水上で食事
d0090294_41959100.jpg
白樺カゴのワークショップステイ3日目は村から車で10分程離れた大きな湖でイカダ乗り体験。屋根付なのでイカダと言うよりも屋形船の様な感じです。5月下旬~6月上旬は信じられない程の良い天気日よりで夏日だったのに、その後は、どんより日和。一体、夏はどこへ?な感じですけど風がないので水上の散歩を楽しみました。
d0090294_4201456.jpg
湖の真ん中へ行くとランチの時間です。スモークしたトナカイとサーモンがアクセントのサラダ。
d0090294_4202912.jpg
メインは炭火焼きしたサーモンに大きな焼きポテト。イカダには炭を熾せるイカダキッチンがあるので、そこでじっくりと焼かれたサーモンです。フィンランドの主食は、じゃが芋!色んな種類のじゃが芋があるのですが、このじゃが芋は中が黄色がかっていてホクホクというよりネットリした感じでした。湖は波がないのでお喋りに夢中になっていると水上にいる事を忘れてしまいます。遠くにはカモメが飛んでたりしたのですよ。
d0090294_4204918.jpg
デザートはフィンランド風の薄いパンケーキ。これも炭火焼きです。茶色い部分がカリカリッとしていて美味しいんです。ジャムとグラニュー糖をかけて。ナイフとフォークではなくって手づかみで食べるワイルド食いです、笑。約2時間のクルーズ、食べて話してアッと言う間でした。この日の夜はシェフのお家の湖沿いのサウナに女性5人で入ってリラックスしました。水道も通っていないので湖の水を汲んで薪で沸かしてストーブも薪で温める昔ながらのサウナです。サウナから出て湖に入ってを繰り返すシンプルさもフィンランドならでは。自然と一体になった1日でした。
[PR]
by Kippis_Y | 2013-06-29 04:41 | 村の生活/village life


<< 夏至祭の楽しみ方 白樺のカゴ作りワークショップ レポ >>