日本滞在紀 3
d0090294_23444926.jpg
日本滞在の前に、むしょうにラーメンと餃子が食べたくなって、東京のご夫妻と一緒に池袋の美味しいラーメン屋さんへ連れて行って頂きました。今までの思いが爆発したように沢山食べて胃も爆発しそうでした、笑。右のラーメンは兄夫婦と姉と一緒に長瀞で。子供用ラーメンも美味しくって、デザート付で帰り際には駄菓子も頂いちゃってね。私の食べたラーメンも餃子も美味しかった~。私の住んでいる村にはレストランもカフェもない上、最寄の町、ロバニエミでもラーメン屋さんなんてないのでね。インスタントラーメンはお店でも購入できるけど、でも生麺ではないのでね。日本で美味しいラーメンが食べられて大満足!物価の高いフィンランドから来たので日本の物価、特に食べ物が安いのは嬉しいですね~。ちなみに服や雑貨類は24%、食べ物は13%、宿泊日は10%。

日本滞在中食べたお寿司も美味しかったけど、それよりも姉の作ったポテトサラダや煮干出汁のお味噌汁、納豆、春菊、父の作った蕗味噌や頂いた野沢菜なんかが絶品でした。穀米・お味噌汁・副菜だけでも大満足!
d0090294_23451077.jpg

日本のレストランやカフェなんかは、とっても親切でメニューが写真付きだったり一目で分かるディスプレイに久々に改めて感激しました。中にはパスタが、ちゃんとフォークに絡まってフォークが宙に浮いているディスプレーがあったりね、笑。フィンランドではメニューには殆ど写真やディスプレイはなく、言葉のみで表現されているので、始めはなかなかイメージが付きませんでした。今は慣れてきましたけどね。でも、たまに思っていたのと違う...なんて場合も。もちろん逆に思っていた以上!なんて事もありますけどね。
d0090294_234529100.jpg
食べ物の話から外れますが、高層ビルやマンションなんか普段見る機会がない子供達は圧倒されていました。電車から見える家やマンションの外に洗濯物や布団が干してあるのも刺激的だったそうです。フィンランドは冬の期間が長くて部屋干しですので。夏の暖かい日は、ちゃんと外で衣服もブランケットもカーペットも干しますけどね。それから、山が少なく丘ばかりのフィンランド。日本の山の木々がブロッコリーのように青々モクモク育っているので「ブロッコリーの木」と興奮気味なのも面白かったな。

短期間の日本滞在。充実していて楽しかったな~。そんなつもりはなかったけど、父に見送られる時、色々な思いが急に出てきて号泣をしてしまった私。涙を流しながら震える小さな声で「また来るね」としか言えなかったけど。父も涙をこらえていたようで。こうやって感情を見せられるようになったのも母の他界がきっかけで家族の絆が強くなったからかな。家族とは本当に愛おしいものですね。フィンランドに帰ってから少々凹み気味でしたけど、最近またグイッと上昇してきています。また1年半-2年後に日本へ行けますように!これで日本滞在紀は終わりです。
[PR]
by Kippis_Y | 2013-05-15 23:49 | 国外旅行/travel abroad


<< 心のこもったライ麦パン 日本滞在紀 2 >>