フィンランドの薄いオーブンパンケーキ
d0090294_21313222.jpg
クリスマスに焼いたハム、とっても大きいので余ったハムは冷凍にしておきました。そして先日、ハムを使ってA-Jがhernekeitto:お豆のスープを作りました。お豆のスープはフィンランドでは毎週木曜日の定番メニューだったり、2月の謝肉祭の時に食べるという習慣があったり、こうしてクリスマス後にも余ったハムを使って作る家庭もあります。ヘルネケイットにマスタードは必需品で、マスタードを入れる事によってトロミがつくのです。フィンランドのマスタードは辛味が少なく甘めです。なので我家の子供も大好きなスープ。以前に書いた時のレシピはコチラ。我家では人参やカブなどの根野菜も一緒に入れます。今回は少しだけ乾燥させたトナカイの肉を入れてみたそう。

スープと一緒に付き物なのがpannukakku:パンケーキ。pannariなんて言われたりもしています。このパンケーキの生地はフライパンで焼いて大きな丸い形にしたり、小さな丸が何個もあるフライパンで焼いたり、そして今回の様にオーブントレーに流し込んで作る焼き方など様々。薄いのが特徴です。スープを食べている間にオーブンで30分焼いたので食後に熱々をすぐ食べられます。フィンランド料理はオーブンを使う料理も多く、他の作業をしながら気楽に作れるのが良いとこですね。気楽過ぎてクリスマス時期に1回、ジンジャークッキーを真っ黒焦げにしましたけど...
[PR]
by Kippis_Y | 2014-01-09 21:51 | 食べ物色々/food


<< お茶の時間のお供 命名式! >>