フィンランドの夏のケーキ 苺ケーキ&ルバーブケーキ
d0090294_22151628.jpg
義理のお母さんは1年少し前に長年住んできたヘルシンキでの生活をロバニエミに移しました。丁度、ロバニエミに彼女が専門とする職が見つかったので。それ以来、お互い行き来が便利になりました。街中住まいなので私達、家族が宿泊したり一緒に小旅行に出かけたり。先週、義理のお母さんの所で頂いた彼女、特製の苺ケーキ。旬の苺が沢山デコレーションしてあって美味しいのでアッと言う間にペロリ。夏が旬のフィンランド産の苺。夏らしいケーキ。
d0090294_22153555.jpg
夏至祭の頃は我家の裏のルバーブや近い将来、家が建つ?森の敷地内にもルバーブがワッサワッサと育っていました。全部、収穫したら合計で8kgくらいだったかな。これだけあると1cmごとに小さく切るのが時間かかるけど子供達もナイフを使って手伝ってくれました。苺&ルバーブのジャムにしたりキーッセリにしたり冷凍保存がきくので大半はまだ冷凍庫で眠っています。
d0090294_22161450.jpg
今、ホームステイ中の留学生と一緒に夏の定番のルバーブケーキを焼きました。このケーキ、普通の分量で焼くともの凄い量になるので三分の一の量で。今回は甘みを出すためにもキャラメル状にした林檎も混ぜて。このケーキは甘み&しっとりさを出すために林檎ジュース&水を加えるけど今回はパイナップルジュースを代用。神経質にならなくて良いザックリと作れるケーキ。フィンランドのケーキのレシピは国民性?が出るのか、日本のレシピと比べると適当気楽に作れるものが多い気がします。「お菓子は分量をきっちりと」と言う文句もあると思うけど、全てではなく臨機応変に作れるケーキも沢山あるんですよ。ケーキのレシピはコチラより!
[PR]
by Kippis_Y | 2013-07-08 22:36 | 食べ物色々/food


<< フィンランドの美味しいパン リエスカ 夢への一歩 >>