマで代用。捏ねてしまうのでオーツの粒は気にならなく、小麦粉もたんぱく質が多めの粉を3種類混ぜたので皮はパリパリで気持ち、モッチリとしてゴマの香もする食べ応えのあるパンです。手の平よりも大きいのが2つ半できました。
d0090294_5241068.jpg
11月に産まれた次女、こゆきを妊娠中に妊娠糖尿病になってしまい去年の8月から炭水化物・糖分を控えた食事をしています。出産後は元に戻ると言われたけども、母が糖尿病だった事もあり私も十分遺伝子を受け継いでいると思うので出産後も、そのまま同じ食事制限をしています。例えば皆がじゃが芋やお米を食べている時は私は人参やブロッコリーなど、パスタの時は人参やズッキーニを長くスライスして。パンを食べる時は繊維が多く炭水化物も低めのライ麦パン。白いパンを焼いた時は少量のみ食べます。味見程度にね。

ライ麦パンが余ってしまう時は、ちょっとした知恵があります。薄く切って室内で乾燥させます。フィンランドは乾燥気味なので1日でもすぐに乾いてしまいます。こうやって乾燥されたパンはバターを塗ってカリカリと食べます。乾燥されたのはお店でも買えるけどライ麦パンが余ってしまう/少し鮮度が落ちてしまった時はこうして簡単に美味しく変身!我家ではこの他に完全乾燥する前に四角く小さく切ってカラ焼きしガーリックと少量のバター・塩で味付けしてサラダやスープと一緒にして食べます。キッチンの片隅で忘れられたようにあるライ麦パンも時には影の力持ち。
d0090294_5242942.jpg
パンと言えばバター。フィンランドのバターの殆どは、こんな感じで500g単位で売られています。パッケージには50g毎にマークされているので料理の時もササッと分かって◎ 無塩バターもあるのでしょうけど殆どが塩入りで、このバターはお菓子にも菓子パンにも使われています。
voiとはフィンランド語でバター。"voi voi!"と2回繰る返すと"あらあら!"と言う意味になります。
[PR]
by Kippis_Y | 2014-03-21 06:01 | 食べ物色々/food | Comments(25)
Commented by M at 2014-03-21 07:28 x
オーツ&白ゴマのパン!皮はぱりぱり、中モッチリ、白ごまの香りがするパン、食べてみたいです。
手作りのパンは、何にしてもいいですよね。
市販のは、長持ちさせるための安定剤とか入っているし。
妹がパン焼きしてくれるので助かってます。
胡桃とレーズンのパン、甘納豆のパンが気に入ってます!

voi(バター)と言う名のバター面白い。
voi voi!であらあら!、ふふ!面白いなぁ。
裏に50g毎にマークされて分けるのにいいですね。便利!
北海道のバターも様々、色んなのがありますが、今家の冷蔵庫にあるのは、クマ笹バターです。クマ笹と言う笹で道北に生息しています。クマ笹茶もあり、さっぱりしてます。クマ笹を練り込んだバター、美味しいです!
Commented by baako at 2014-03-21 07:36 x
あら〜!今日もおいしそうなパン!
今日も早速壁紙に使わせていただきました。
バターの計量メモリ、これは便利。素晴らしいアイデアですね。voi voi! が「あら、あら!」とは!
Commented by chocottoo2 at 2014-03-21 10:33
table横の赤い壁紙が素敵!!
今、赤の古い壁紙を探していて・・・中々好みのものと出会えず・・・
そしたら・・・この部屋にあるではないか~!!
素敵ですね!!

日本には中々ありません。。。
Commented by K at 2014-03-21 22:21 x
こんばんは☆
お返事遅れちゃいました!
ジャンプできなかったので、こちらからまた失礼します(>_<)糖尿病との事ですが大丈夫ですか?大変でしょうね(;_;)
食べたいものを食べられなかったり、制限するのは大きなストレスになりますよね。
こないだの質問の事ですが…息子は今、一歳半なのですが体が大きくてですね~(笑)サイズはわざと大きめを買ってます!100とか?
デザインとかはレトロな感じや、フクロウが好きです♪
エプロンは、私が着けたいのですが、やはりレトロな感じがいいですね~♪家に三枚ぐらいあるのですが、もう少し欲しくて☆可愛い物を身に付けてると、家事もさらに楽しくなります(*^o^*)
Commented by yamazou13 at 2014-03-22 01:04
こちらにも写真のメーカーのものが入荷しているけれど、無塩が圧倒的に多いかな。
ロシアが有塩のバターが少ないからかもしれないけれど。
明日からお鍋で乾燥しているパン種に水を加えてまたパン作り開始で〜す。
Commented by Kippis_Y at 2014-03-22 18:17
♪Mさん
姪っ子ちゃん、きっとママの焼くパンが大好きでしょうね。
だって胡桃にレーズン、甘納豆パンとか絶対人気なんじゃないかな~
甘納豆と言えば北海道の赤飯には甘納豆ですよね。これはじめ目にした時は衝撃的でしたよ!でもA-Jは関東の赤飯よりも北海道の赤飯の方が好みでした。
クマ笹バター!面白いのがあるのですね。北海道には竹ヤブがないと言うけど、そうそう、この笹はみた事があるような。クマ笹と言うんですね。バターの風味もかすかに違うのかな?所変れば食も違う、面白いですね~
Commented by Kippis_Y at 2014-03-22 18:19
♪baakoさん
毎度有難う御座います!
このパン凄く大きくて顔くらいの大きさがあるんですよ~
分量を半分にしようと思ったらウッカリしていました、、。
ざっくりとしたフィンランドならではの計量法、役にたっています!
Commented by Kippis_Y at 2014-03-23 04:27
♪chocottoo2さん
我家、この壁紙色違いで赤・水色・薄い茶色とあるんです。
丁度セールになってて買ったのですよ。しかも自分達で貼りますと言ったら物件を管理している自治体が材料費を出してくださったのです。
日本にはないですかー、、買ったお店にまだ在庫あるかな~
壁紙って雰囲気がグッと変るので良いですよね。
Commented by Kippis_Y at 2014-03-23 04:39
♪Kさん
妊娠時におきる妊娠糖尿病で本検査は出産1年後になるので、そこで本当の結果が分かるんです。お蔭様でそんなにストレスになる事はなく、野菜が好きなので他に食料が食べられる事に感謝しています。全く食べられないわけではなく少量なら大丈夫なのでお菓子を焼いた時なんかも味見程度に頂いています。例えば家族用にピザを焼いた時に生地を残して具だけを食べると「食べられない~」とマイナスになるだろうけど、生地の代わりにズッキーニやナスを敷いたりすると余す事なく食べられるので◎でも全然ピザじゃなくなりますけどね、汗。
Commented by Kippis_Y at 2014-03-23 04:39
♪Kさん
ジャンプ、上手く出来ずにすみません!お手数ですがkippisk(at)yahoo.co.jpまでお願いします。ポケットなしになってしまいますが、このフードのは子供も喜んで着てくれます。http://kippisy.exblog.jp/20369275/ 長袖になりますが。生地も色々なのがありますので選んでいただくのも可能ですよ!そしてエプロン、数枚お持ちと言う事はホント楽しんでキッチンに立たれているのですね~ 生地の大きさにもよるのですが一般的なエプロンが良いですか?(胸から膝上くらいの長さの)それかハーフエプロン(前掛け)が宜しいですか?ハーフエプロンなら生地の面積も少ない分、生地の種類も増えてきます。希望など意見などありましたら連絡下さい♪
Commented by Kippis_Y at 2014-03-23 04:42
♪越後屋さん
何でフィンランドは有塩が多いのでしょうかー。
食べ物も塩が多いので政府が塩を減らすようにとも言いかけているようです。
昔の保存食の名残があるのかなー。ロシアはどうですか?
ライ麦パンの仕込み、そちらでも!こちらは明日バケットを焼くので、これから一晩仕込みます。楽しいですよね、パン作り!
Commented by chocottoo2 at 2014-03-23 06:12
勿論・・・すべてのお部屋の壁紙チェック済みです・・・
あんなに素敵な柄の物が無く・・・赤とかも・・・どくどくしいものしか見つかりませんでした・・・kippisさんとこのは理想的な壁紙でした・・・
まだ残ってればな~!!
Commented by mustakissa at 2014-03-23 19:42
繰り返し言葉を読んで,moi moi!と hei hei!を思い出しました♪旅行中,よく使っていたような気がします^^
制限があっても,それを楽しんでしまうkippisさんが素敵です☆
酵母をおこすパン作りは,まだしたことがありませんが,パン全体が「生きている」感じがします♪

↓普段,見ない番組ですが,たまたまラーヌヤルビという言葉が目に留まって見ていました♪思わず「『kippisさん,初めまして』だーー!」とテレビに話しかけちゃいました☆
Commented by bettyko1 at 2014-03-24 23:30
ご無沙汰してます、bettykoです!
フィンランドでは有塩バターが多いと聞いてちょっとうれしくなりました!というのもフランスでは無塩が一般的なのですが、主人の故郷でもあるブルターニュ地方は塩の粒が入った有塩バターが一般的。というわけで我が家はパンに塗るだけでなく料理にもお菓子作り(レシピに無塩バターと書いてあっても無視して有塩使ってます笑)にも必ず有塩を使っています。塩分を考えると無塩のほうがいいのでしょうけど、粒入り塩のほうが断然おいしいんでしすよね〜。フランス在住の友人にもよくすすめるんですけどなかなか分かってもらえません笑。フィンランドの手作りパンに塩バター、うーん、おいしそう♡ あ、写真のパンを載せてる白い器、とってもかわいいですね。
あと話は変わりますが、貼ってくださってるリンクからとんで動画見ましたよ〜!ブログでいつも拝見している風景がよりリアルに視覚に入ってきてとても楽しめました!^^。そして最後のkippisさんのコメントは国は違えど同じ海外在住組の私にはずしっとくるものがありました。私もkippisさんを見習ってもっと地に足をつけないと。
Commented by yamazou13 at 2014-03-25 00:54
保存食、周りのロシア人が作る物は余り塩味キツく無いですが、市販品は本当にキツすぎるぐらい塩聞いています。
でもバターは村だと無塩が基本かな。有塩はこのフィンランドのメーカーの物とロシアの物も1種類しか見た事無いです。
バゲット上手くいったかな?
私苦手なのでバゲットの成形にしないで焼く事がほとんどです。笑
私トンミから習ったおおらかなライ麦パンの作り方が好き〜。
あ、でもパン生地は触っていて気持がいいので気分転換になりますね。
Commented by Kippis_Y at 2014-03-26 19:14
♪chocottoo2さん
昨日、丁度、お店に行ったので壁紙を確認しに行ってきたのですが、
やはり最後のロールを私達が買ってしまったようです。
なのでセールだったそうで... 似た様なのがあるかなーと思ったもの、ありませんでした、、。ちょっと期待をしてたんですけどね、、。残念!
しっかーし、部屋の壁紙をブログでチェック済み、嬉しいですね~
Commented by Kippis_Y at 2014-03-26 19:18
♪mustakissaさん
繰り返すフィンランド語、面白いですよね。可愛いし!
先日は番組でお会いできましたね~って私は mustakissaさんに会えていないけど...番組後にposioさんから久し振りにメールがあったのです。嬉しかったですよ~。懐かしいですよね。
酵母作り、 mustakissaさん始めたら楽しく作ってしまいそう!
オススメですよ~ ちゃんと嚙みしめるほど味を感じれるのは自分が作ったからもあるんでしょうけど、やっぱり酵母も良い味を出しているのでしょうね!
Commented by Kippis_Y at 2014-03-27 05:23
♪bettykoさん
お久し振りです! 「塩」の入っているバターを共感できる、嬉しいですね~。しっかーし、粒入りで入ってるって、きっと塩も美味しいのかな。私もね、有塩は美味しいと思うんですよ!あの塩がバターの味を引き立ててるような気がして。とかパンにバターを塗る時に、あの塩がパンを美味しく引き立てるんじゃ?!っとも。ある意味、隠し味のようなね。bettykoさんも、同じような考えかしら?!フィンランド料理、基本の味が塩・胡椒が多いんですよね。塩分取り過ぎと言われている国だけど、でもバターの、あの塩分は私OKだと思うな~っと熱く語っていますが...

動画見て頂いて有難う御座います~!私、カメラの前で何を言ってしまったんだろ~汗汗汗 実は、まだ自分では見ていないんですよ、、、。いつか、いつかねっ。
Commented by Kippis_Y at 2014-03-27 05:27
♪越後屋さん
こちらは基本が塩・胡椒の味が多い気がするんですよね。
義理のお母さんの料理も濃い目で塩もバッチリです。
薄い味のものを作るとA-Jの隣にはいつも塩が置いてあります、、汗
ロシアは保存食文化があると思うんですけど、そんなには塩分きつくないんですね。
バケットね、やっぱり成形が難しいですよねー なので私はグリグリネジって棒状のを焼きました。うん、私も、もっと大らかな作り方が良いな~。
私もライ麦パンを明日焼く予定です。本当は今日のはずだったけど、うっかりゆっくりし過ぎて発酵時間が足りず...ほんと、あのパンはスローペースですよね。
Commented by chocottoo2 at 2014-03-27 19:38
wa~!!
嬉しい・・・。気にして下さったんですね!!
ありがとう!!
中々良い出会いが無いです・・・残念(T_T)

もう・・・このブログの虜ですよ(笑)
Commented by Kippis_Y at 2014-03-28 07:35
♪chocottooさん
虜とは、、、嬉しいですね~
私は、もっとchocottooさんのお家が見たいです♪
Commented by etigoya13 at 2014-03-31 03:44
ロシアの市販品保存食は恐ろしく塩味濃いですが、恐らく家庭で作る物は冷涼な環境がなせる遮光した地下室が有るおかげで比較的薄味に仕上げる事が可能なのかもしれませんね。
そちらは地下保存子作りませんか?
夏でも冷蔵庫ぐらいを保っているので薄味の保存食でも大丈夫なんですって。
日常の料理は作る人によりますが、意外に塩味濃く無いなと言うのが私の村での印象です。
ただ油の量が多いのがね、そんなに多く無くとも十分だと思うって言う事が良く有ります。笑
ライ麦パン、このところゆっくりだと思って作業しているからか、逆に「あれ、もう進んじゃった」と言う事が多く時々焦ります。
今回は2種類の黒パン焼いたんですよ〜私も。
Commented by Kippis_Y at 2014-03-31 06:50
♪越後屋さん
こちらも地下室を貯蔵庫として食料の保存をしている方もいますよ~
じゃが芋だったり、ベリーのジュースやジャムなんか。
でもロシアの方が種類も多く色々と保存してそうな気がしますね。
そちらは自家製は、そういった理由で薄いのですね、むふむふ!
でも油の量が多いって、なんででしょうね~ 面白い!
ウォッカの国、なので色んなおつまみ保存食もありそうですね。
Commented by wannotomarigi at 2014-04-22 13:57
kippisさん、こんにちは!
いつもおひさしぶりの九州島在住のトリと申します。

フィンランドのバターって、500グラムずつ売られているのですね。
おー!と思いました。
なぜって、ふだんから、日本のバター事情に小さな疑問をいだいていたからです!
日本では雪印でもカルピスバターでも、225グラムとか、450グラムとかで売られていて、つまり1ポンドの半分とか、その半分とかっていうわけですよね?
なんで、ポンドを基本にするんだろう?!と思っていたわけです。
きっと世界中でそうなんだなあ、って思っていたけど……だけどフィンランドでは、そうではないのだ、とわかり、おー!と思った次第!

それから、遅ればせながら、次女ちゃまのお誕生、おめでとうございます!少し前にブログで知って、びーーーーっくりしました☆
ますます、いそがしく、だけどにぎやかで楽しいホームになりますね♪
kippisさんがいつもあれこれと活動的なので、元気はどこから湧いてくるのかなー、と思います。

Commented by Kippis_Y at 2014-04-23 00:01
♪トリさん
お久し振りです!
日本のバターに疑問を持たれていたとは!ポンドが基本なのですね。
日本に居た時は考えてもみませんでしたよ~
こちらではボンッと大きな塊でどの家庭にも冷蔵庫にあると思いますよ。
うちはパンにマーガリンではなくバターなので常備です。

お祝いのお言葉有難う御座います。賑やかですよ~
私は、じーっとしてられないのですよ、まるでニワトリです!


<< ナナカマドの木の十字架 小さな村ラーヌヤルビへようこそ! >>