大好きなビーツ 美味しい食べ方
d0090294_1843697.jpg
フィンランド語ではビーツをpunajuuriと言います。初めてビーツを食べたのは18歳の時、オーストラリアで。パンの間に挟まっていてピクルス状になった分厚いビーツの触感が苦手でした。A-Jと結婚してから日本で生活していた時に輸入食材屋さんで買った缶詰のビーツもダメでしたね...でも今では大好きです。

服に付いたら即効で染み抜きしないとですが...ビーツは体に良く甘みもあります。我家ではビーツと紫玉ねぎや紫のキャベツをメインにしてスープを作ったりします。ロシア風に上にスメタナをのせて食べると美味しいです。写真のはブラックペッパー入りのチーズ。アクセントになって◎

この他にも私が大好きなビーツの食べ方があるんです。ビーツと他の根野菜を切って塩をして、じっくりオーブンで焼いたり、ビーツのみをスライスして耐熱皿に入れて塩・こしょうをして生クリームを入れアクセントにブルーチーズを散らしてオーブンで焼きます。ブルーチーズとの相性バッチリ!

生で食べる方法ではスムージー。ビーツ・人参・セロリ・レモン・林檎・きゅうり・生姜・水。真っ赤な色になって甘みもあって最高です。生姜がまたアクセントになってね。あんじんは、このスムージーが大好きで飲み干すと口のまわりに赤い色が付いて吸血鬼のようです。それを鏡で確認するのが、また楽しいらしいです。

それから生のビーツの皮を剥いてチーズスライサーでスライス。レモン汁を沢山、ハチミツ、ブラックペッパーを少々かけて食べると最高です。野菜の甘みは美味しいですね。
[PR]
by Kippis_Y | 2014-01-29 19:10 | 食べ物色々/food


<< 大切な存在 自分の好きな布で子供服縫い >>