フィンランドの素朴な食べ物
d0090294_14323870.jpg
フィンランド料理はどんなのだろ~っと思う方も多いのでは?サーモンやトナカイ料理、ライ麦のパンとかはイメージが強いのかな?主食はじゃが芋。お米も食べるけど日本米と比べるとパサパサしているのでメインに付くソースと一緒に食べたりします。まぁ、日本米に一番近いかな?!と言うお米はミルク粥にして食べます。じゃが芋の時もご飯の時もパンを一緒に食べたりもするんです。

面白い組み合わせの食べ物があるんですよ。フィンランドのカレリア地方発祥のカレリアパイ。ベースがライ麦&小麦で出来ていて、上にミルク粥をのせてヒラヒラっと包んでオーブンで焼いて食べます。バターを塗ってチーズ・ハム・トマトやきゅうりのスライスをのせたり、ハムの代わりにスモークしたサーモンをのせても美味しい。ゆで卵を溶かしバターと混ぜたものをのせるのも一般的。ミルク粥のものもあれば、じゃが芋バージョンや人参&ミルク粥だったり、ベリーがのっているのもあるんです。写真のはじゃが芋。食べた事が無い人は想像が付きにくいかな...でもホワッとして素朴で日本人の口に、とっても合うんですよ~。
d0090294_14321365.jpg
このカレリアパイを先日4泊5日でホームステイに来た女性と一緒に作りました。かれこれ前のある日、彼女が私のツイッターをフォローしてくれて彼女のプロフィールを拝見したら、とって~もお洒落~で興味のある生活振り!若くて綺麗な農家さん。でも、仕事が農業だけではなく彼女は自分で何種類もの酵母をおこしてハードパンやマフィンなどを作っているのです。お店やマーケットに出店したりネット購入も出来るそう。自宅でスペルト小麦を栽培してパン用に...近い将来には彼女スタイルのお洒落~なお店が出来るそう。自分の手で作った植物を自分の手で作り出すと言うのは凄く魅力的。粉にも慣れている彼女は、カレリアパイを上手に作っていました。美しい~~!彼女のお店ネテ雑穀も要チェック!
d0090294_14325499.jpg
もう1つのパン、リエスカも焼きました。ブログでは度々登場している、じゃが芋のパン。リエスカはフィンランドのラップランド地方発祥です。リエスカに使ったじゃが芋もラップランド発祥のじゃが芋を使ってみました。ほくほく栗のようなじゃが芋。カレリアパイもリエスカもイーストが要らないので作るのが早くて、しかも美味しいんです。この他にもフィンランドのシナモンロールを作ったり、ベリーのお菓子やスープ、ジャムを作ったり。食べるものばっかり~笑。ある日はロバニエミまで行って蚤の市訪問。色んな話をして、ひょんな流れからハプニングもあって楽しい日々でした。1人1人の人生は誰にも真似できない人生で、どれも刺激になって周囲に影響を与えてくれますね。有難う!
[PR]
by Kippis_Y | 2013-09-03 15:26 | 村の生活/village life


<< ホームステイ中に靴下編み 最高のリース >>