3歳のお誕生日
d0090294_3572496.jpg16日は息子・あんじんの3歳の誕生日でした。34週で2080gだった小さな赤ちゃんが今では色々な事が出来る男の子になっています。ライオンの叫ぶ真似をしたり元気よく走り回ったりする半面、散歩に行っては、外で遊んでは根っこ付きの草花を取ってきてくれる優しい子。野草は枯れるのが早いので最近は本の間に挟んで押し花・草にしています。忘れた頃にヒラヒラっと本の間から出てきて夏の日の事を思い出すでしょう。いつも貰っているばかりなので彼の誕生日にバラを買ってみました。数年前から記念日にバラを買って花びらが散ってしまう前にドライにして年々も保管できるようにしています。後々の、あの余韻が好きなんですよね。

不思議な事に子供が生れて退院した時の空気や香りや景色は毎年、戻ってきます。今日も1人、森を散歩しながら3年前の事を思っていました。彼の誕生日近くになると夏から秋の変わり目の時期なのです。夏の余韻を寂しく感じながらも秋の始めの雲や少し肌寒いけど気持ちの良い空気。私の好きな時期です。
d0090294_3573673.jpg
誕生日の主役には枕元まで朝食を持って行きます。キャンドルも一緒に。今朝は特別にメニューを変えて、朝から甘~いチョコレートプリン付きでね。もちろん真っ先にプリン。でも、ロール状になったパンは不評で...小さな小さな林檎をお気に召していました。フィンランド産の酸っぱい林檎です。
d0090294_358398.jpg
子供達が幼稚園に行っている間に彼のリクエストのハンバーガー作りのためにパンを焼きました。
d0090294_3581637.jpg
野菜やチーズを切って並べて、オニオンリングは蒸し焼きにして醤油で味付け。ハンバーグも下味をしておいて特別に?カリカリのベーコンも。自分の好きな具を入れてソースをかけて上から串を刺して完了。串の先には子供達と一緒に旗を作りました。ハンバーガーはフィンランドでは一般的に何処でも食べられて大きさも半端ではなく、ヘルシーな食べ物とは言いがたいけど、たまにはこうして家で作って食べるのも美味しい。
d0090294_3583970.jpg
ケーキは、あんじんからのリクエストのチョコレートケーキ。上には動物がのっているのが良いそう。素直にスポンジケーキを焼いてクリームを挟めば良いんだろうけど毎年、濃厚で実験的なチャレンジングなケーキを作りたくなります。今年もね、笑。
d0090294_3594650.jpg
スポンジ部分はカカオベースの味でバターミルクも入っているのでウェット感があります。白いのはクリームチーズ・生クリーム・オレンジの皮。間と周りにはガナッシュチョコレート。ねっ、甘そうでしょ?!とっても濃厚でチョコレート好きな人には受けが良さそう。生チョコ感覚なので薄いスライスを少し食べるのに丁度良いケーキです。
d0090294_40866.jpg
食後はプレゼントを開けて、その後は1階で映画鑑賞。
明日は義理のお母さん宅を訪問して日曜日は、あんじん希望の「魚釣り」に行って来ます。今年はお友達を呼んでのパーティーではないけど家族で、ゆっくりとお祝いです。
[PR]
by Kippis_Y | 2013-08-17 04:38 | 村の生活/village life


<< 最高のリース 森の家作り準備 謎の井戸 >>