キャンドルを灯しながらクリスマスカード作り
d0090294_2281974.jpg



ずーっと前、義理のお母さんから受け継いだキャンドルホルダー。彼女は彼女の母親から受け継いだそう。このキャンドルホルダーに、もうそろそろ役目が終わりそうな小さくなったキャンドルに火を灯して国外に住む友達・知人へクリスマスカード作り。日本行きのクリスマスカード(エコノミー便)は12月2日が発送締め切りなのでね。
d0090294_228354.jpg
何だか去年と同じような出来上がりのクリスマスカードになってしまったけど紙の質感が好きで、ちょっと古めかしいと言うかナチュラルな感じに仕上がりました。(と言うか仕上げたかったのです。)
d0090294_2285522.jpg
切手の雰囲気も可愛くって、過去数年の内でも今年のが一番の好み。フィンランド国内では国内用に早期発送すると65セントで送れます。次は75セント、85セントと時期別になっています。写真の切手は65セントと75セント。結構、安く送れるのですが来年1月より郵送料が20%増しになるのです。郵送料は非税なんですけど毎年、郵送料が値上がりしているフィンランドです。
d0090294_2291417.jpg
キャンドルの話に戻りますが冬が長くて暗いフィンランド。室内でも野外でもキャンドルを頻繁に活用します。そして、こんな道具も...何だか分かりますか?
d0090294_2293230.jpg
こんな感じになっています。キャンドルを消す時に先の帽子の様な部分を火元に被せて火を消します。フーッと火を消すと溶けた蝋が飛び散ったりするので、この道具は便利です。壁に掛けられるようになっているので紛失防止にもなりますね。蚤の市やお店でも似た様なタイプがあるけど、私が購入したのはスタイリッシュでアンティークな感じがしてお気に入りです。今年の冬も活躍してもらいましょう。
[PR]
by Kippis_Y | 2013-11-29 22:38 | 村の生活/village life


<< アドベントキャンドル 1本目 恒例のジンジャークッキー焼き >>