自家製ルーネベリケーキ
d0090294_2294868.jpg
フィンランド国歌を書かれたフィンランドの詩人(J.L. Runeberg, 1804-1877)ルーネベリさんの誕生日が2月5日です。その日にちなんでフィンランドではルーネベリケーキが食べられています。このケーキ、1月中に3回焼きました。上のジャムは家の周辺で取れたラズベリーで作ったジャム。真っ赤な色に白いアイシングがピッタリ。
d0090294_230927.jpg
もともと、このケーキは彼の故郷のベーカリーで生まれましたが、彼の奥様がレシピを学び、クリスマス時期に食べられるジンジャークッキーの余りを使うなどして工夫をし彼のために焼いたそうです。このためにクリスマス時に焼いたジンジャークッキーを取っておいてサラサラに砕いて混ぜました。もっとスパイスの効いたのが好きなのでシナモンパウダーとクローブパウダーを更にプラス。ジンジャークッキーが無い場合はパン粉でも大丈夫なのですが私は絶対ジンジャークッキー派。ところでフィンランドのパン粉は日本のとは少し違います(写真右下)。もっと丸い形をしているのです。
d0090294_2303461.jpg
バターたっぷりで、どっしりとしたバターケーキの様な感じです。なので食べ応えあるある。市販のも売られていますがメーカーによっては味が全然違うのです。中には乾燥気味なタイプもあるのですが私は、しっとり派が好きなので生クリームと林檎ジャムを加えて焼き立ての熱いうちにラム酒(子供用には粉砂糖+水)をたっぷり塗ります。そうすると、しっとりさも増して食べやすいのです。
d0090294_2305316.jpg
この筒状の形や真っ赤なラズベリージャムの色、丸く白いアイシングで円を描くのも、ユニークで個性的で好きです。
[PR]
by Kippis_Y | 2014-02-04 02:51 | 食べ物色々/food


<< サルミアッキ味のマカロン  大切な存在 >>