命名式!
d0090294_571167.jpg

ラーヌヤルビの村では昔からの風習があるそうです。村の住民に赤ちゃんが生まれると村の小さなお店に赤ちゃん宛にお祝い金箱のようなものが用意されます。我家の赤ちゃんも、村の人達から名前入りのカードとお祝いを頂きました。中にはお会いした事のない方達の名前もあって、赤ちゃんの誕生を祝福してくれました。人数も多いので1人1人、命名式には呼べないのでお礼に赤ちゃんの写真・誕生日・名前入りのカードを作って明日、お店に置いてもらいます。皆、手元に届くと良いな。
d0090294_4573329.jpg
1月4日に赤ちゃんの命名式を開きました。フィンランドでは2ヶ月以内に役所に名前を登録します。今回は出産直前にファーストネームが天から降ってきてミドルネームは出産後に下りてきました。でも、伸ばしに伸ばして約2ヶ月。知っているのは私達夫婦のみでした。ようやく4日で皆さんに公表となったわけです。でもね、前日にパズルを作る事になって制作協力をしてくれるホームステイ中のM夫妻には一足先にお伝え。フォーマルではない私達夫婦、A-Jの提案で命名式に来る人達にパズルを渡し、皆でパズルを組み立てると名前が出てくると言う楽しい企画を考えてくれました。前日に組み立てた時は難しかったのに当日はアレヨアレヨと言う間に完成しましたよ。大人も子供も一緒になって参加出来て良い企画でした。ことりの時は風船にアルファベットを書いて並び替えをしてもらって、あんじんの時はアルファベット当てのゲーム。知っている私達はワクワクしましたよ~
d0090294_4575462.jpg
1階で名前公表になった後は2階でコーヒータイム。義理母や友達、近所の方達、40人以上集まったので一時はどうなる?と思ったけど皆、慣れていますね~、手際よく手伝ってもらって楽しく過ごせました。何より、小さな赤ちゃんの誕生を心から祝福してくれているのが伝わってきて温かい時間でした。誕生日とは、また違った大事な式。これから子供達の大事なお祝いも増えてくるでしょう、こういう式にも私達、慣れておかないとです。

命名式用に焼いた人参ケーキ、ブラウニー、メレンゲのお菓子+日本のお菓子やMさん夫妻のKさんのお母さんが作ってきてくれた激うまのオカキ、そして義理母のプッラやキッシュなどを用意しました。小麦アレルギーの子がいるのでオカキやメレンゲのお菓子は丁度良いですね。あまり見た事のないせいか?メレンゲのお菓子はササッとなくなりました。オカキはフィンランド人にも大人気でした。

あっ、肝心な赤ちゃんの名前です。ことり、あんじん(これは夫々ミドルネーム)のファーストネームは短いので3番目の赤ちゃんは長い名前を希望でした。ファーストネームの名付けはA-Jが、ミドルネームは私が。ブログでは、ことり&あんじん同様、ミドルネームで呼ぼうと思います。そんな彼女のミドルネームは、ひらがなで「こゆき」。丁度、赤ちゃんが生まれる頃に小雪が降っていました。
皆さん、よろしくね!
[PR]
by Kippis_Y | 2014-01-07 05:44 | 村の生活/village life


<< フィンランドの薄いオーブンパンケーキ フィンランドのお正月料理 >>